« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月23日 (月)

田英夫さん、田健治郎台湾総督

 2009年11月13日 参院議員を34年間務めたハト派の論客田英夫さんが死去した。
 田さんはニュースキャスターの草分けとして活躍、一見はなやかに見える。でも「平和のために議員になった」という言葉に真実が感じられる。それは多くの仲間を失った特攻隊の経験が原点にあるからかもしれない。

 ちょうど一年前「この国はどこへ行こうとしているのか」(2008.11.2毎日新聞夕刊)のインタビューを読んだ。
 “大半の人たちには戦争のイメージがわかない”のですねと憲法のこと、軍隊のことについて日本を心配していた。その心配に全く同感で
「小学生の孫が戦争にとられる日が来たら」と想像してぞっとした。
 特攻隊員で終戦を迎えた田さんはひょうひょうとして穏やかでいながら強い信念で、平和主義、護憲、言論の自由を貫いた。

 田英夫さんの祖父は明治・大正期の官僚・政治家で台湾総督も務めた田健治郎)である。写真は『台湾総督府』(黄昭堂・教育社)から。Photo_26

 原敬内閣の時、それまで台湾総督は軍人だったが文官総督制がしかれ、最初の文人総督として田健治郎が任命された。文官総督が任用されたことで台湾軍司令部官制がしかれ柴五郎陸軍大将が軍司令官として赴任した。
 田健治郎と柴五郎は台湾で総督と軍司令官として協力しつつ任務を果たしたが、日本国内に戻ってからも家族ぐるみの交際をしていた(柴五郎次女・春子談)。

 以下「続きを読む」クリックしてください。 

                    
     

続きを読む "田英夫さん、田健治郎台湾総督"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2009年11月15日 (日)

本ほんご本:『鈴木真砂女集』

Photo_25   縁あって、脚注名句シリーズ『鈴木真砂女集』をいただいた。俳句に疎い自分にとって俳句といえば松尾芭蕉正岡子規、せいぜい高浜虚子の名前を知るぐらい。
 点字ボランティアをしていたとき【『おくのほそ道』をよむ】(堀切実・岩波ブックレット)を点訳し、著者の講演を聴く機会があり点訳本を贈呈したことがる。ちなみに点訳はパソコンなので点字印刷すれば何冊でも製本できる。

   象潟や雨に西施が合歓の花
好きな句の一つだ。松島と対比される象潟の情景はもとより中国の伝説の美女西施(せいし)の面影を浮かべつつ美女と国の運命、歴史に思いを馳せる愉しみがある。
 芭蕉が死にのぞんで詠んだ

   旅に病んで夢は枯野をかけめぐる
死のなまなましい実感が抽象化されていて、自分なりの感慨を重ねやすい。

 芭蕉の時代は江戸時代だから昭和平成ともなれば社会も、女性も変わり作風も異なる。「鈴木真砂女集」を開いてその俳句世界の違いに驚かされた。

 鈴木真砂女(1906~2003) 略年譜
 明治39年安房鴨川、吉田屋旅館に生れる。女学校を卒業後、昭和4年結婚、夫の失踪により実家に戻る。長姉急逝によりその夫と再婚、吉田屋の女将となり俳句もはじめ久保田万太郎に師事。年下の海軍士官と恋。家をでて銀座に小料理屋「卯波」開店、俳句はもちろんテレビに講演にと活躍した。

 句集にはそれぞれの句に脚注がつけられ、季語の大切さと選び方の重要さ、俳句の味わいかたが自然にわかるようになっている。俳句に疎い素人が勝手な感想を記すより、気に入った句を紹介したほうが句集のためによさそう。注は脚注からの引用。

 興味のある方は下の“続きを読む”クリックしてください

 

続きを読む "本ほんご本:『鈴木真砂女集』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月 8日 (日)

旅先でキクラゲ買ったら中国産

Photo_24  東北方面に旅行に行ったとき、地元の産物が売っているショッピングセンターでキクラゲを買った。当然地元の木耳と思って確かめもしなかった。暫くして 、さて使いましょうと袋をよく見たら「中国産」と印刷されていた。
<写真はそのキクラゲ入り野菜炒め>

 近ごろはスーパーでも中国産のしか置いてないところがあるので、棚に並んだキクラゲをみて好かったと思って買ったのに。
 中国産だから悪いという訳ではないけど、地元の産物と思って買ったのでがっかりした。

 ところで、自分のなかで「中国」というと三つのイメージが同居している。
 * 万里の長城など古い古い歴史と杜甫や李白の漢詩の世界
 
* 西太后、日清日露、先の大戦といった近い歴史の中国
 
 今現在ニュースで見る中国

 キクラゲ一袋からで何だけど中国の長い歴史と文化をふりかえる時、中国産に善いイメージが定着していないのを残念に思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月 3日 (火)

ペンシルバニア大学、明治日本の「同窓会名簿」

『ある明治人の記録』会津人柴五郎の遺書
 明治維新の陰で北の辺地で飢えと寒さの生活を強いられた会津少年の物語、若い頃読んで“歴史は勝者が書いている”と気付かされた。それまで「明治維新を讃える」ことしか知らなかった。歴史には裏と表、側面があるのだとはいえ、涙ながらに読んだ本をいつとはなしに忘れていた。
 
 それから十数年、ウッドハウス暎子著『日露戦争を演出した男モリソン』柴五郎と再会した。ロンドンタイムスの記者モリソンと友情を深め、互いの祖国のため情報を交換する北京日本公使館付陸軍武官柴五郎その人である。
 この柴五郎中佐が雪の日に履き物がなく裸足でお寺の学校に通ったあの少年と知って、胸がいっぱいになった。下北半島恐山の麓で死と隣り合わせだった境遇からどのように道を切り開き北京へやって来たのだろう?その後の歩みは?興味津々自分で調べてみよう。

 こうして柴五郎を調べはじめて兄達も賊軍会津藩士として困難な生活をよぎなくされたが、希望を捨てず生き抜き明治日本で活躍したと知る。五郎のすぐ上の兄、柴四朗(東海散士)アメリカ留学さえ果たしている。
 着の身着のまま、食べるのもやっとの四朗が留学できたのは谷干城の縁で豊川良平を知り三菱の援助を受けられたからである。

 渡米した四朗はサンフランシスコ商法学校を経てマサチューセッツ州ハーバード大学に入学したが、求める学問のためフィラデルフィアに移りペンシルバニア大学に入学、経済学士の学位を得て卒業した。(『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』第二部アメリカ留学参照)

 ペンシルバニア大学には三菱の3代目岩崎久弥も留学、大正元年の同窓会名簿によれば会長をつとめている。名簿は東京都文京区の三菱資料館に保存されてありグラバーの息子倉場富三郎や女子の名も見え、なかなか興味深い。
 興味のある方は会員名簿を書きだしたので続きをごらんください。

続きを読む "ペンシルバニア大学、明治日本の「同窓会名簿」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »