2018年11月17日 (土)

第5代仙台市長はもと幕府の旗本、和達孚嘉 (宮城県/静岡県)

 けやきのブログもいつしか記事数が500を越えた。中には追記したい項目や人物もあるが時間が経ちすぎ、追加書き込みできないのもある。その一方、数が多い分、前に登場した人物・事柄を紹介できる。  毎週更新は忙しいが、さまざまな人物に出会え、教えられ、楽しい。  たとえば、今回の和達孚嘉(わだち たかよし)、家は旗本、江戸生まれだが静岡県出身としている。徳川家に従い移住した武士たちは江戸で生まれても静岡...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年11月10日 (土)

会津藩教育の沿革を著した、小川渉(福島県)

  いま楽しみにしているのは若い友だちと映画「赤毛のアン」を観に行く約束。幾つになっても「赤毛のアン」というだけで気分は女の子。夢見るアンも好きだけど、失敗しては悔やむアンも愛おしい。自分も反省してもまた失敗しちゃうから。そう、やってしまった。  歴史の記述で数字を間違い焦っている。このほど出版した増補版『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』を会津の方に贈ったところ、  ――― 斗南への...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年11月 3日 (土)

自由民権あまりに性急すぎて、赤井景韶 (新潟県)

 大河ドラマを見ていず、テレビの西郷隆盛の活躍振りは分からないが西郷が嫌いな訳ではない。生意気と怒られそうだが、西南戦争の終わり「西郷の死を知った政府軍の将校たちが、喜ぶよりも悄然として言葉がなかった」 「西郷星」など西郷の人間性が感じられるエピソードもありどちらかといえば好もしい。  “西郷星” http://keyakinokaze.cocolog-nifty.com/rekishibooks...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月27日 (土)

東京隅田川にかかる白鬚橋 & 関東大震災

 子どものころ隅田川の近くに住んでいた。今のスカイツリーあたり向島百花園の隣の公園でブランコに乗って遊んだ。高く漕ぐと百花園の中が見えたが、趣向をこらした庭も小学生には何の事もない。また、子どもの足ではちょっと遠いが白鬚神社(しらひげじんじゃ)のお祭りにも行った。楽しいはずのお祭りだが思い出すのは妹が迷子になって慌てたことばかり。 頼りないお姉ちゃんだったかもなどと昔を思い出したのは、 <川本三郎...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月20日 (土)

明治の教育者、竹崎茶堂・竹崎順子(熊本県)

       <熊本城、修復工事を公開>  ――― 外観工事が進んだ大天守は上層階の足場が撤去されて真新しい瓦をふいた屋根がお目見え・・・・・・ 市民の心のよりどころは着実に元の姿を取り戻しつつある(2018.10.17毎日)。  工事中の写真を見、なんとも立派な熊本城の石垣を見あげた十余を思い出した。あの石垣が崩れたなんて未だに信じられない思いだ。熊本城、石垣はもちろんだが、城内の佇まいにも感動...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月13日 (土)

咸臨丸・沼津兵学校・水路局など有為の人材、伴鉄太郎

 少し前の、明治期に「アラビアンナイト」を翻訳した沼津兵学校生徒だった人物のことを書いたが、今回はそのときの教官の一人、伴鉄太郎についてみてみる。     “アラビアンナイト、海軍兵学校教官、永峰秀樹(山梨県)”     http://keyakinokaze.cocolog-nifty.com/rekishibooks/2018/09/post-2939.html  拙著『明治の一郎 山東直砥』...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年10月 6日 (土)

火山研究・地理学研究、田中館秀三(岩手県)

 猛暑、北海道胆振地震、台風24号が列島縦断、災害続きの日本に明るいニュース <新たながん治療に貢献、本庶佑氏 ノーベル賞> 「がん免役療法」を実現、ノーベル医学生理学賞の本庶佑教授が連日報道され、私たちは拍手を惜しまない。功績の内容・説明をきいても筆者の脳みそでは理解しきれない。でも、長く地道な研究が賞されたのは分かる。  難しい学問のほかにも世の中は解らないことだらけ。無知なおばさんには科学が...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年9月29日 (土)

白虎隊出身の裁判官、西川鉄次郎 (福島県・東京)

 JR秋葉原駅のホームで電車を待っていると、横にいる女性がスマホの写真を見ながら、聞きなれない言葉で話し続けていた。どうやら、アジアのどこかにいる家族と会話しているようで楽しそう。便利になって世界は狭くなった。20年くらい前、シンガポールの地下鉄に乗ったとき、向かいの席に様々な人種が居並びおもしろいと思った。このような光景、今や日本でもそう珍しくない。また、人種に限らず日本人の気質やみ、生き方は多...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年9月22日 (土)

ポーツマス条約を結んだ外交官、小村寿太郎 (宮崎県)

 先日、卓球教室が終わり着替えようとしたら、「スパーリングコーチが来る日だけど残らないの?」 「これから国会図書館に行くから帰る」といったら、「あそこはコピー代高いね」という。まさか卓球場で国会図書館の話が通じるとは、うれしくなって話し込んだ。  聞けば、彼女の職業は司書で仕事柄もあってよく利用するという。本に囲まれる仕事でいいわねと言ったら、職場の図書館には専門書しかないという。でも、本に関わる...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2018年9月15日 (土)

日本人で初めてフィギュアスケートをした佐藤幸三 (宮城)

 テニス、全米オープン選手権を制覇した大坂なおみ選手、キュートな笑顔で凱旋帰国して世間の空気を明るくしている。現在、スポーツ界にパワハラ問題が持ち上がっているおりしも、大坂選手のコーチの指導法にも注目が集まっている。  テレビ桟敷でいろいろなスポーツ競技が楽しめる。勝敗もさることながら試合に集中する選手の姿に感動、ときには励まされる。スポーツっていい。なかでもうっとり見入ってしまうのがフィギュアス...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«アラビアンナイト、海軍兵学校教官、永峰秀樹 (山梨県)