« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月27日 (水)

スイス人が書いた『絵で見る幕末日本』

『絵で見る幕末日本』
             (エメェ・アンベール  講談社学術文庫)

 奈良・京都へ友人とおばさん二人旅。古都の緑は美しく修学旅行いらい何十年ぶりの奈良、法隆寺、中宮寺の弥勒菩薩、春日山では鹿がたくさんいて思わず逃腰に。そして京都、尊皇攘夷で騒然とした幕末の戦跡で特に敗者の側、会津藩宿所などを訪ねました。
 奈良・京都ともに行交う人の中に何組もの外国人がいました。いろいろな言語が聞え、お国は見当がつきません。
いずれにしても神社仏閣や文化財を、ガイドブック片手に興味深そうに見学しています。その一つ一つを ていねいに味わっている外国人に会うと、誇らしいような嬉しいようなでした。
     
 今でも日本に興味を抱いて海外から来る人は少なくないようですが、これが鎖国をといて開国したばかりのヤング・ジャパンではどうでしょう。 そのころの日本は、尊皇攘夷運動が燃えさかり、外国人の暗殺事件、アメリカと条約を結んだ井伊直弼は暗殺という情勢でした。

  

 19紀ヨーロッパの産業発展は、紛争にひるむどころか武力を用意してアジアに市場を求め、日本の封建制度の扉もこじ開けました。本書を残したアンベールも通商を求め来日した一人です。彼はスイス時計業組合の会長、スイス参議院議員の地位を日本市場の開拓に役立てたようです。
 団長アンベール以下スイス使節一行は航海中に生麦事件を知りますが、恐怖を感じることなく長崎へ。そしてオランダの軍艦で江戸に入りました。その航海から「自分で書いた日本人」が始ります。
 長崎・京都・鎌倉など各地の様子、江戸の町、床屋、本屋、剣術道場、武家屋敷のたたずまいがよみがえります。鉛筆で描かれた細密画はある意味写真より分りやすく、140枚もの絵だけを見ても楽しめます。また著者は、豊かな表現力で、私たちが忘れてしまった良き日本と国民性を記述しています。どの頁からでもご覧になってみませんか。本書を手にすると幕末日本に目を奪われることでしょう。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月18日 (月)

『アメリカ彦蔵』(吉村 昭)/『海の隼』三浦按針 (大島 昌宏)

     『海 の 隼』参謀・三浦按針(大島昌宏 著  学陽書房)

 21世紀に入ってもう10年目、お正月は何かを始めるいいきっかけです。とは言うものの、さて何をどうしよう。「まっいいか、今年も元気に動ければ」平凡なところに落ちついてしまう私です。せめて初夢で宝船に乗るとしましょう。ところが宝船どころか太平洋上で難船の悪夢、現実だったらどうなる。平凡でいいといっても運命に翻弄されるのは間違いない。しかも400年 150年前となると今よりずっと困難な時代です。しかし、表題の2人は逆境から抜けだし歴史に名を残しました。

 1600年 イギリス人ウイリアム・アダムスが乗ったオランダ東インド会社船リーフデ号は、太平洋を横断し東洋に赴く途中難船、日本に漂着しました。船乗りの子アダムスは造船所に奉公し造船・航海・砲術・天文・幾何学に外国語も身につけます。イギリスがスペイン無敵艦隊に襲われた時、自ら建造した船をひっさげドーバー海峡に参戦、その勇猛ぶりは「海の隼」と称えられました。
 漂着した日本はあたかも関ヶ原合戦の最中。リーフデ号から運び出した大砲で石田三成陣地を砲撃します。異国の地で戦をするとは、アダムスも夢にも思わなかったでしょう。 『海の隼』は家康の政治顧問、三浦按針ことアダムスの生涯を描きつつ、ヤン・ヨーステン(八重洲の地名由来)等リーフデ号乗組員との確執、ジェスイット派宣教師との争い、貿易で対立する外国人たちまで、鎖国以前の日本の状況を映し出して読者をあきさせません。

続きを読む "『アメリカ彦蔵』(吉村 昭)/『海の隼』三浦按針 (大島 昌宏)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月 8日 (金)

上海ヨリ、孫文と柴五郎報告

 NHKテレビでドラマ「蒼穹の昴」の案内番組があった。原作を読んでないので柴五郎が登場しているのを知らなかった。義和団事変の場面とかもあるのだろうか?
 大好きな柴五郎と聞いてなにか書きたくなったが、急には思いつかず以前書いた記事(セカンドライフ2009.9.12)を載せてみました。
 
     見てみたい映画「孫文」

 新聞に「孫文・100年先を見た男」という映画の紹介がのっていた。副題の“100年先をみた男”は孫文にぴったりだと思った。
 孫文は革命に失敗しアメリカほか海外に亡命、日本にも何度か来ましたからその足跡が残っています。東京での隠れ家を史跡見学会で訪れたとき、そこが国会議事堂に近いのでびっくりしました。警察が出入りを見張りその記録からいろいろ分かるようです。

 隠れ家の場所から察するに政府は孫文が隠れているのを見て見ぬ振り、孫文の世となった暁には得るところ大です。それはそれとして「北の袁世凱政権」を支持する政府の意向と反対に日本の世論は「南の革命家孫文」を支持した。
 当時の世論や資料、孫文にかかわった日本人の思想や行動をみると、その方法の良し悪しはおいて、現代の私たちより「アジア」を身近にしかも深く考えていたように見える。

 その当時上海は大きな開港場でイギリス・ロシア・アメリカなど各国の軍艦がたくさん浮かんでいた。その上海に柴五郎陸軍少将が赴いて、その情勢を参謀本部に報告したのである。写真はアジア歴史資料センターの資料から、諜報電報。写真のは解読されているが暗号電報のママの資料もある。

 柴五郎の諜報報告、電報の数々は外務省外交資料館の資料でみられます。自分も何度か外交資料館にいきましたが、今はアジア歴史資料センターのネットで見られます。日本の近代史全般、特定の事件や人物に興味のある方には生の資料がみられてお勧めです。

     革命未だならず

 100年先の中国を考えて革命に生きた孫文の足跡を簡単に記すことはとてもできない。有名な最後の言葉を紹介する。

 1924(大正13)年、広東から北京に向かう途中、神戸に立ち寄った孫文は大アジア主義を演説、日本の対華政策に警告を発した。このおり門司から、国民党に財政的援助を惜しまなかった日本人実業家の梅屋庄吉にあてて次のような電報を出した。
「帰国滞在中各位のご厚意を感謝し、今後も全アジア民族の復興のためご協力を切望し併せてご健全を祈る」と。孫文の来日はこれが最後で翌1925年3月12日、
「革命いまだ成功せず」の遺言をのこし、波乱の革命家は世を去った。

   (『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月 3日 (日)

自分史書く?

 読み書き大好きなので時どき「そのうち自分史書くの?」と聞かれる。
  答えは「書かない」。
 残念ながら読みたい物語になりそうもないし、おもしろいエピソードもない。平凡なようでも「いっしょうけんめい頑張って人の手本に」なった話なら読んでもらえるかもしれないが「ま、いいか」の暢気者で苦労話があまりない。
 また美女だったら写真付きで目の楽しみがあるが、白髪のおばさんでアップに耐えられないし。
 それでも今年のお正月は厳しい現実の直面している。落ち込んだけれど奮闘記を書くほどでもないような。ほそぼそブログを書いていればよさそう。
 こんな「けやきのブログ」お訪ねくださってありがとうございます。今年もよろしくお願いします。 ♪(oさんくす ̄∇ ̄)/

| | トラックバック (0)
|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »