« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月24日 (金)

下北半島、広澤安任(青森/福島)

 1872明治5年に広澤安任という会津人が下北半島の谷地頭(三沢市)に洋式牧場を開いた。それから140年、下北半島は明治の開墾の苦難よりももっと過酷な現実に直面している。3.11大震災が私たちに無力感と恐れをもたらしたのだ。
 下北半島、一度行った事があるが、その時は風力発電のプロペラしか印象になく(当ブログ・2010.12.5“道の駅みさわ斗南藩記念観光村”)、原子力施設が密集していると気づかなかった。福島の原発事故からそうと知った。

 広澤安任は元会津藩士で、藩主松平容保京都守護職となり公用方が設置されると秋月悌次郎柴太一郎らと共に任じられた。この公用方はやがて藩の直面する諸問題に深く関わり、京都における藩の実権を握っていった。
 ある時は高崎猪太郎井上弥八郎薩摩藩士と密議、
「武力で長州藩士を京都から追放する態勢をとったうえで、一気に攘夷派公卿の一掃」をはかった。世に言う1863文久3年「八月十八日の政変」である。
 しかし坂本龍馬の斡旋により薩摩と長州が手を結び、会津は追い落とされ、戊辰戦争に敗れた。時代は明治へと転換、藩主以下江戸を去り会津に帰っても、広沢は江戸に残り単身で新政府軍・総督府に乗り込み、
「諸外国が虎視眈々と日本の隙をねらっている。なのに兄弟垣にせめぐ戦いをしている場合か」と兵をおさめるように訴えて、捕らえられ斬罪がきまった。しかし幕末の京で活躍した広澤は交際が広かったから、イギリス公使パークスの下で働いていたアーネスト・サトウ木戸孝允に口添え、宣教師フルベッキから西郷に忠告の使者があったりして、斬罪を免れ監禁となった。獄中の生活は死にまさるほどだったが、命拾いをした。

 かつて広沢は幕府とロシアの国際談判に随員として同行したことがあり、その往復中に
陸奥の国は広大にして開発の望みあり」と考えた。しかし移住後の生活はあまりにも困難で、そのうえ廃藩置県となり藩主、重役ら、また山川浩までもがこの地を去った。しかし広沢は残留した。斗南人の生計の道を開こうと、現在の三沢市小河原沼の東に酪農主義農場の開拓をはじめたのである。
 1872明治5年、広沢牧場を開業し五ヵ年計画で事業を推進することになった。広澤は新政府に知人が多かったので開墾資金を借入れるのに役立った。

 1876明治9年、明治天皇東北巡幸のおり、広澤は内務卿・大久保利通から「中央で仕事を、東京へ」と誘われたが
「一個の百姓として生きる。農はこれ天下の大事」と、東北の荒野に奮闘、研究と経営に努力した。生活ぶりは質素で、勝海舟から贈られた「牧草堂」の額をかかげ牧老人と名乗って粗衣粗食に甘んじた。

 参考: 『北辺に生きる会津藩』会津武家屋敷文化財管理室・『偉人事跡』明治41年福島県・『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月18日 (土)

六分の侠気四分の熱、与謝野鉄幹・晶子

 与謝野鉄幹というと妻晶子、詩人として、歌人として、明治ロマン主義の中心『明星』というイメージだ。でも、初期の鉄幹はまったく別人のようで歴史好きにはおもしろい。
 1893明治26年、新聞「二六新報」が創刊された。創立者の秋山定輔は朝鮮問題、日清開戦に国家主義的対外強硬の論陣をはった。主筆の鈴木天眼と相識の柴四朗は編集同人となる。この二六新報には与謝野寛(鉄幹)が創立時から在社していた。当時の鉄幹は旧派の短歌を痛烈に批判するなど注目の青年であった。

 日清(日中)関係が緊迫すると「二六」の天眼は天佑侠に加わった。朝鮮は地理的運命から勢力の衝突点にあたり、日清戦争を朝鮮の独立確保のためとして朝鮮に渡る士族や対外硬派そして侠客らがいた。天佑侠もその一で、鉄幹が一首
   いなづまの、光も見えて、一むらの、横ぎる雲に、雷なりわたる
 

1895明治28年春、槐園乙未義塾の教師として招かれた鉄幹、開校のはじめに一首、
   から山に、桜を植ゑて、から人に、やまと男子の、歌うたはせむ

 この年、鉄幹は朝鮮で閔妃事件に関与、他の関係者と共に日本に護送された。広島で簡単な取調べを受け、釈放された。
  韓にして、いかでか死なむ、われ死なば、をのこの歌ぞ、また廃れなむ

鉄幹は朝鮮改革に関心があり、ふたたび朝鮮に赴き国事に奔走した。次は三たび朝鮮京城に渡った1897明治30年「人を恋ふる歌」の一節である。
  妻をめとらば才たけて 顔うるはしくなさけある
  友をえららば書を読んで 六分の侠気四分の熱


 しかし志は果たせず、また後年になって当時の行動を悔やんだという。

 この後は師の落合直文の忠告をうけて、丈夫(ますらお)から歌人の道を歩みだし晶子と運命的な出会いをする。そして作風は一変する。
  われ男(お)の子 意気の子 名の子 剣の子 詩の子 恋の子 ああもだえの子
 
名を惜しむ男子の気概と、恋にひかれる本能とがもつれあったこの歌は、百年たった今も愛唱されている。

 日露戦争中、与謝野晶子は旅順口包囲軍中にある弟を思い、
  君死にたまうことなかれ、旅順の城はおつるとも、おちざるとてもなにごとも

発表すると、非国民的詩などと大町桂月に罵倒された。晶子が反論したがおさまらず鉄幹は、弁護士と共に桂月のもとを訪れ、直接談合したことで、晶子非難は終わる。家の事は何もしない鉄幹だったようだが、妻を守るべき時は男らしい。

 1915大正4年、総選挙が実施された。大隈重信主導型で行われた選挙は与党が圧勝、原敬政友会は第二党に転落した。この選挙に京都府から与謝野寛は無所属で出馬、妻晶子が応援にかけつけたが落選した。
参考:『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』(中井けやき)  『明治文学全集 与謝野鉄幹・与謝野晶子集』(筑摩書房)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月13日 (月)

有光教一、日韓の架け橋となった学者

 大震災、津波そして原発事故があった3月11日以来、ぼんやりしていると虚無感にとらわれ、何事もどうでもよくなりがちだ。でも朝、黄色い帽子を被り並んで登校する小学生に会うと、「この子たちの人生はまだ始まってもいない」。
彼らが大人になったとき少しでも住みよい世の中であるよう、ちゃんと生きていかなければと思う。

 そして又、世の中にこんな立派な人がいたのかと感動したときも、前向きになれる。前回、朝鮮の古代文化を研究した鮎貝槐園をあげてみたが、同じく朝鮮を研究した学者<半島の文化財守った泰斗>有光教一を悼む記事(毎日新聞・佐々木泰造)を読んだ。103歳で死去したという。
 業績、論文を理解できる能力はないが、日韓の立派な架け橋になった学者という事は理解できた。

 有光教一高麗美術館研究所長。
 戦前戦後を通じて朝鮮考古学研究に貢献。京都大大学院生のとき朝鮮に渡り、朝鮮総督府の嘱託として古墳を調査、昭和16年から終戦まで朝鮮総督府博物館の責任者だった。
戦時中は、収蔵品を戦火から守るため館員らとともに列車で地方分館に疎開させ、植民地時代でも朝鮮で出土した遺物は現地で保存すべきと主張したという。
 敗戦後も疎開品の回収、国立博物館の開館準備、朝鮮の考古学者育成のための発掘調査指導という仕事のため朝鮮に留まった。

  植民地下で発掘調査した古墳の報告書が、戦争の混乱などによって未刊のままだったが、約70年ぶりの報告書刊行になった。祝う会に韓国から駆けつけた李蘭暎・元国立慶州博物館長の、
「私ぐらいの年齢の者は日帝下で受けた苦痛をいまだに覚えています。不幸な過去はあっても、私は有光先生への尊敬と愛情の念から先生の国をこれからも好きになると思っています」

 国と国とが良い関係を持つには、まず人と人の繋がりから、互いに尊敬できる人物に出会う事から始まるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 9日 (木)

朝鮮の土となろうとした明治の歌人、鮎貝槐園(宮城県気仙沼市)

   鮎貝槐園あゆかいかいえん 1864元治1~~1946昭和21。名は房之進。父は伊達家の重臣、兄は歌人で国文学者として知られる落合直文である。
 母校の法政大学の隣りに逓信病院がありその脇道、坂を少し上がると「与謝野鉄幹晶子夫妻の住居跡」の碑がある。東海散士柴四朗を調べ中、思いがけないところ(閔妃事件)で与謝野鉄幹との関わりを知った。以来、鉄幹が『明星』、晶子の夫というだけでないと分かった。そして鉄幹を朝鮮に引き寄せた鮎貝槐園に興味を抱いた。3人の関わりは以下参照。Photo

 1894明治27年、槐園は事業家的才腕があり朝鮮の京城に五つの小学校を創設。日本語教師として京城の乙未義塾(国策的学塾)に鉄幹を招いた。
 当時、朝鮮では大院君閔氏一族が対立していて、ショッキングな事件が続発し暗黒政治のような時代が続ていた。その朝鮮・全羅道で東学党が蜂起した。

 アジアの中でいち早く近代化を達成した日本には
「欧米列強の侵略からアジアの保全と解放をはかるため、日本がアジアの盟主となるべき」という考えがあった。頭山満玄洋社内田良平黒龍会など大陸各地でそれを実践しようとした。玄洋社は天佑侠を組織、釜山の法律事務所を拠点に東学党を支援した。そのころ釜山には日本浪人がかなりたむろしていた。
 与謝野鉄幹、天祐侠に一首、
  いなづまの、光も見えて、一むらの、横ぎる雲に、雷なりわたる

 過激な天祐侠人の中には、日清両国の関係が風雲急を告げるとき、政府が日清戦争を始めないならば、自力で朝鮮を侵攻しようと期していた壮士もかなりいたらしい。ずいぶん無茶な話である。彼らは後に乙未事件(閔妃謀殺)に直接かかわる。
( 『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』朝鮮東学党の乱(甲午農民戦争)より抜粋)
       

 槐園は、はじめ宮城師範学校で学んだが教師にならず、東京外国語学校で朝鮮語を学んだ。当時、清国やロシアとの関係で朝鮮半島の風雲がけわしかった。この時期、大望を抱いて朝鮮に渡る者がかなりいた。槐園もはじめはそのようだったが
「日本古代文化に大きな影響を与えた古代朝鮮の文化を研究する」という学究としての目的があった。槐園は鉄幹を呼び寄せた乙未義塾を解散後、政治的事業から身を引いて朝鮮文化研究に献身、文化財保護、研究論文など高く評価された。
 
 槐園の妻は、若いころ伊藤博文に可愛がられたが、ついにその意に従わなかった芸者として知られる岡島たき子である。
 槐園夫妻は朝鮮の土となる覚悟であったが、韓国独立後、老いの身を帰還船に乗せられ九州博多港に上陸した。すでに病の身であった82歳の槐園は福岡市の引揚者収容病院で息をひきとった。夫人は亡夫の遺骨を抱いて宮城県気仙沼の鮎貝家まで辿りついたが、そのまま病床についた。その年、槐園の後を追うように69歳の生涯を閉じた。
(参考:明治文学全集『与謝野鉄幹・与謝野晶子集』附明星派文学集)

 蛇足ながら、現在の日本は韓流ブームというより韓流は定着した感がある。槐園や朝鮮を愛した柳宗悦が、文字通り近い国となった日韓をみたらどんな感慨を抱くだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 2日 (木)

アイルランドと柴四朗(福島・千葉)

 2011.5.19毎日新聞夕刊<英女王「悲しく残念」>【ロンドン笠原敏彦】

 英国王として100年ぶりに隣国アイルランドを訪問中のエリザベス女王。ダブリン市内での歓迎晩餐会であいさつした。アイルランド独立闘争犠牲者に「深いお悔やみ」の念を表明し、過去の関係について「悲しく、残念な事実」だと述べたのである。
 イギリス×アイルランドの歴史を少し知るので、小見出しの「支配の直接謝罪なし」に目が留まった。
 両国の軋轢を知るきっかけは西洋史でなく、明治のベストセラー柴四朗『佳人之奇遇』であった。両国の歴史関係は以下のようである。

 19世紀半ば、アイルランドにおいて独立を要求する武装反乱がおこるとイギリスは残酷に弾圧した。また大飢饉、海外へ移住者が激増した。アメリカにはアイルランド系が多いと聞く。19世紀末までに人口は半減したが、アイルランド農民の窮乏はますます激しくなり、ついに民族的な統一組織が生まれ土地会報と民族独立の大運動を展開して抵抗した。

 この動きは明治日本に早くから伝わって、自国の行く末を案じた東海散士柴四朗は『佳人之奇遇』に挿入して、人びとに警告した。元会津藩士で戊辰戦争では賊軍とされ亡国を味わった四朗には、アイルランド人の苦境がとても人ごととは思えなかったのだ。
 当時は帝国主義の時代でアイルランドに限らず、エジプトトルコなど被圧迫国の歴史に明治人は敏感だった。西欧列強が押し寄せるなか人ごととは思えなかったのだ。四朗には当時としては最新知識で著した『エジプト近世史』もある。

 つぎは『佳人之奇遇』の一節だが、原文は漢文体で自分には難しいので平泉澄の著作から引用する。
 ちなみに、明治青年が愛読し、暗唱した原文を味わうには『政治小説集二「佳人之奇遇」』(大沼敏男・中丸宣明校注)がお勧めである。

 私はアイルランドの者です。父は貿易商で莫大な富を持っていましたが、アイルランドがイギリスの悪政に苦しめられる見るに忍びず、独立の運動を起こしました。アイルランドでは戦死する者80万に上りましたが、かような不幸はひとりアイルランドのみでなく、今のヴィクトリア女王の即位以来、英領インドの人民の餓死した者は500万、
 これは英国の烈女ナイチンゲール女史の言による。女子は嘗て一書を著して、英領インドの惨状を痛論し、またクリミア戦役に看護をつとめた。

無理な戦を起こす事25回、財を費やす事7億5千万、
これは英国の賢明なる大臣ブライトの言による。1882明治15年、英国理由無くしてエジプトを討つや、ブライトはこれに反対したが、用いられなかったので断然辞職した。

『解説佳人之奇遇』平泉澄<佳人之奇遇 巻の一大意>より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »