« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

広報「新地」(福島県相馬郡)

 早稲田オーブンカレッジ「日本近代史」の前期最終日。東日本大震災に襲われた受講生が相馬から鉄道の代替えバスを乗り継いで仙台へ、そして上京、出席した。当ブログ2011.3.29“ひびけ天高く/鈴木正夫”の目黒氏である。
Photo  「広報しんち」7月号を持参、大館村に隣接する新地町(人口8,172人)の現状を話してくださった。惨状を聞くにつけ胸が痛く、無残な話に無力感に襲われるが、被災地の方々は感慨にふけっている暇はない。立ち上がらなければならないのだ。せめて頂いた広報誌の一部なりとも紹介して、復興へ歩み出した町の人を身近に思いたい。

 p2: 岐路に立ち復興へ歩みだす(写真:一面瓦礫の原、向こうに海)
 3月11日金曜日14時46分/三陸沖を震源とするマグニチュード9.0 震度6強の地震が新地町を襲った/~~気温4.7℃ 西南西の風/けたたましいサイレン音が町中に鳴り響く/~~15時40分 大津波が町をのみ込んだ

p5~13(各ページ左端): 震災から100日の記録
p6: 掲載写真:壊滅的な被害をうけた亘理線・常磐線新地駅や国道、公会堂、家屋他
p8: 避難所で生活、保健所、小中学校、公民館
p9: <立ち上がる>仮設住宅
p10: <前へ進む>懸命の捜索活動
p12: <助け合い>新地町のために
p14: 子どもたちの笑顔にホッ <一歩ずつ前へ><笑顔をとりもどす>
 
p16: ~~どの様に長い歳月がかかっても、どの様に困難な生涯があっても、私たちは力を併せて必ずやかつての自然も,実りも、笑顔も、我が手に取りかえすことをここに固くお約束いたします(新地町町長 加藤憲郎)
p17: 町内で活躍した自衛隊福岡第2施設群からの寄せ書き国旗「まけんな新地」
p18~22: 「東日本大震災による行方不明者の死亡届について」ほか、復興支援情報や日常各種お知らせと情報。
p23: 休館していた施設の一部利用など。農村環境改善センター(震災対応のため利用不可)、多目的運動広場(仮説住宅用地のため利用不可)
後ろ表紙: 新地町合同慰霊祭。遺族代表「やりきれない思いもあるが、今日を境に、少しづつ日常を取り戻していきたい」

 余談ながら、息子が大熊町に転勤していた10年前に生まれた孫、小学4年の誕生祝いをした。出産手伝いに行った大熊町、橋の上から川面をみると魚が泳いでいるのが見え、緑も濃くいいい町だと思った。立派な図書館があり閲覧室も広いばかりでなく風情があり、時間があればゆっくりしたかった。
 孫一家はまもなく戻ってきたが、当時3歳で中学生になった兄の自転車、書いてある住所は大熊町のままだ。原発事故がなかったら、いつもの夏のようにお友だちに会いにいっただろうに。大熊町の人たち、いつ帰宅できるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月23日 (土)

大正5年の東北学事視察、内ヶ崎作三郎・高杉瀧蔵

 明治期の新聞・雑誌を見るのは楽しいが、目当ての記事に行き着くには手間がかかる。地道にページを繰っていくしかないが得るものもある。『早稲田學報263号』1917年を見ていて「東北3県~」が目に入った。100年近く昔の東北の学校を視察した早稲田大学英文学教授二人の報告である。夜行列車に乗り翌早朝仙台着とあるから東北は遠かった。
 巻頭は「大正六年の初頭に立て教育を思ふ」大隈“総長”であるが、学事視察の時期は大隈重信が総理大臣、高田早苗が文部大臣の時期だった。記事のおおよそと長くなるが人名を残らず記す。3・11被災地の方々の縁につながる人名があるかも知れないと。

    <東北三県学事視察報告
          内ヶ崎作三郎(宮城県黒川郡)

 1916大正5年4月5日夜9時上野発6日早暁仙台着。県立第一中学校(校長・宗像逸郎)。校長は講道館の先覚者でもある。ちなみに高等師範学校・初代校長は会津の山川浩東京高等師範の校長は嘉納治五郎
 さて、美禰教頭と綿引政親、長阪正辰の英語授業、校長の修身、大泉重蔵の科学を参観。午後、雨天体操場で全校生に講演。伊沢平左衛門(早稲田・高橋清吾の親戚)と会う。
 4月7日、県立第二中学校(渡邊文敏)。朝比奈茂の英語授業を参観、午後は東北学院普通部を訪問、田中四郎らに近況を聞く。アメリカ人で仙台在住20年のゲルハルトの授業を参観、夜、出村悌二郎教授らと会食。
  4月8日、東北中学校の始業式。五十嵐校長式辞の後、私学の意義を説いて全校生徒を激励。同校の短艇部は全国的に、婦人教師亀田よね子は数学もって知られている。
 第二高等学校(武藤虎太)は母校で恩師の粟野、玉虫、杉谷、登張、土井諸教授とストーブを囲んで談笑した。夜は郷里の冨谷に泊まる。
 4月10日、仙台。久保熊治、松山秀美、日野忠吾、岩野軍治ほか校友と会い盛岡へ。盛岡駅の待合室、ストーブが盛んに燃えていた。
 盛岡中学校(前川亀次郎)。米原弘教頭、橘川、尾形、久水、小西教諭らの授業参観、午後は友人の島地雷夢の墓参り。校友の日戸、菅原、教諭ら7人で会食後、盛岡から尻内駅、乗換えて八戸町に向かった。
4月11日、八戸中学校(栗原英之助)。英語授業を参観、午後は講堂で約2時間心ゆくばかり語った。東善平教頭、山口繁安、小宮、堀の教諭らと会食、浅虫温泉に向かう。
 4月12日、青森中学校(岩崎雄吉)。英語と修身を参観し、昼食後、明田三太教諭と面会。その後、弘前に向かいプラットホームで小浜松次郎青森県知事と邂逅、旅行の目的を告げる。宿にて校友浪打、加藤、奈良坂教諭らと会食。
 4月13日、弘前中学校(粟野傳之)。校長は同郷人で20年ぶりに再会、その案内で各クラスを参観。英語教師の一人アメリカの老婦人はメソジスト派の女学校校長で、英語を教えに来てい、弘前中からは数学の教師が女学校に行っている。ここでも講演する。
 次に女学校に赴き授業参観、100名の女生徒に「婦人の使命」について講演。ついで物産陳列館、メソジスト教会前の本田庸一記念碑を見た。その夕は女学校の米国婦人達の晩餐会に招かれ翌日、弘前にから帰京した。

   <学事視察報告
          高杉瀧蔵(青森県弘前)

 10月19日、福島県郡山に赴く。和久屋旅館で菊池仲之介、松井清作教諭らと宿泊。
 10月20日、安積中学校(校長・川上)。英語教諭河野主任、星合次席、田村六郎、菊池、松井らの授業を視察。午後、講堂で英語演説を行った。上級生はおおむね、下級生もほぼ聞き取り得たようで満足した。英作文の教科書が乏しい、実力を養成できる方法をなど切望された。夜、福島に向かう。
 10月21日、福島中学校(長岡恒喜)。芦澤領助主任、内村巌(青山学院での教え子)、斉藤多三郎の英語授業を参観。授業の後、宿で懇談したかったが、「東北六県共進会」に出席する閑院宮夫妻がホテルに宿泊するためできず、山形県米沢に向かった。ちなみに「共進会」は明治の殖産興業政策の一つ、博覧会とともに各地で開催された。
 10月22日、日曜で学校は休み、教会で米沢中学教師の佐藤信純に会い、二人で英語主任・藤本豹太郎を訪ねた。地方に視察に来る者もなく疑問をぶつけられない事や英書、発音など英語に関する話をした。
 10月23日、米沢中学校にて5名の英語教師の授業を参観。午後、高等工業学校県立工業学校に行ったが英語の授業がなかった。
 10月24日、東北共進会が開かれ中学の授業がなく師範学校に赴いた。しかし堀口亀重教諭から英語の授業はないと聞かされた。師範学校で英語は必修科目ではなく、教師も一人だった。その夜、大館に向かう。
 10月25日、秋田中学校(名和長正)。大沢千亀主任、本郷良治、高橋武四郎、泉茂家の英語授業を参観、意見を述べ質問に答えた。その夜は故郷の弘前に泊まる。
 弘前では高等女学校および中学校を視察、浪打義也教諭ほかの英語授業を参観後、日本語と英語の演説をした。翌日は仙台に一泊、28日帰京した。報告の終わりは
・・・将来日本帝国および世界的に活動する人物を養成するため中等教育に従事するものの責任大なるを以て、最も之に適当なる教師を養成するの必要を感じ、予輩も益々努力奮闘(以下略)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月17日 (日)

“明治丸”と奥羽・北海道ご巡行

110715_161837_2      1876明治9年、明治天皇は奥羽北海道巡行の帰途、函館から“明治丸”に乗船して7月20日横浜に到着された。この日が「海の記念日」である。その明治丸が東京海洋大学越中島キャンパスに係留展示されている。
 写真:明治丸の向こうは海、「明治丸の航跡を求めて――海洋立国日本のあけぼの――展」(~7/18)開催の明治丸海事ミュージアム2階から見える。
  
 明治丸は明治7年イギリス・グラスゴーで建造された灯台視察船であるが、皇室ご用船に利用されるなどした。翌年、小笠原諸島の領有権問題が起きた際は、日本政府調査団をのせて横浜を出港した。この時の調書が小笠原領有の基礎ともなったという。

 海洋工学部の前進、古くは三菱商船学校で、さらに変遷があり今の東京海洋大学となった。三菱といえば西南戦争西郷軍と戦う政府軍の兵士を船で運んでいる。三菱商船学校があったから、素早く船も人も調達できたのだなあと気づいた。

 船といえば、青い海原、ロマン、広い世界といったイメージだが、明治丸の歴史を囓って、船それぞれ航跡は生々しい歴史と重なっていると感じた。
 ちなみに、奥羽巡行について、当ブログ「下北半島、広澤安任(青森・福島)2011.6.24」でも触れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月10日 (日)

明治苦学生の勉強ぶり、首藤隆三(宮城県)

   前回に引き続き内ヶ崎教授「早稲田校史の一挿話」(早稲田学報)から、北門義塾出身者談を記す。

 首藤隆三は1869明治2年、日本橋で開業医の薬局生を務めていた。明治天皇が京都より江戸の千代田城へ行幸となり、この行列を拝したいと医者に許可を求めた。
 しかし医者は不機嫌に
「お前のような朝敵(仙台藩出身)は生意気だ」と叱りつけた。首藤は不服で、早速荷物を纏めて家出して行列を拝んだ。行列は拝んだものの行く所が無くなり途方に暮れていると、塀に「早稲田北門社新塾 力役生募集」の張り紙があった。日本橋から早稲田まで、見物で疲れた足を引きずって行き、入塾する事ができた。

 授業は英語、漢文、数などであった。力役生(苦学生)の仕事は、元大名屋敷だった広くて長い廊下を毎日雑巾がけすることだった。学生の大半は貧乏書生で、夏は蚊帳なし、冬に綿入れや袷もない。それどころか布団もないから、浴衣を重ね着して陽当たりの良い庭で昼寝して、夜は徹夜で勉強した。

 首藤は1年半ほどで助教となり、3年で卒業すると1872明治5年、新潟の英語学校長として招かれた。この時、新潟県からの旅費を送別会、祝賀会で大半は飲んでしまった。
 金が残り少なく身なりも整えられず新潟の旅館に着くと、行灯部屋のような所に案内された。県庁に着任届けを出すと、烏帽子直垂、又は麻裃にて出頭すべしと返事が来た。
 宿に頼んで麻裃を借りて県庁にいくと役人がクスクス笑った。裃は女義太夫の着古しだったのだ。首藤は
「そんな事は屁とも思わず」辞令をもらって行灯部屋に戻った。宿の主人が首尾はどうかと聞くので、辞令を見せると顔色を変えて平身低頭してズリ下がり、縁側から落ちる騒ぎになった。
 県令から5番目の月給取りというので、女中を呼んで2階の松の室に案内、打って変わっての待遇となった。

 のち、首藤隆三は改進党の熱心な党員として宮城県改進党の中心人物となり、大隈重信の信任を得、高田早苗とも親交があったという。

 明治初期の苦学生、今では信じられないほどの貧しさと向学心である。それでもお金が入ればみんなで飲んでしまう。目先の金より、同士や友人、何と言っても志が大切だったよう。
 それにしても明治天皇の行列をクビになっても見たい。そんな人物をはじめて知った。今はテレビが何でも映し出し情報が氾濫している。昔はそこに行かなければ絶対見られない。カメラを通して見る、生で見る、どっちがいいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 7日 (木)

北門義塾創立者・柳田藤吉(岩手県/北海道)

   山東直砥に興味を抱いて調べている。参考:当ブログ過去記事/2010.2.8<英語塾と山東一郎(直砥)>
 その縁で、岩手県南部出身の柳田藤吉に出会った。赤貧洗うがごとしの境遇から、功なり名を遂げ、幕末明治の動乱を元気に生き抜いた。北海道出身の代議士となっても丸くならず異彩を放っていたらしい。明治の書物にちらほらでているが、面白可笑しく紹介されている。筆者はそれらを丸呑みしていたが、「半峰昔話」をヒントに『早稲田学報』を探したら、こちらの方が事実に近そうというのがあった。
 早稲田大学・内ヶ崎教授が北海道根室で柳田藤吉の孫養子にあって聞いた話を記述している。ちなみに『内ヶ崎作三郎の足跡をたどる』小野寺宏編著)には出ていない。

     大正15年9月10日発行「早稲田校史の一挿話」教授・内ヶ崎作三郎

 藤吉は1837天保8年12月 盛岡市七日町に生まれる。父・藤沢嘉兵衛の次男、幼名を徳助。12歳で商家に奉公に出された。まもなく黒船が来航して攘夷論と開国論が火花を散らして騒然となった。これをチャンスと捉えた17歳の徳助は奉公先を飛び出し、辛酸をなめるも江戸に着いた。

次は大阪、長崎にも行き、ペリーが再び来航したころ便船があり函館に赴いた。
 函館では柳家次郎右衛門の店で働き、やがて柳家の支店を与えられ柳田と改称、さらに藤吉と改名した。藤吉は幕府がペリーに下田・函館を開港すると約束したので長崎より函館を選んだのである。

 24歳の藤吉はイギリス船から大豆一千石の買い入れを頼まれ巨利を得た。さらに清国人に昆布一千石を売ったかと思うと、次は塩鮭を外国船を雇って東京に輸送した。

 戊辰戦争が始まると、庄内藩の北海道駐屯700名の藩士を自ら監督して酒田港まで送り届けた。また秋田藩のために武器買い入れに奔走した。
 かと思うと、政府太政官の命によりアメリカの汽船を雇い入れて横浜から青森方面に運送し、官軍の軍艦に供給した。

 融通自在の大活躍で、朝敵の藩にも政府にも御用商人となって財をなした。しかしさすがに心やすからずの心境となって、賊軍から設けた金を社会公益に費やしたいと福沢諭吉箕作麟祥に相談した。学校を起こす事が急務と教えられ利益4万8千両を提供した。
 学校はこの事業に賛成の三井家所有(元讃州高松藩下屋敷)の立派な建物が提供され、山東一郎が学校を管理する事になった。
 1869明治2年、北門社新塾として生徒を募集した。応募者が多いので、松本良順を迎え、山東と共同管理させた。

 塾の出身者には陸軍大将・福島安正、海軍中将・肝付兼行宮城県代議士・首藤陸三らがいるが、首藤の回顧談も興味深いので後日紹介したい。
 参考:過去記事/2009.9.13<カルチャーおばさんも福島安正も窓側>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 1日 (金)

宮中杖、大隈重信・柴五郎(佐賀県・福島県)

 早稲田大学には創立者大隈重信が歴史に刻んだ足跡をたどる常設展示室、大隈記念室があり,、たまに見学する。今日は大隈重信80歳が、大正天皇より下賜された“宮中杖(鳩杖)”を見て、柴五郎の宮中杖を思いだした。
 なお鳩杖を写真に撮りたかったが禁止、杖の握りに象牙だろうか白い鳩の彫刻が優しい。

 昭和20年12月19日 朝日新聞

 柴五郎氏(退役陸軍大将、福島県出身)
十三日 世田谷区玉川町上野毛の自宅で老衰のため死去、葬儀は十七日営まれた。
下関要塞司令官東京衛戌総督台湾軍司令官軍事参議官を歴任、宮中杖を差許された。

 五郎の死について自殺説がある。筆者は五郎の次女西原春子さんにお目にかかったが、その死についてお尋ねする事は出来なかった。次は『武蔵野』西原照子歌集1984年より

   日本の敗戦を知り日ならずして静かに逝きぬ祖父柴五郎

 二人の宮中杖の話をブログにと思って手元の資料をひっくり返していたら、折良く?下記の資料があった。

明治21年「壱大日記 壱」

件名: 柴中尉清国より朝鮮国旅行の件
作成者名称: 外務大臣 大隈重信
資料作成: 明治21年4月4日
組織歴: 陸軍省
範囲と内容: (以下『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』より抜粋)

 (1887明治20年、柴五郎は青木宣純とともに北京地図作製の密命をおびて北京に赴任した。青木は清国情報通で袁世凱の顧問をしたことも。なお日本国内では五郎の兄東海散士・柴四朗も参加した自由民権の大同団結運動などの動きがみられる)
 その翌21年、五郎は清国から朝鮮へ陸路を徒歩旅行をしていたが、中江という国境の地から朝鮮の義州へ入ろうとして、清国の護照(パスポート)に義州がなくて止められてしまった。この一件は近藤朝鮮代理公使から大隈外務大臣に
「柴中尉清国より朝鮮国旅行の件」として報告され、大山巌陸軍大臣に回送された。そして参謀本部、近藤代理公使と袁世凱の間で書簡のやりとりをした結果、
「学生・芝由吉」(五郎偽名)は無事に通行できた。袁世凱と近藤のやりとりに柴五郎の名はなく、芝由吉と書かれている。五郎は諜報に当たっていくつか偽名を使ったと話しているが、これもその一つのようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »