« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月27日 (木)

橋本徳壽、気仙沼で一首

              蒼浪の天に寄りあふ海とほく わがつくりたる船はゆきけむ

 橋本徳壽(1894明治27~1989平成64年)横浜市生まれ、造船技師、歌人。晩年の肩書きは、通商産業省中小企業近代化審議会中小造船業分科会長、94歳で死去。

 橋本を知ったのは『工手学校 旧幕臣たちの技術者教育』(茅原健・中公新書)を読んでである。「藤野先生」「マードック先生」それに「漱石も寺田寅彦の先生」と明治期の学校つながりで『工手学校』が目に入った。
 工手学校は私立工業学校の始まりで現在の工学院大学。学校の歴史は近代社会の歴史と重なり、創立に関わる名の知れた幕臣はもとより無名の人物も興味深い。が、そのうち取り上げることにして今回は、歌碑が天草島気仙沼国立公園にある橋本徳壽と気仙沼を少し書いてみる。

 橋本徳壽は家業が傾き苦学する。牛乳配達、新聞配達をしながら、国民英学会正則英語学校に通い、やがて工手学校造船学科に入学、卒業後は農商務省水産講習所助手となり、早稲田工手学校にも通った。
 やがて石川啄木の『一握の砂』に影響を受け短歌の道を歩み始め、歌集『船大工』や歌論など出すも造船技師はやめなかった。全国の海岸を回り、木造船の設計を手がけた。
 歌碑が天草島と気仙沼に、遠く離れた九州と東北にあるのはいずれも造船指導で滞在した土地だからである。『岩波現代短歌辞典』によれば、その作品は、生活実感をもとに端的に自己を表現するもの写実的な短歌という。

 ちなみに気仙沼は海に臨んでいるが、古くは漁業より製鉄が産業だった。しかし明治以降、産業の中心は水産業に変わり、帆走・手漕の小型和船漁労から大正期に発動機船が用いられるようになって急速に発展した。漁船・加工場の機械化の促進によって造船機械製作缶詰工場が発達した。
 造船技師として各地の職人、働く場を見つつ23歳で短歌を作り始めた橋本は 、戦中にあっても生活事実をみるリアリズムの目を失わなかった。その一首

     たたかえば勝つとたかぶる 人の子らの命無惨なる現実こそ見め

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年10月22日 (土)

『漱石の師マードック先生』平川祐弘/ 『オーストラリア物語』遠藤雅子

 前回「藤野先生」を書いていてふと「マードック先生」が浮かんだが、そのまま忘れた。それが何気なく手にした『オーストラリア物語』(遠藤雅子・平凡社新書)に、夏目漱石とマードック先生がでてきて、昔読んだ「マードック先生」を思い出した。

 『オーストラリア物語』<歴史と日豪交流10話>、この副題なら義和団事変で活躍したロンドンタイムス記者G・E・モリソン(『日露戦争を演出した男』)も出てくるかなあ。パラパラめくったら、あった!モリソンと友情を深めた柴五郎までも出ている。
 本書はオーストラリアが未知の大陸だった昔から現代までを分かりやすく纏めている。とくに第Ⅱ部では日豪、日本とオーストラリアの関係が興味深い。

 9話には日豪交流の曙時代、明治初期の日本で新聞「日新真事誌」を発行したジョン・ブラックや夏目漱石らを教えた教育者ジェームス・マードックが登場している。
 10話では義和団事変や日英同盟、シンガポール陥落、オーストラリアと戦争など。日本とオーストラリアの微妙な関係が描かれている。
 オーストラリアは2回も観光したが「かつてイギリスの植民地、ゆかりの地名がある」としか思わず、遠くこの地で日本が戦争などと日豪関係など考えもせず、無知だった。

 『漱石の師マードック先生』(講談社学術文庫)著者に比較文学の分野を教えられ、当時の自分には新鮮だった。
 マードックはスコットランドの貧しい家に生まれ、奨学金でアバディーン大学を卒業。次いでオックスホード大学、さらにドイツ、パリへ留学、24歳で母校のギリシャ語助教授に迎えられた。
 しかし、直に辞めてオーストラリア・クイーンズランド州グラマースクールへ赴任、間もなく校長となるが、又も辞めジャーナリストになる。

 中国に渡ると、移民船の様子や白豪主義のオーストラリアへ出稼ぎする中国人労働者の悲惨な状況を、ブリスベーンの週刊新聞に送った。漱石は社会主義の考えをマードックから影響受けたと言っている。
 マードックはやがて日本経由でオーストラリアに戻ることにし、途中、九州で大学時代の友人が教師をしていた日本に立ち寄る。このとき日本に魅せられ、御雇外人教師となることを決心する。
 そして1889明治22年、第一高等学校(のち東大教養学部)の英語、歴史の教師となり、夏目金之助(漱石)や山縣五十雄らの教え子と出会うのである。

 漱石「マードックさんは僕の先生だ。近ごろでも運動のために薪を割ってるかしらん」よく家に遊びに行った漱石は、痩身のマードックが健康のためといって薪を割る姿に親しみをもっていた。
 マードックは著述をし、勤務先の学校を変わるもそれなりの給与は得ていたが、苦学生を援助したり、貧しい人たちを助けるなどして質素な暮らしぶりだった。
 マードックと日本人のふれあいは学生だけではなく、尾崎行雄など一家で交際していた。1900明治33年ころマードックに会ったモリソンは「非常におもしろい、物をよく識っている男」と評している。 「日本における英国の隠者」マードック先生、漱石の死から5年後に死去する。
 開国まもない近代化日本を見、体験したマードック著『日本歴史』はどんな歴史観で記述されているのだろう。二人のふれあいに興味を抱いたなら『漱石の師マードック先生』お勧めです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月15日 (土)

魯迅「藤野先生」(現東北大学・仙台医学専門学校)

   10月に入り卓球の試合が重なってスポーツの秋を満喫、読書の秋をすっかり忘れていた。そんな折しも、
 毎日新聞「発信箱―――黄色い本の青春」(伊藤智永) 、「雑記帳―――東北大・魯迅展示室」(平本英治)を読み、本棚から、マルタン・ジュガールチボー家の人々』と『魯迅全集』を出して手に取った。
 すると、 読みふけった昔が思い出され、古びて埃っぽい本に白髪頭の自分が重なり、何がなしため息一つ。べつに昔に戻りたいとも思わないけれど、降りが強くなった雨が窓打つ音も相まってか、少し寂しい。

 現代人は教養小説は好まないらしく、ジャン・クリストフチボー家のジャックをさっぱり見ない。長編でもあり時代のスピードに合わないんだろうか。読書好きの共通の話題だったのに。平成の青春は何が共通なんだろう。

 魯迅阿Q正伝』は若い時より近代史をかじった今の方が、魯迅のいう「国民性の改造」を理解できそうだ。魯迅のうまれた時代、中国(清)は列強に植民地化されつつあった。清朝政府に対応能力は無く、家も没落した魯迅人は自活しなければならず、官費の修学コースを選んだ。

 やがて日本に留学、志望を採鉱学から医学に変更して仙台医学専門学校東北大学医学部の前身)に留学。そこで藤野厳九郎教授に出会い、恩師へ敬愛の情をこめて「藤野先生」を書いた。
 このほど、東北大に魯迅の足跡を伝える展示室が開設されたという。歴史をみれば「展示室を国際交流の場に」がよく分かる。

 ちなみに魯迅が東京から仙台に行った1904明治37年に日露戦争がはじまった。このころ魯迅は授業中、細菌を幻灯で見ていたがときに時事の幻灯も映し出された。

 ・・・・・・日本がロシアと戦って勝っている場面ばかりであった・・・・・・その中に、中国人がロシア軍のスパイを働いたかどで、日本軍に捕らえられて銃殺される場面があった。取り囲んで見物している群衆の中国人が「万歳!」手をうって歓声をあげた・・・・・・中国に帰ってからも、犯人の銃殺をのんきに見物している人々をみた―――ああ、もはや言うべき言葉はない。だが、このとき、この場所において、私の考えは変わったのだ。(「藤野先生」訳・竹内好)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 7日 (金)

『北京籠城日記・回顧録』 服部宇之吉(福島二本松)

 前出の義和団事変、日本を含め8カ国も連合して戦ったのに“戦争”でなく何故“事変”なのだろう。事変を辞書でひくと
事変=宣戦の布告のない戦争行為。日華――」とあり、今さら、そうなんだ。
 義和団事変翌年の発行『東洋戦争実記・第二十編・北清戦史』(1901東京博文館)は、実体どおり“戦争”“戦史”となっている。
 さて、義和団事変は帝国主義時代の西欧に素敵な日本人を知らしめた。柴五郎はもちろん義勇隊員となった服部宇之吉博士もその一人である。二人の『北京籠城』『北京籠城日記』は平凡社・東洋文庫53にあり、今も読み継がれている。

 服部宇之吉(1867慶応3~1939昭和14年)
 二本松藩士の三男、戊辰戦争で父は戦死し、母も病死した。赤ん坊の宇之吉は叔父に引き取られた。養父は藩主に従い米沢に逃れ、宇之吉は養母と城外の農家にひそみ官軍の逮捕を免れた。のち上京し学業に励み、東京帝国大学哲学科卒業、文部省に入り高等教育会議幹事を歴任した。

 主な経歴をあげると明治32年から中国北京に留学、このとき義和団事変に遭った。帰国後『北京籠城日記』を刊行、のち、還暦記念に「回顧録」を籠城日記の附録として出版、一義勇兵として体験などを記している。
 はじめて暗夜の歩哨に立ち怖ろしかったこと。柴五郎中佐の伝令の軍務は、危険きわまりない勤務で、清国兵の弾丸とびかう砲火の下をくぐり外国公使館へ連絡した。また外国指揮官との間を往復し、狙撃されたこともあったなど回顧している。
 その後、ドイツに留学、1902明治35年、清国政府からの招聘で北京大学堂内の師範館の主任教授となり、中国教員を養成した。帰国後、東大教授。1915大正4年ハーバード大教授となる。
 退官後は東方文化学院長のほか、斯文会・日華学会を主宰、中国の礼の思想の体系化につとめた。著書は『清国通考』『北京誌』など。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 1日 (土)

壁新聞ふたつ(宮城県石巻、中国北京)

   3月11日の東日本大震災から半年過ぎた9月、「石巻日日新聞」が“国際新聞編集者協会”(本部オーストリア)から特別表彰されたというニュースがあった。
 「石巻日日新聞」は宮城県石巻市を中心に発行している地方新聞で、津波の被害にあって印刷が出来なくなった。しかし、「電氣がなくても紙とペンがある」と手書き新聞を作った。その壁新聞を目にした被災者は、どんなにか心強く思ったことだろう。記事の送り手は創刊99年の新聞の記者、情報を信じたことだろう。

 唐突だが、大事態の混乱のさなかの壁新聞で会津人柴五郎が遭遇した北清事変中の掲示板を思い起こした。
 北清事変とは1900明治30年に発生した中国義和団の反乱事件に際しイギリス・フランス・ロシア・アメリカ・イタリア・ドイツ・オーストリアそして日本の8カ国が連合して闘った鎮圧戦争である。
 当時、西太后が君臨する清国は日清戦争に敗北して賠償金を支払うため、外国に鉄道敷設や利権を求められていた。賠償金は農民や労働者の肩に重くのしかかり、義和団の反乱がおこり鉄道やキリスト教会を襲った。反乱は広がりついに北京にまで押し寄せ、8カ国公使館がある区域を砲撃、反乱軍に政府軍もまじって大変な激戦になった。
 その戦いで柴五郎は大活躍、英米ほか8カ国の籠城者を纏め、指導して援軍が来るまでの3ヶ月間を戦い抜いたのである。
 明治半ば、日本人は西欧列強から友人扱いされないような所もあったが、籠城戦で柴五郎は外国人の人望を得、ひいては日本人が見直された。
 柴五郎は軍人としても人間としても誰からも好かれ、情報を得ることにも長けていた。五郎が得た情報はイギリス公使館の掲示板に大きく貼り出され、籠城者に信用された。困難な時ほど、紙とペンは人の助けになるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »