« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

秋刀魚の歌(佐藤春夫)

 あはれ 秋風よ 情あらば伝へてよ
―――男ありて 今日の夕餉に ひとり
さんまを食(クラ)ひて 思ひにふける と。

さんま、さんま
そが上に青き蜜柑の酸(ス)をしたたらせて
さんまを食ふはその男がふる里のならひなり。
そのならひをあやしみなつかしみて 女は
いくたびか青き蜜柑をもぎて夕餉にむかひけむ。
あはれ、人に捨てられんとする人妻と
妻にそむかれたる男と食卓にむかへば、
愛うすき父を持ちし女の児は、
小さき箸をあやつりなやみつつ
父ならぬ男にさんまの腸(ハラ)をくれむと言ふにあらずや。

あはれ 秋風よ 汝こそ見つらめ
世のつねならぬかの団欒(マドイ)を。
いかに 秋風よ いとせめて
証(アカシ)せよ、かの一ときの団欒ゆめに非ず、と。

あはれ 秋風よ 情あらばつたえてよ、
夫に去られざりし妻と 
父を失はざりし幼児とに 伝へてよ
―――男ありて 今日の夕餉に ひとり
さんまを食(クラ)ひて 涙ながす、と。

さんま、さんま、
さんま苦いか塩つぱいか。
そが上に熱き涙をしたたらせて
さんまを食ふはいづこの里のならひぞや。
あわれ げにそは問はまほしくをかし。
          (詩集『我が一九二二年』より)

 今年はサンマが不漁でシーズンになっても高値だが、サンマはサンマ、鯛やマグロのように高くない。夕食のおかずに悩んだらサンマ、調理もかんたん焼けばいい。サンマを焼くと「サンマ苦いかしょっぱいか」のフレーズが浮かぶ。

 一人の男が秋風の吹きぬける部屋で、寂しくサンマを食べている。そして過ぎし日の悲しい思い出にふけっている。なんという悲しい詩だろう。庶民の味サンマも詩人の手にかかればドラマの重要物となり、感慨と共感を呼ぶ。(参考『現代詩読本』村野四郎)。
 ちなみに佐藤春夫(詩人・小説家1892~1964)は谷崎潤一郎の夫人の千代子と恋愛関係にあったが別れる。そのあたりから人生に沈潜して悲哀を歌う詩人になったという。作品『小説高村光太郎』『小説永井荷風伝』など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月23日 (木)

『映畫五十年史』筈見恒夫 昭和17年発行

50  先に『韓国映画史』で日韓の辛い時代を垣間見た。暗い歴史をのみ込んだ上で韓流ブームに触れるとホッとする。今はブームと言うより韓流というジャンルが定着したようだ。それで日本は?と振り返ってみたが何も知らない。そんな折しも古本カタログに映画史があったので取り寄せた。

 『映畫五十年史』は戦中の発行らしく、巻頭は情報局国民映画受賞作品【将軍と参謀と兵】(日活)、次ページも同受賞作品で【父ありき】(松竹)の写真が載る。最終章は「大東亜映画への構想」で下記引用のように勇ましい。このように書かなければ刊行できなかったのだろう。
 現在使わない言葉は資料として原文のまま。外国名は殆どカタカタだが10章はドイツを“独逸”と表記、枢軸国としてかな。

 ・・・・・・われわれの傑れた映画意志を、われわれの激しい映画闘志を、われわれの鍛えた映画技術を、支那大陸に、満洲国に、南洋諸国に持ち込んで行かうではないか。すべてのアジア民族が一つになつて、大東亜映画なる実態を持たうではないか(後略)。

 巻頭巻末とも戦時色だが、中身は検閲の時局とは無縁のような映画評論、映画史で興味深い。映画の始まり、映画関係者の情熱、俳優のエピソードや演技のこと。輸入業者や制作サイドにも詳しく、また欧米の映画にもよく通じている。経歴をみれば納得であるが、それにしても博覧強記だ。本当に映画を愛しているのが分かり、DVDで楽しむのもいいけど、たまには映画館へ行こうと思った。
 写真もかなり掲載されている。洋の東西を問わず映画のワンシーンはもちろん女優の写真も数々あり、映画の雰囲気を伝えている。きっと、この『映画五十年史』は復刻されて読み継がれていることだろう。
 本書は中身がありすぎ、これはと思うところに付箋を貼ったら付箋だらけになってしまった。これじゃ丸写しになりそうで項目を抜粋してみた。西暦は筆者。

『映畫五十年史』鱒書房

第1章 明治年代の映画(明治29年――45年1896~1912)
        エジソン/活弁の元祖/北清事変の従軍撮影/検閲受難/南極探検映画etc
第2章 映画事業の企業化(大正元年――4年0912~1915)
       日活の創立/新派劇『復活』『不如帰』の当り/尾上松之助etc
第3章 大戦と欧米映画(大正元年――9年1902~1920)
       アメリカ・イタリイ・フランス・ドイツ・ロシア映画/大戦中のヨーロッパ映画展望
第4章 改革運動の台頭(大正3年――10年1914~1921)
       新派悲劇の全盛期/松竹キネマの初期/新劇運動と映画館etc
第5章 蒲田映画と向島映画(大正9年――12年1920~1923)
      「枯れすすき」の小唄/映画女優の台頭/鈴木謙作のリアリズムetc
第6章 映画劇の成長期(大正12年――昭和初期1923~)
     大震災と映画/帝キネ/文芸作品の映画化/時代劇の新しい風潮etc
第7章 欧米映画の影響(大正10年――昭和3年1921~1928)
      ドイツ映画戦後の退廃と表現芸術/南欧および北欧映画/アメリカ映画の排斥etc
第8章 傾向映画前後(昭和2年――8年1927~1933)
      時代劇に現れた反抗精神「斬人斬馬剣」*写真(右上)/サイレント時代劇の末期etc
第9章 トーキーと日本映画(昭和2年――13年1927~1938)
      監督システムとプロデュウサー・システムの対立/トーキー作家の足跡
第10章 大東亜映画への構想(昭和12年――16年1923~1941)
     支那事変とニュース映画/映画法と独逸映画界/枢軸の映画国策/対米英映画への宣戦/朝鮮映画の過去と現在/臨戦体制と日本映画etc

筈見恒夫:本名・松本英一(明治41――昭和33年1908~1958)東京下町生まれ、大正の初めから映画を見続ける。
 22歳ころ南部圭之助らと『新映画』創刊。サイレント映画「もだん聖書 当世立志読本巻一」脚本。25歳東和商事(東宝東和)の宣伝部長に就任ヨーロッパ映画の宣伝に尽力。のち映画プロデューサー。42歳で東和映画(東宝東和)宣伝部長に復帰。49歳没。著書『映画と民族』『映画の伝統』ほか。
    [出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月18日 (土)

ある米沢藩士の幕末、宮島誠一郎

 会津藩・柴太一郎は京都の三本木に秋月悌次郎らと同居していた。そこを藩主に従い上京した米沢藩宮島誠一郎が訪ねてきた。その日、宮島は日記に記す。

「文久三年七月十六日。秋月悌次郎、広沢富治郎(安任)、大野栄馬柴秀次(太一郎)・・・・、何れも会藩士有名なり、然に肥前藩長森伝次郎来り、楼上会飲始り、甚だ面白し」(京城日記)

 ところで、この年(1863)は攘夷をめぐり、公武合体派長州藩を中心とした尊皇攘夷派が京を舞台に主導権を握ろうとして暗闘が繰広げられていた。会津藩公用方の秋月、肥前藩周旋方の長森、米沢藩周旋方の宮島らも「長州の攘夷決行、イギリスの報復行動」など談じている。

 
 またある日、太一郎らの宿所に突然、薩摩藩高崎猪太郎井上弥八郎がやってき、会津藩士と密議「武力で長州藩士を京都から追放する態勢をとったうえで、一気に攘夷派公卿の一掃」を企てた。
 薩摩と会津は毎夜のように秘密裏に会合を繰返し、ついに八月十七日夜、両藩は人数を繰出し御所と九門を固めた。長州藩は河原町の屋敷から軍装して御所に詰めかけたが、夕方になって引返した。会津・薩摩両藩を中心とする公武合体派が、長州を中心とする尊攘派を京都から追放したのである(八月十八日の政変)。

 このとき米沢藩は京都守護職に協力し、長州勢を退去させるのに重要な役割を果している。米沢藩の宮島誠一郎は会津藩士から情報を収集していた。帰国のさいには施薬院で秋月と太一郎に挨拶、礼をのべている。

 
 宮島誠一郎と柴太一郎の二人は明治30年代「史談会」(会長・子爵由利公正)の評議員、特別会員として名を連ねているが、再開して何を語り合ったろう。
 宮島についてここまでしか知らなかったが、思いがけず『歴史読本』幕末史の新・視点号「政局を左右した知られざる米沢藩の動向」に宮島の名があった。その辺りを抜粋すると以下である。

 慶応2(1866)年長州戦争は幕府軍の敗北に終わる。米沢藩主は世子を京において帰藩するが、宮島は命をうけて江戸の向かう。江戸でさまざまな人物接触し政治情報を得るため働き、会津藩江戸留守居石澤らと会ったりもした。また、京にいる米沢藩世子の帰藩許可を得ようと嘆願書を携えて再度、京へ向かう。

 このように幕末は、勤王の志士だけでなく諸藩の武士が藩の意向を受け、あるいは自らの意志で京へ、江戸へと東奔西走していたのが判る。ちなみに宮島誠一郎はのち貴族院議員となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月15日 (水)

風はどこへいくの

Photo_39

 歯医者さんから絵本の展覧会の案内をもらって行ってみた。絵本店【ぎゃらりー遊】に入ると「ムーミン」のキャラクターが目に入った。子どもに絵本を読みきかせてた昔が思い出され、懐かしかった。

 『かぜは どこへいくの』(シャーロット= ゾロトウ作 ハワード=ノッツ絵 まつおか きょうこ訳)は題名にひかれ鉛筆画の挿絵も気に入った。孫も来年は中学生だから勧めても読みそうもないけど買ってしまった。

 物語はこうだ・・・・・・「昼がおしまいになったら、お日さまはどこへいくの?」「風がやんだら、そのあとどこへいくの?」ちいさな男の子には、ふしぎなことがいっぱい。母親は、この世のものはすべて終るのでなく、別のところでふたたび、ちがった形ではじまることを教える。
・・・・・・さ、いまはねるじかん。そして、あした あさがきたら、お月さまは、どこかとおいところへいって、そこでは夜がはじまるし、お日さまは、ここへきて、あたらしい一日をはじめるのよ。

 風はどこに行くの?に、エッ、風の行き先なんて思ったことない。水は流れ、雲はゆく、去っていくイメージだ。ところが、風は吹きくる、吹き付けられたのように来る、止まるの感じだ。でも、風はやんでも「また遠くへ吹いていって、どこかでまた、木をゆらし」終わらないのだ。

 “風”は、目に見えなくても肌身で実感できるから、有名無名いろいろな風が吹いていそう。探してみた。知ったかぶりで「風蕭蕭(しょうしょう)として易水寒し」中国春秋時代の刺客、荊軻(けいか)の故事をと思ったけど、これでは曾おじいさんとひ孫ほどの差になる。通じ合えるのは難しい。それで詩人の風はどうかな。

吉野弘詩集』(初版1968年現代詩文庫)から一篇「風が吹くと」

風が吹くと おじいさま お池の水に シワがたくさん 出来るのね
 なにが吹くと おじいさま おでこやほっぺに シワがたくさん できちゃうの
風がやむと おじいさま お池の水の シワがきれいに 消えるのね
 なにがやむと おじいさま おでこやほっぺの シワが消えるの お池のように

 ところで、あなたにいい風吹いてきたことありますか?人に尋ねる前に「そういうおまえは?」って言われると、ウーン。
 さすがに9月も半ば、風が通り抜ける。人生にいい風と欲張らないが、せめて心地よい風に吹かれたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月10日 (金)

達人ブログ二つ、バネさん&やまおじさん

  先日卓球の試合場でたまたま近くにいた人とブログアドレスを交換した。その夜さっそくブログenglish collection”を見て、わあ、英語スラスラお手上げだ。でもenglish collection筆者バネさんの言うとおり、日本語で書いてあるので解るところだけ目を通した。

 英語がわからないながら時事ネタや旅、ホノルルマラソンなどと話題が広い。拾い読みでも興味深かった。そうはいっても、英語が達者な友人達(江戸東京博物館でボランティアガイドをしてた時の仲間)なら理解しもっと楽しめるだろう。紹介してみたら、さっそく好い反応だった。頼まれた訳ではないが何かうれしい。
 英語大好きな人、英語勉強している人、“english collection”を訪ねてみませんか。
   http://blog.alc.co.jp/blog/3302827

 
  縁がつながるときは一度にのようで、何気なくクリックしたページに「柴太一郎」という名があった。柴四朗・五郎は見かけるが太一郎は滅多にない。柴兄弟の伝記を書いた者としてうれしく、その“晴れときどき曇り”(やまおじさんのつぶやき日誌)ブログをお気に入りに登録した。
          http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/ 

 図書館のように本がいっぱいで読みたい本が多く、中には読んだのもあった。『静かな大地』(池澤夏樹)がそうだ。『静かな大地』は引き込まれて一気に読んだ。著者はどういう人?と思ったが単行本で解説もなかったのでそれきりだった。とても好かったので、けやきのブログ(8/12)で紹介したものの本編について調べもせず詳しくなかった。それが“やまおじさん”【晴れときどき曇りのち 温泉この一冊】によって、いろいろ判り教えられた。やまおじさんってどんな人なのだろう?
   http://yamaoji.hp.infoseek.co.jp/b_ikezawa_daichi.html

 近ごろ活字中毒を返上していたが、“やまおじさん”【読】読了 「新・雨月」(船戸与一)に出会い図書館に行って、その『新・雨月』上下2巻を借りてきた。
 まだ上巻の半ばだが、スネル兄弟のイメージが自分のと違う・・・。「そうかなあ」と思いつつページを繰りながら解釈は寄る側、立ち位置で異なるし肩入れの仕方でも違ってくる。小説だからおもしろくしているのだろうし、複雑だ。我ながら読後の感想はどんなか興味深い。
 戊辰戦争とその時代について自分も少し調べたので、これからもあれこれ気になりそう。反発したり同感したり、それも読書の楽しみの一つだ。
 本の表紙写真が本を手にする時の楽しい気分を思い起こさせる。本好きには何よりの“「晴れときどき曇り/やまおじさんのつぶやき日誌”お勧めしたい。とっくに読んでいる人がいて「遅いよ」と言われるかもですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月 9日 (木)

相馬郡新地町から早稲田に通う80歳

 9月初め、特急スーパーひたちの乗って福島県へ歴史見学に行った。早稲田オープンカレッジ、日本近代史講座の受講生有志の企画だ。講師の大日方純夫先生もご参加一泊二日、戊辰戦役跡見学である。
 相馬駅に着くと在住の受講生が待っていて、見学者一同の乗ったバスを自らの車で先導し案内してくれた。住む人ならではの説明は丁寧で、お宅へも招いて下さり奥様特製ブルーベリージュースなどご馳走になった。

 バスの窓から海が見え新鮮な感じがした。福島県というと会津盆地が思い浮かび山のイメージだった。海を前にして海も山もある県といまさら実感。どうも遠く離れた県市は訪ねた時の印象が強い。地理に疎い自分だけかな。
 見学は日帰りして途中迄なのと、史跡は「新地町の文化財」(新地町教育委員会)などを参考にしてもらうとして、今日は人生の先輩の話をしたい。

 福島県は東京から“遠い”と思っていたが、目的があって出向く人にとっては“遠くない”。この日、それを教えらた。
 相馬駅で一同を待っていた乗用車運転の受講生は80歳で、毎週金曜日、都の西北早稲田大学まで大日方先生の講義を楽しみに通ってきてる人。他にも関東の遠くから受講している人もいるし、先生も生徒も熱心だ。

 夕方、バスは旅館へ向かい、私ともう一人は80歳のクラスメイトが運転する車で相馬駅まで送ってもらった。
 運転しながら、週1回早稲田、ほかに月1回・新アララギ派の短歌の会や相馬市九条の会(憲法九条、いまこそ旬)で東京に行くこともあるという。これだけでも後部座席の主婦二人感心しきりなのに、更に県や市の史学研究会の幹事も引き受けているそう。一度聞いただけでは覚えきれないほど活動している。
 80歳は高齢と思うが車の運転、何の心配もしなかった。歳って何?若者だってこれほど活躍している人は少ないだろう。見学会にいって元気をもらって帰ってきた。先輩ありがとうございます。秋講座でお会いするのを楽しみにしています。 

 参考:
『はじめて学ぶ 日本近代史』大日方純夫(大月書店)2巻。 上:開国から日清・日露まで/下:日露戦役から敗戦まで
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月 6日 (月)

東京スカイツリーと明治の国技館ニュース

Photo_38  JR総武線に乗って両国橋にさしかかると東京スカイツリーが見えた!
 思わず携帯を取り出したが間に合う筈もない。仕方ない、戻るときは逃すまい。錦糸町駅の手前から、幼稚園児のように窓の方を向いて携帯カメラのシャッターを押し続けた。
 写真は国技館左上にスカイツリー、右後方に江戸東京博物館の屋根が見える。
 
 国技館といえば今、相撲の世界は問題山積、野球賭博、暴力団との繋がりなど大変なことになっている。どちらかと言えばお相撲さん=いい人。江戸博でボランティアしてたとき場所柄よく見かけ親しみがあったのに、がっかりだ。
 少し前、北海道で千代の山千代の富士の“横綱会館”を見学したがお土産を買う気になれなかった。後でガイドさんがいうには、館内を説明してくれたのは千代の富士、現九重親方のお姉さんだという。こんな時こそ少額でいいから買ってくればよかったのかなあ。
 話ついでに、明治の両国国技館ニュースを二つご紹介。

国技館建設現場から骸骨の山
 目下本所回向院内に建設中なる相撲常設館の工事は着々進捗して (ここは沼地だったので明暦の大火で10万余の死者が出たとき死体を投棄。その上にまた安政の大地震での死者も投棄) 「この二大厄災の死体は包合し、さきに蘆的の生え茂りし沼地は堅き人間の地盤を形作りたる始末にて、さればにや・・古き骸骨続々現れ高く積まれ、今では大納骨堂を建設するも入れ切れざる有様なり。」(明治40.国民新聞

国技館開館式
 盛大なる開館式を挙行したり・・・常陸山梅ヶ谷ないし協会役員いずれもフロックコート、あるいは羽織袴にて来賓を迎え記念写真、記念絵葉書を手渡し・・・場内観覧棚に上がれば、見渡す所桟敷一面に椅子を置きて来賓席とし、中央破風作りの土俵には青菰を敷き、祭場を設けて神饌を供えあり。傘のごとき円天井、硝子張りの光線採りに紅白の被いをなしたるが、引き回されし同じ幔幕の色と相映じて、さながら絵日傘の下にあるの思いあり(後略)。(明治42時事新報

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »