空襲、地震・大津波(静岡県・愛知県・三重県)

 けやきのブログ初回は11年前、2009.7.22 “「明治の兄弟」ってどんな本?” でした。その主人公・柴五郎が明治の陸軍軍人だったせいか今では馴染みがない「師団」を記事にすることがある。
  “広島県産業奨励館(原爆ドーム)第五師団 2015.8.8”
  “第六師団の街だった熊本(熊本県)2017.10.28”
  “福岡県の幕末・明治、炭鉱 陸軍第二師団 2020.02.01”

 先日、新聞の投稿「浜松大空襲」を読むうち、師団があった「軍都」は大空襲にさらされる!改めてそう思った。
 空襲というと、親から聞いた東京大空襲を思うが、実は日本の至る所が空襲に遭い焼け出されていた。それに加え大地震、大津波に襲われた所もある。静岡・愛知・三重の東海三県ではその被害が大きかった。
 それから75年過ぎ、この平和が続くことを祈りつつ、浜松をふくむ「東海三県の空襲」と震災をみてみる。


  <1944 昭和19年

   4月3日、鶴舞(つるま)公園で、県主催の盛大な学徒動員壮行式
      軍需産業の本場である愛知県の学徒動員の特徴は、知事と東海軍需監理部長の指導で、全国の先頭をきって、しかも、政府を上回る基準で行われた(『愛知県の歴史』)。

   11月1、B29来襲、以後空襲続く。

   12月7日、東南海地震。マグニチュード8.3、その規模は関東大震災を超える。
      熊野灘沿岸津波に襲われる。紀伊半島志摩半島沿岸では高波6m。

  --- 午後1時35分に熊野灘を震源域とする地震が発生・・・・・ 戦時下のパニックとなり、有感半径600kmにもおよび、とくに県西部の袋井・掛川・菊川・磐田方面に甚大な被害が発生し、御前崎付近では海岸が15センチ隆起した。
 ・・・・・ 袋井西国民小学校では児童の死者20人、重軽傷者30人、袋井保育所の園児22人の圧死、保母一人が殉職した。それだけではない。学童疎開中であった東京都世田谷区麹谷国民学校児童も袋井町で2人、山梨町で11人が生命を奪われてしまった。
 ・・・・・ これだけの激甚災害であったために、半世紀を過ぎた今日でも
戦争による機銃掃射への恐怖など以上に大きな記憶として、被害の大きな事件として認識されてきた。しかし、報道管制のために他地域の人々に記憶はほとんど残されていない(『静岡県の歴史』)。

  --- 学徒動員中に、東南海地震で13人の犠牲者をだした京都三中の教員や生徒も、学校や家族に被害を知らせることを禁じられた(『愛知県の歴史』)。

    静岡県:死者255人、負傷者704人、家屋全半壊1万3646戸
          愛知県:死者・行方不明438人、負傷者1148人、全半壊2万5819戸
    三重県:死者406人、負傷者607人、全壊3776戸、半壊4532戸

   12月13日、B29による名古屋への空襲本格化。
  --- 航空機の大軍需工業地帯である愛知県に対する空襲は、名古屋を中心にして、熾烈をきわめた。昭和19年11月から敗戦までに、空襲は100回を超え、その爆弾投下量は府県別では最多であった。爆撃は三段階で行われた。
 最初は19年12月~翌年2月にかけての、名古屋の三菱などの軍需工場に対する目標爆撃であり、第二段階は3月~5月にかけての名古屋の市街地に対する無差別の夜間空襲で、市街は焦土と化した。
 ・・・・・ 制空権をまったく失った状況で、人びとは無防備で米軍の攻撃にさらされた。

   <1945 昭和20年

   1月13日、三河大地震。マグニチュード7.1
       愛知県碧海・幡豆郡を中心に死者2306人、負傷者3966人、全壊7221戸、半壊1万6555戸の被害を受ける。

  --- 第二次大戦末期、愛知県は東南海地震・三河地震と二つの大地震を経験。人心の不安を恐れた軍・官は新聞には「中部地方に軽微なる地震」程度の報道しか許さず、憲兵まで動員して被害甚大の伝わることを「極秘」として押さえたため、県民は救援物資もなく、上からの空襲と地下からの地震という二つの災害に苦しめられることになった(『愛知県の歴史』)

   3月~6月、名古屋に空襲つづく。
   5月、14日、名古屋城ついで17日、熱田神宮焼失。
   6月18日、浜松大空襲
   6月20日、静岡大空襲
         豊橋市大空襲
   7月 7日、清水大空襲
   7月13日/28日、一宮空襲
   7月17日、沼津大空襲
   7月20日、岡崎市空襲

   7月29日夜半~30日未明、
      浜松市新居町に、アメリカ第三艦隊第三八機動部隊に所属する巡洋艦クインシーなど8隻により、合計2160発の砲弾がぶちこまれた。
  --- (第21爆撃集団総指揮官カーチス・ルメー少) 浜松は本州南岸に位置し、川と湾との間にあるので発見しやすかった。くり返しの空襲でB29の搭乗員にとって、浜松は住みなれた町」になっていた。出撃したものの、いろいろな都合で第一目標を攻撃できない場合には、装備していった爆弾は浜松に投下して帰るよう、隊員は教えられていた(『静岡県の歴史』)

   7月31日、清水市(静岡市)、湾内に侵入した潜水艦から襲撃される。
   8月6日、広島に原爆投下(年末までの死者推定14万±1万人)。
   8月9日、長崎に原爆投下(年末までの死者7万±1万人)。
   8月7日、豊川海軍工廠が被爆、勤労学徒452名を含む2423人が犠牲となる。
        春日井市空襲

    三重県の空襲被害
  宇治山田(伊勢市): 爆撃機94、死者101、負傷者240、全半焼4928戸、全半壊22
  桑名市: 爆撃機219、死者416、負傷者362、全半焼6581、全半壊254
  津市: 爆撃機222、死者1885、負傷者839、全半焼9022、全半壊3650
  四日市市: 爆撃機185、死者855、負傷者1736、全半焼10650、全半壊204

   8月15日、天皇「終戦」の詔勅放送。
        県内各地が廃墟と化すなかで、遅すぎた敗戦の日が訪れた(『愛知県の歴史』)。

   9月22日、連合軍、三重県下に進駐。
   9月30日、名古屋市に米軍第25師団2万7000人が進駐。
   11月6日、占領軍1個連隊1400名が静岡市に進駐。


   参考: 『三重県の歴史散歩』2007山川出版社 / 『三重県の歴史』2000山川出版社 / 『静岡県の歴史』1998山川出版社 / 『静岡県の歴史』1987河出書房新社 / 『愛知県の歴史』2001山川出版社 / 『愛知県の歴史』1987河出書房新社

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

G・E・モリソン、柴五郎、東洋文庫

 コロナ禍で自粛中の都県境い往来が自由になった。ニュース画面は観光地の家族連れの笑顔を映し出すが、マスク姿の子らの安全を願わずにはいられない。今は旅行などままならない。そうなると、かつての旅先がよみがえる。 シンガポールの町歩はき楽しかったが、見学したかった博物館『思い出の湘南博物館-占領下シンガポールと徳川侯』(中公新書)は休館で残念だった。 オーストラリアではシドニー湾クルーズ、市内散歩、博物...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

戊辰の戦をこえ明治・大正を剛く生きた桑名藩士、加太邦憲(三重県)

 もう3ヶ月も電車に乗っていない。徒歩かママチャリの日々、友人から「遠くへ行きたいねぇ」メール。「同感だよ」と返信、ため息一つ。彼女は長い間ボランティア活動をしてるから、共に活動する仲間も相手先もみんな寂しがっている。 その彼女と昨秋、姫路・大阪・琵琶湖方面へ出かけた。その折、見事な紅葉さもさることながら、若いころ戦国時代が好きだったので、武将が駆け巡った古戦場でもあると思うと、今さら関西近畿圏に...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

甘美な感傷・華麗な叙情で一世を風靡、高畠華宵(愛媛)

 ステイホームが続く日々、下校中の子どもを見かけた。暑い日盛りを歩く子らの背中で重そうなランドセル、やっと学校がはじまったけど大変そう。大人も辛抱しないとね。 「読み書き好きだから外出できなくても退屈しないでしょ」といわれる。 確かに、ブログのおかげで適度な緊張感を保ててる。贅沢いえば、これに絵や音楽があれば、潤いの時がもてそう。しかし、その方面のセンスはイマイチ、しかも音痴。でも、絵も音楽も好き...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年6月 6日 (土)

反骨の釜石市長、鈴木東民(岩手県)

 コロナ禍でマスク生活も慣れてきたと思ったら、暑くなってもう一苦労。ところで、感染防止対策を主導する県市の首長の指導力が目立つ。なかには国も見習った方がいいのではという方針を示す知事もいたりして、それぞれ力量が問われている。 それにしても日常が変わってしまった。このさき元に戻るのだろうか。全国の感染者数一覧をみてはため息の日々だが、岩手県だけは、なんと感染者0を維持している。 地下の宮沢賢治もほっ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

自費でパリ万博見学・日清戦争従軍日本画家、久保田米僊(京都)

 緊急事態宣言が解除されたが、コロナ禍が消えた訳ではないから不安が残る。それにしても情報がありすぎてウロウロしてしまう。 この先、今までと違う日常、それもゆとりのない日々が待っていそうだ。こんな予感は外れたほうがいいが、ガラ携・アナログおばさんは悲観的になりがちだ。 ところで、スマホ世代は最新機器を活用、不自由を楽しみに代えている。バランスボール教室の友人は仲間とテレワーク、互いの自主練をチェック...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

寅さんの江戸川・葛飾柴又の明治・大正(東京)

 なんという世の中になった。新型コロナウィルス感染にびくびく、道を歩いて人に出会うと避けて通るようになってしまった。先が見えないと、こんなにも不安になるのか、ため息しかない。せめて身体を動かして発散したいが、遠出はしにくい。 そんな折しも、国会で「検察庁法案改正案」審議、政治に疎いおばさんながら不安視していたが<法改正見送り>、また、渦中の人物の心ない行動もあり事の行方はどこに。おろそかにできない...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

琵琶湖疎水・北海道鉄道敷設にかけた、田辺朔郎(江戸)

 2020春、世界中が感染の不安にさらされ皆ステイホームだが、人によっては戸外で働かなければならない。近くに20軒ほど新築工事中の区画があり、職人さんが働いている。家が出来上がっていく様は、建て主さんと無縁でも悪くない。 しかし、公共の大工事など費用も年数もかかり、終わりが見えないと、どれだけ役立つものなのかと白い目でみたりする。そうした大工事、難工事、明治の昔だったらなおさらだろう。 明治政府も...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

『ゆかいな珍名踏切』 今尾恵介

 勝負中/ 馬鹿曲踏切(JR東海)/ 洗濯場踏切/ 勝手踏切(羽越本線)/ パーマ踏切(一旦停止)/ ファッション/ 古代文字 ・・・・・・ でも、自由すぎ!深かった。   これらは、どれもれっきとした踏切の名前である。それにしても著者のいうように自由過ぎ、でも面白そう。 それにしてもホントに踏切の名前? 著者に失礼なこと思いつつ読み出したら、停まらない。 『ゆかいな珍名踏切』(朝日新書)、資料調...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

書籍・ピアノ・『玉淵叢話』三木佐助(京都・大阪)

  巣ごもり生活を余儀なくされている。先が見えれば辛抱しやすく、少しは明るく過ごせるのに。学校もお休みで子どもは大変、親もキツイ。親子とも辛いよね。 ステイホームの仕方は人それぞれ。大学生の男孫はピアノを弾いて気を紛らわせているようだ。何を弾いてるのかなと思いつつ『ピアノの近代史』を見ていたら、前にとりあげた三木佐助がでてきた。その時、ピアノに縁があるのを見逃していた。   2016.2.27“明...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«農村指導・農村救済に生涯をささげた石川理紀之助(秋田県)