« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

フランス革命と自由民権と東海散士と

 フランス革命についてにわか勉強していたら、明治の自由民権運動や秩父事件との係わりがでてきた。明治人が日本の運命と重ね合わせて世界の動きをみていたのは『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』を書いているうちに知ったが、フランス革命までさかのぼるとは思わなかった。
 秩父事件について『ロベスピエールとフランス革命』著者、井上幸治『秩父事件』(中公新書)があるが筆者は未見。以下はにわか勉強のレポート一部分。

 河野健二『フランス革命とその思想』の<フランス革命と明治の革命>に興味をもった。中江兆民や自由民権運動を新たな方向から見ることを教えられた。

 民権思想家・中江兆民のフランス留学はよく知られるが、他にも欧米に留学した者はかなりいる。兆民の『三粋人経綸問答』の洋学紳士のモデルとして知られる馬場辰猪はロンドンに留学し帰国後自由党幹部として活躍するが、のち追われるようにアメリカに渡る。馬場はアメリカ滞在中、アメリカの新聞に激しい日本政府批判をたびたび投書、監視者は辰猪の記事を伊藤博文に送り報告していた。

 ほかにも政治家で明治のベストセラー作家・東海散士柴四朗会津若松市立会津図書館(福島県)に寄贈した洋書中に、ユゴー『九十三年』(NY 1874)、『ヴォルテール』(NY 1872)があるように、明治の知識人、自由民権家たちは直接間接の違いはあれ、翻訳でなく欧米の著述でフランス革命を理解したと思われる。

 開国日本に押し寄せる欧米列強を前にして、心ある日本人は「旧体制を打ち破ったフランス国民を認め、革命を評価し学んだ」。そして実践しようとした。しかし、
「明治の革命はフランスのような民主主義的な革命ではなかった(河野健二)」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月17日 (木)

株式会社のはじまりオランダ東インド会社

Photo    東京証券取引所国会議事堂の見学に行った。東京近辺の人ばかりかと思ったらJR主催だからか、東北から参加の女性がいて感心した。
 夜、バスに乗って朝、東京駅に着くなり早速見学。その夜とんぼ返り、往復バス代一万円とか。元気と好奇心があれば秋田東京も近い。

 国会は現在TPP問題で悩ましい。その様子を議事堂内のテレビで横目に見ながら、小学生らに交じって衆議院と参議院の本会議場を見学した。さすがに古びていて歴史を感じたが、無人の議場では感慨がわかない。

 東京証券取引所こと東証も昔のニュースで見たような立会場での売買風景は消え、コンピューター売買となり電子掲示板に表示されるばかり。人の気配がない。
 写真は株価のニュースなどで見られる「丸い電光掲示」で来場者へのサービスで設置されたもの。
 上の赤い文字、回転してるので文字は読めないが銘柄と株価が表示されている。この日はゆっくり回っていたがときどきスピードアップ。取引が 活発だと早く回転する仕組みだ。が、お察しのように近ごろ回転が遅い日ばかりとか。
 “がんばろう日本”“TOPIX”の周囲にいるのは取引ではなく、不正を監視している人たち。

 株には興味もお金もなく縁がないが、株券の始まりが400年前のオランダ東インド会社と聞いてそっちが気になった。
 東インド会社はヨーロッパ諸国が貿易と植民地経営のため設立し、中でもオランダとイギリスの会社が、ついでフランスが、規模も歴史的役割も大きかった。
 <東インド>というのはヨーロッパ側からみた言葉で、地理上の発見による<西インド>と区別して古来のインドをこうよんだのだ。

 オランダとイギリスはアジアで貿易独占権と軍事の主導権を争った。日本に関してはオランダが勝ち、江戸時代を通じて貿易を独占した。長崎の出島オランダ商館はその傘下にあった。鎖国日本とはいえ、絶対主義、重商主義時代のヨーロッパ諸国と無縁でなかったのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年11月11日 (金)

岩手県立農業大学校(胆沢郡金ヶ崎町)

    東日本大震災で困難に遭ってる人に何も力になれない。せめて福島、岩手、宮城を思ってブログを書くようにしたら興味深いことがたくさん。今では、東北にはどんな人物が、江戸から明治にかけて何が起きたなど掘り起し紹介するのが楽しみになっている。

Photo_2  岩手県立農業大学校に興味をもったのはその変遷にある。学校の前身は1898明治31年に誘致された陸軍省軍馬補充部六原支部で最盛期には約3000haの原野を利用し、1000頭近い軍用馬を育成していた。

 明治31年と言えば日清戦争から3年、日露戦争まであと6年、戦争が遠くない時代だ。“戦争と馬”を実感したのは柴五郎福島県会津・のち陸軍大将)の軍歴を調べ中、防衛研究所図書館で日露戦争「奉天会戦戦闘当時職員現在表」(写真)」を閲覧してである。

 柴五郎は日露戦争に野戦砲兵第十五連隊を率いて出征、連戦中に負傷した。写真はその時の表(明治38.2.27~3.11)で、
「死」「傷」それぞれに将校・下士兵卒・の数が記載されている。激戦で砲兵中尉1人と下士兵卒5人戦死、負傷は連隊長柴五郎を含め35人、馬7頭。下欄には戦死、負傷者氏名、また右下には二等獣医と三等獣医の名がみえ馬も戦力がよくわかる。

 やがて昭和になり軍馬補充部は廃止、県立六原道場が設立された。道場は国粋主義と徹底した勤労精神教育で全国に名をとどろかせた。第二次大戦後は六原農場に生まれ変わり、六原営農大学校に発展。のち蚕業講習所・旧農業短期大学を統合し新農業短期大学、さらに1996平成8年に岩手県立農業大学校となった。この変遷はまるで時代を映す鏡のよう。

 大学校は300haの広大なキャンパスをもち、実習農場や花卉センター、農業研修館などの研修施設、家畜舎・付属図書館が整っている。
 2キロ先に相去(あいさり)村長を務めた桑島重三郎記念館があり、軍馬補充関係資料など収蔵展示されている(『岩手県の歴史散歩』山川出版社)。
 
 ちなみに岩手、農業学校というと宮澤賢治を思うが、賢治が卒業したのは盛岡高等農林学校(現岩手大学農学部)のほうである。農学校建物は「岩手大学農学部付属農業教育資料館」となり、賢治在学中の資料も展示されている。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月 6日 (日)

1192(いい国)作ろう鎌倉幕府、実は1185(いい箱)?

 中学1年の孫の授業参観にいった。何十年ぶりに見た中学社会の教科書はA4サイズ、カラフル、大型で年表・地図は元より肖像画も見やすそう。副読本なのか厚手の史料集もある。
 黒板を見ると線描の二人の武将らしき人物が二人。先生が「誰か分かる?」質問すると「頼朝」「義経」と答えが返ってきた。先生、「解ってもらえてよかった」。
 こうして鎌倉幕府について授業が始まったが、教科書にある肖像をわざわざ手描きするのは生徒に集中してもらう工夫なんだなと思った。
 
 鎌倉幕府と言えば、まず「1192作ろう鎌倉幕府 」。この日も私ばかりでなく参観の親たちにも懐かしいフレーズだろう。感慨にふけりそうになった所で先生が「1185とする説もある」と付け加えられた。説明を聞いてなるほど。

 1192(建久3)年、源頼朝、征夷大将軍となる。
 1185(文治1)年、頼朝の奏請により、諸国に国地頭を置き、兵糧米の徴収を許す(『新版 日本史年表』)
 頼朝は邪魔になった義経の捜索逮捕を名目として勅許を得、守護地頭を設置し有力御家人を任命。という訳で1185年こそ鎌倉幕府のはじまりといえそう。
 
 ちなみに1185年は文治1年で、*寿永3年でもある。この年は7月京都大地震、8月東大寺大仏開眼供養などもあり、歴史にのこる事件事柄がおきている。
 *寿永は安徳後鳥羽天皇時代(1182~1185)の年号。

 参観を終えて、近現代ばかりに目が向いているせいか歴史の大きな流れを忘れている自分に気づかされた。先日、「日本の近代を19世紀として括る」という大学の先生に「大まか過ぎるのでは」と感じたが、そうでもないかも知れない。歴史を見る目はいろいろあった方がいい。それにしても歴史好きの中学生、どのくらいいるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月 1日 (火)

五日市憲法草案・千葉卓三郎(宮城県)

Photo  文化の日と言えば文化勲章が授与されるが等級はないそう。第1回は物理学者、天文学者、歌人・国学者、洋画家、日本画家の9人が受賞。その中に幸田露伴がいるとは知らなかった。勝手に、勲章を貰わない人と思っていた。
 ところで、ふと、文化ってなんだろうと思い『国語辞典』(旺文社)をひいてみた。

①世の中が開け進むこと。文明開化。 ②人類が自然を材料とし、一定の目的にしたがって理想を実現していく課程。

【参考】 狭義には「文明」は技術の発展を中心とする物質面の成果をいい、「文化」は人間の精神的な価値の成果をいう。
 

 辞書にある「文明開化」、歴史をかじる者としては明治の初め近代化を急ぐ日本が思い浮かぶ。当時の日本は欧米の近代的技術、社会制度、風俗習慣を取り入れるのに大忙しだった。そして新日本の基本となる組織が必要となり憲法起草の動きが広がった。憲法案が幾つも残されている。
 中でも有名なのが一般民衆の学習成果が内容に反映された五日市憲法草案、西南戦争からわずか4年後、早くも人権保護規定が入っていたと言うから驚く。

 その憲法案を指導したのは自由民権家の千葉卓三郎(1852嘉永5~1883明治16)である。卓三郎は仙台藩士の長男で戊辰戦争に参加。のち江戸や横浜で儒学、キリスト教などを学び五日市の勧農学校教員となる。そこ東京の西部、三多摩で学習結社のブレーンとなり、同士の協力を得、憲法草案を起草したのだ。
 若き千葉卓三郎を中心とした無名の人々や他の地方でも憲法起草に関わった民衆は、理想の実現に向かっていった。
 それから130年、文明は進み便利になったが、原発事故のような怖ろしい災難をもたらしている。その一方、人間の精神的文化の方はどうだろう。 

 写真は愛用の辞書類。『近現代史用語辞典』(安岡昭男編・新人物往来社)はひきやすく簡潔で便利。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »