« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月 7日 (金)

八甲田、抱き合い軍歌うたって死の彷徨

 昨夏の猛暑の後、此の冬は寒く山陰や東北、北海道には大雪が降り積もっている。車が何百台も雪上に立ち往生しているのニュースが何度かあった。大雪も戦争前だと無謀な訓練がなされ凍死、命を落とすハメになる。

 百年昔の青森地方も例年にない大雪に見舞われたが、日露戦争に備えて「仮想敵侵入に対して援軍をだす想定」で、八甲田山麓耐寒雪中行軍が行われた。

 1902(明治35)年1月、青森と弘前から連隊が雪中行軍に出発した。青森歩兵第五連隊山口大隊210名は猛吹雪にあい遭難。
 死亡者199人凍死、無謀行軍として民間から非難された。当時の新聞をよむとまさに死の行軍、あまりの悲惨に目をそらしたくなる。生還した倉石大尉の報告によればまさに“抱きあい軍歌うたって死の彷徨”であった。
 「24日午前3時前後、露営地を出発しましたが、風雪はなはだしく一寸先も分からず、口髭、眉毛、まつげまで氷柱が下がり、目も開けられぬほどになりました。

 その時の兵士の姿勢は、銃を負い、両手を脇の下へ入れ、終日胴震いをしており、中野中尉のごときは顔面紫色になって小使することもできなくなり、自分(倉石)が二度までも釦を外して小便させてやりました。
 そういう次第で、その日の払暁よりして、凍傷にかかって倒れるものができたので、軍医の勧めに従い、各小隊の兵は互いに抱き合い、軍歌を唱えながら行進。
また全身凍傷にかかり人事不省になったものは、一同その頭と足を持ち、その者の名を呼びながら胴上げをなし、醒覚法を力めて行いましたが、午後三時頃はそれをなす勇もなく、倒れた者を見棄て行くというようになり、この日に総員の四分の一を失いました」(時事新報)

 弘前三十一連隊の方は無事に帰還したものの日露戦争ではこの連隊もふくめ殆どの雪中行軍に参加した兵士が、戦死したという悲惨な話が伝わる。

                               『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』より

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月 2日 (日)

柴五郎、英国より謹賀新年

   けやきのブログをお訪ねの皆さま新年おめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
Photo_4 

 さてお正月『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』らしい話題はないかと探したらありました。明治40年元旦、柴五郎立花小一郎に宛てた封書(国会図書館憲政資料室蔵「立花小一郎文書」)です。
 日英同盟当時、柴五郎砲兵大佐イギリス公使館付として赴任中であった。その滞在中1907(明治40)年、陸軍少将に栄進した。手紙の相手、立花は陸軍士官学校6期で3期五郎の後輩、当時、陸軍省副官。
 立花小一郎(文久1.2.10~昭和4.2.15): 父は三池藩家老、妻は伊沢修二の妹。アメリカ公使館付(ポーツマス会議全権随員)、のち陸軍大将、貴族院議員男爵福岡市長。 

Photo_5

 書簡内容: 外国武官の取り扱いについて、英国陸軍当局からの伝聞によれば参謀本部から陸軍省に変更になったというが、どうか? 英国は同盟国につき秘密事項の取り扱いなどは何処まで?
 英国は参謀本部内の作戦課長が外国武官と折衝し東洋諸国の事を担当しているが、自分の交渉相手は副課長で、同盟国というものの他国人にまさる待遇を受けていない等々。
 末尾に「X会の諸君に宜しく御伝被下候」とあるがX会について判らない。公的か私的か、いずれにしても会名を伏せX会としたのかも知れない。

 海外駐在武官について卒論「柴五郎とその時代」に書いたことがあり、以下参考までにその一部記す。

       “海外駐在十余年”    

 明治三十九年三月二十日 聯隊長陸軍砲兵大佐柴五郎本職ヲ免シ英国大使館附ニ補セラレ(『野戦砲兵第十五聯隊史』防衛研究所図書館蔵)
 柴五郎四十八歳、この時は二年九カ月のイギリス駐在であった。前回イギリス駐在時は公使館であったのが大使館に改められ日英同盟の活躍者、林董が大使に任命された。但し柴の着任時は陸奥広吉臨時大使。

 柴はコロンボから兄の五三郎宛に葉書(白虎隊記念館蔵)を出しているが、コロンボへいつ行ったのか分からなかった。イギリスへの往復の途中立ち寄ったのかとも考えられるが。ともかくイギリス行きは三度目、清国、アメリカ、キューバにも行った柴の在外武官時代の年数を計算してみる。
 清国差遣 四年・イギリス公使館付心得 五カ月・イギリス公使館付 四年九カ月・清国公使館付 一年・イギリス大使館付 二年九カ月、これに二人の親王の欧州派遣の随行を加えると十四年程の海外生活となる。実際は職掌がらもっと多そう。
  (中略)
  柴の務めた大公使館付武官は大公使を通さずに直接、参謀本部と繋っていた。また予算も
「米国ニ至リ状況ヲ視察セヨ之カ為要スル費用ハ横浜正金銀行ニ要求セヨ」に見られるように、公使館とは別についていた。これらの事は、公使と武官の間に確執を生じやすくするものであった。後年それは現実となったようである。

     余談
 柴がイギリス大使館付の時、会津藩当主・松平容保の子息 松平恒雄書記官として同大使館に勤務していた。折しも、秩父宮雍仁親王ロンドン外遊中でそのときの出会いから恒雄の娘 勢津子が秩父宮妃となった。
 戊辰戦争で敗れた会津人にとって藩主の孫の姫が皇族に嫁いだことで「これで賊軍ではなくなった」と喜ぶ人が多かったという。(五郎次女・西原春子氏談)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »