« 『佳人之奇遇』と高橋太華(福島・二本松藩)  | トップページ | 釜石港の水深図・柳楢悦(やなぎならよし) »

2012年1月29日 (日)

柴五郎報告にみる資本主義列強なかま入り日本

 卒論「柴五郎とその時代」の諜報報告コピー綴りを見て、今さらだが“その時代=帝国主義時代”の認識が薄いと思った。西欧の第二次産業革命は資本を蓄積、軍事技術もまた飛躍的に進歩し、植民地分割争いをおこした。欧米帝国主義列強はアメリカとスペインの米西戦争にはじまり南ア戦争などでアフリカや太平洋諸島の領有を1900年代に完成させると、次はアジアに押し寄せた。
 日清戦争に勝利した日本が遼東半島を獲得すると、同じく中国に領土的野心を抱くロシア・フランス・ドイツが武力を背景に三国干渉してきた。続く日露戦争に勝利した日本は国際舞台に登場、帝国主義列強に仲間入りを果しすでに植民地も獲得した。

 柴五郎は列強に仲間入りした日本の軍人として、米西戦争はじめ世界各地の現場から参謀本部に諜報を送信した。それら極秘報告を世界の動きと照らし合わせて読むと世界のなかの日本が分かる。大げさかもしれないが、史資料を遠くから見ると理解が増すようだ。
 柴五郎極秘報告は日清戦争を前に朝鮮半島から中国国内を探索したもの、獲得したばかりの台湾上陸時の状況、上海における孫文の動静などなど防衛研究所図書館で閲覧できる。以下は当ブログ記述、その他報告。

  米西戦争: 「柴五郎の諜報報告/秋山真之」米西戦争カリブの海へ。観戦武官としてアメリカに派遣された二人、柴五郎砲兵少佐と秋山真之海軍大尉についての挿話(200912.20記)。
  義和団事変: 同上の「その他の諜報」(2009.12.20記)。
       「義和団事件における柴五郎の活躍」(2011.12.9記)

M31   ファショダ事件: ファショダ(スーダン南東部・コドク)1898アフリカでイギリス・フランス軍が衝突し、のちにフランスが譲歩して妥協が成立した。それを英国大使館付き砲兵少佐柴五郎は「ファショダ事件英仏葛藤の一段落」と題してロンドンから日本に報告(左写真)。
 同じ報告の中に「英国ノ東洋政策及日英同盟二関スル意向」。清国の威海衛に「*支那人ヨリ成ル英軍隊ノ新設」(右写真)について記している。*中国。今は用いない。
M31_2
 威海衛: 日本は日清戦争の賠償金支払いの担保として威海衛を占領していたが、イギリスは日本の保障占領が終わり撤退すると、すぐさまここを占領し威海衛の25年租借を清国に承認させた(『帝国主義の展開』中山治一)。この時イギリスが現地の中国人で軍隊を編成しようとし、五郎はそれを報告、日本も台湾でどうかと考察している。
 イギリスの威海衛租借はロシアの旅順大連租借、ドイツの膠州湾租借に対抗するためで、日本に負けた眠れる獅子中国は列強の領土分捕り合戦の場となってしまったのである。

|
|

« 『佳人之奇遇』と高橋太華(福島・二本松藩)  | トップページ | 釜石港の水深図・柳楢悦(やなぎならよし) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571785/53852701

この記事へのトラックバック一覧です: 柴五郎報告にみる資本主義列強なかま入り日本:

« 『佳人之奇遇』と高橋太華(福島・二本松藩)  | トップページ | 釜石港の水深図・柳楢悦(やなぎならよし) »