« 『柳宗悦と朝鮮』 | トップページ | 『<通訳>たちの幕末維新』木村直樹 »

2012年2月24日 (金)

2.26事件、斎藤実(岩手県水沢)

 先に柳宗悦を記したが、柳は朝鮮民族美術館開設にあたって
―――斎藤実朝鮮総督を訪れ、美術館建物として景福宮内の観豊楼ほかの建物を総督府から借用
―――ソウルの「李朝陶磁展」に斎藤実が訪れ寄付をしたなどで柳を[文化統治」に関わった、また利用されたのではないかと批判する議論があった。
 その議論はおいて斎藤実は宗悦の父、柳楢悦海軍少将の後輩であり、妹の夫は総督府官吏であったから、柳の行動は大目に見られ展覧会場の借用にあたって優遇されたかもしれない(『宗悦と朝鮮』)。

 斎藤実の名を覚えたのは、明治陸軍の財布を握り男爵にまで昇進した野田豁通(熊本)の縁から。野田は書生の面倒をよく見、後進の少年に倒幕派、佐幕派といった差別をしなかった。野田の世話になった者は斎藤実と同郷の後藤新平(南満州鉄道初代総裁)、柴五郎らが知られる。

 斎藤実(1858安政5~1930昭和5)は水沢藩士小姓頭・岩手県警察官斎藤耕平の長男。海軍兵学校6期。アメリカ公使館付武官の後、海軍参謀本部、侍従武官から秋津洲・厳島などの艦長をした後、海軍次官兼軍務局長と軍政畑を歩き西園寺内閣のとき海相に就任した。この頃、イギリス駐在武官として赴任する柴五郎とパーティで同席

―――(1906明治39年5月)林董外相公邸で催された午餐会。その日の出席者はイギリスの初代駐日大使マクドナルド、北京公使勤務を終えて帰国する途中に日本に立ち寄ったアーネスト・サトウ、ロンドン大使として赴任する小村寿太郎、寺内正毅陸相、斉藤実海相ほか日英の人々。

 斎藤は内閣五代にわたり海相をつとめ日露戦後の海軍の軍備拡充を推進、大将に昇進した。1907明治40年男爵、1919大正8年朝鮮総督。斎藤が赴任したのは三・一独立運動の盛んな朝鮮で、馬車が南大門にさしかかったとき朝鮮人から爆弾を投げつけられたが無事だった。斎藤は武断政治から文化政治へ転換を図ったが治安体制は整備強化した。

 日本国内では1932昭和7年5月15日海軍青年将校等による政府転覆事件がおきた。官邸に押し入った海軍青年将校と陸軍士官学校の生徒らは「話せばわかる」という犬養首相に「問答無用」と発砲したのである。この5.15事件により首相は斎藤実にかわった。斎藤は前朝鮮総督・海軍大将、政党政治家の犬養毅首相の死で政党内閣の時代はわずか8年で終わってしまった。
 斉藤首相は挙国一致内閣をつくり、満州国の承認を急いだが、政党・軍部・官僚三者の均衡をはかる政権維持はうまくゆかなかった。また、疑獄事件(帝人事件)に巻き込まれ大蔵官僚ら多くの逮捕者をだし内閣総辞職に至る。

 内大臣となった翌1922昭和11年、2.26事件がおこり「君側の奸」とされ暗殺された。
 2月26日未明、陸軍の皇道派将校によるクーデターで、青年将校らは「昭和維新」を唱え1400人を率い斉藤実内大臣や高橋蔵相らを殺害したのである。

 事件から71年を過ぎた2月26日、岩手県水沢の斉藤実記念館でアメリカ映画「浮かれ姫君」が上映された。斉藤首相は25日に葉山の別荘に行く予定だったがグルー・アメリカ大使に招かれ映画を鑑賞、帰宅が遅れ別荘行きをのばし難にあったという。
 ちなみに映画は公爵令嬢と傭兵隊長の恋物語。修行時代貧しかった斉藤は海軍の元勲令嬢と結婚しているので、つい身分違いの恋物語に見入って帰りが遅くなったのだろうか(毎日新聞/雑記帳)。

|
|

« 『柳宗悦と朝鮮』 | トップページ | 『<通訳>たちの幕末維新』木村直樹 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571785/54064816

この記事へのトラックバック一覧です: 2.26事件、斎藤実(岩手県水沢):

« 『柳宗悦と朝鮮』 | トップページ | 『<通訳>たちの幕末維新』木村直樹 »