« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月25日 (日)

明治弁護士、菊地武夫(岩手県)

 二泊三日ツアー。ブルートレイン夜行寝台に揺られ車中泊。朝、大阪駅から有馬温泉、神戸異人館巡り、神戸港をクルーズし大阪泊まり。翌日は奈良公園、大仏様と鹿にも会って名古屋城へ。城の石垣、積み方が江戸城のようにきっちり?してないのが気になった。
 ツアーならではあっち見こっち見、忙しくも楽しいを味わい新幹線で帰るのに駅へ。卒業式シーズン、名古屋駅構内は袴姿の女子学生が次々やってき夕方の混雑が華やいでいた。
 明治の昔、卒業は厳かな式次第のみ?それとも次へのステップ門出の喜びであふれてた?菊地武夫が卒業した1875明治8年の東大卒業式はどうだったろう。

 菊地武夫は1854嘉永7年7月28日、岩手県盛岡に生まる。『岩手県国会議員列伝 私撰投票』(村上繁次郞著・明治22/近代デジタルライブラリー)には、「幼ニシテ奇抜ノ行為アルヲ以テ世人神童ト称ス」とあり、11歳で儒者・江幡五郎に入門し漢籍を学んだ。
 師の江幡五郎は吉田松陰らと交際があり修文所を設け藩の子弟を教育していた.。が、戊辰戦争がはじまると学問所を閉め奥羽列藩同盟の牛耳をとる。武夫少年は家に戻ると藩の小豆隊に入った。
 盛岡藩は洋風の練兵をし子弟を15歳以上と以下の二つの組にに分け訓練した。人はこれを豆隊・小豆隊とよんだ。武夫の父・仙介は目付役として隊伍を組み相馬に出張したが、のち秋田との境を固める。しかし戊辰の戦は終わり世は明治と改められる。
 1869明治2年、武夫は「もう侍ではやっていけない」と勉学の志をたて父を説得した。しかし学資は貰えないまま上京。その時の武夫を墨堤隠士は記す。
―――嚢中また一物の貯えとてもなし、行程積んで一百里、その堅忍や称すべく、その不撓や賛すべきである、今日の飽食暖衣の少年また以て如何となすか(『明治人物の少壮時代』明治31/近代デジタルライブラリー)。

 上京したものの宛のない武夫少年を憐れんだ南部藩目付役が南部英麿の近侍として推薦してくれた。勉強に励んでいたが英麿が帰国となり武夫も仕方なく英麿に従い郷里に帰った。
 翌年、官費出京を命じられ再び上京。武夫は伊藤庄之助に英語を学び、ついで大学南校・開成学校(東大)で法律を学ぶ。同クラスに鳩山和夫(政治家・弁護士)がいた。

 1875明治8年卒業。留学を命ぜられアメリカ・ボストン大学に入学。法律を学び学位を受け、そのまま同地に留まり憲法議院法を研究、また裁判所に入り訴訟の実地や代言弁護の講習も受けた。
 1880明治13年、アメリカからイギリス・フランスを回って帰国、のち法学博士の学位を得る。
 その他おもな経歴。
 1880明治13年、司法省雇/14年、代言人試験委員・東京大学法学部講師/17年、司法省書記官/19年、司法大臣秘書官/20年、司法大臣北海道及び奥羽巡視に随行。
1885明治18年、英吉利法律学校(中央大学)を創立した法律家18人の一人。中央大学初代学長。東京弁護士会会長もつとめた。その人となりは
―――温厚篤実にして・・・・・・弁舌明確一言にしてよく錯綜の乱麻を解く 君常に人に語て曰く法律は実地応用の学なり 然るに学者往々空理に失して之が適用如何を顧みざる者あり 豈亦戻らずやと 以て君が実理の高見を知るに足るべし(『明治弁護士列伝』(明治31東恵仁編・周弘社/近代デジタルライブラリー)。

 当ブログでこれも東北、仙台藩士の子で裁判官、大審院判事に勅任された佐藤郁二郎(2011.8.13/8.15)をとりあげたが、今回の菊地武夫といい戊辰戦争で敗者となった側の子弟の勉学の困難さと努力にただ頭がさがる。時を経て大震災、原発事故がおき、今また東北の方達が志を果たすには大きな困難を乗り越えねばならなくなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月18日 (日)

青森-大阪・ブルートレイン15時間

Photo  “ブルトレ「日本海」最後の勇姿に殺到(毎日2012.3.17)” ラストランの前日、新幹線で青森へ行った。サヨナラツアーで、寝台特急「日本海」乗車、写真は車掌さんにもらった乗車証明。
 雪の青森から琵琶湖を過ぎて春めいた大阪まで寐たり起きたり、1000km乗り通した。
 車内はもちろん駅や積雪の沿線にも大小カメラ、老若男女の鉄道ファン鉄男鉄子さんだ。鉄道ファンでない私たちおばさん姉妹、その熱心さに感心するばかり。

 寝台車に乗るのは大昔に中学時代からのペンフレンドを訪ねるため、成人式の着物いらないからとお金を貰い、ついでに九州一周して以来だ。今はもう無い3段の寝台の一番上、狭い上に天井に頭をぶつけたのが忘れられない。今や毛布に浴衣の用意まである。春休みらしい高校男子の浴衣姿、可愛らしかった。

 寝台車の歴史『近代日本総合年表』(岩波書店)でみると、社会欄に3件。

 1900明治33年4月、山陽鉄道。1等寝台車の使用開始。10月、東海道線でも使用。
  この年2月、田中正造、足尾鉱毒につき衆議院で質問演説。8月(清国・義和団戦争)日本軍各国連合軍と共に北京城内に進入、公使館区域を救援。

 1903年明治36年2月、山陽鉄道で初めて椅子式簡易3等寝台車(無料)を使用。官設鉄道3等定期券を発売(従来1・2等、学生3等のみ)。
 この年4月、桂首相・小村外相・伊藤博文・山県有朋ら、京都に会合、対露策を協議(翌年、日露戦争)。

 1944昭和19年4月、国鉄1等車・寝台車・食堂車を全敗、急行列車削減。
 この年6月、マリアナ沖海戦(日本海軍空母・航空機の大半を失う)。7月、東条内閣総辞職。

 たった3つの寝台車がらみの事項、3つとも政治欄には戦争が載る。とくに1944年に至っては戦局悪化、神風特攻隊・B29の東京空襲。酷い状況なのに、戦争は翌年に原爆投下されるまで続いた。
 鉄子ならぬ歴子/歴婆のせいか、ブルートレインから話がそれた。でも戦争となれば、鉄道は兵士を運ぶから鉄路と戦争は無関係でもない。それにしても、東日本大震災は戦争に劣らないほどの恐ろしい被害を東北や関東にまでもたらした。東北の方たちが楽しい旅に出る日が早いように願う。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月11日 (日)

東日本大震災からきょうで1年

 1年経っても復興の進んでいない被災地の状況ばかり伝わってきて無力感に襲われる。
 昨年の大地震当日。1月に夫を亡くしたばかりで役所に手続きに行くため、娘と駅前で待ち合わせしていた。地震直後、駅前広場は人であふれかえり、携帯はつながらず、なかなか会えなかった。
 どうにか落ち合い、娘の運転で小学校へ孫息子を迎えに行った。信号がつかない交差点は怖かった。その晩、母子で停電のわが家に泊まってくれた。パパは帰宅困難で会社に泊まった。やがて生活はもとに戻った。

 それが被災地では、多くの方が未だに不自由な生活を強いられている。それのみか故郷へ戻れない方も多い。 なんといってよいか、言葉にならない。せめて応援の気持ちで心を寄せていきたい。
 会津若松市に役場をおいている大熊町、大熊の図書館から本を1冊も持ち出せないのです。住まいや生活ばかりか慰めとも励ましともなるものまで奪われたのです。きっとこのようなことはたくさんあるでしょう。どうか復興の進みが早まりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 6日 (火)

宮古湾の海戦、『日本軍事史』『箱館戦争写真集』

 まもなく3月11日。あの大震災に原発事故まで加わった怖ろしい大災害から1年がたつ。ドキュメント画像の惨状を見るたび茫然、でも目が離せない。何もできなくて・・・・・・家が全壊!泣く泣く故郷を離れた、仮設住宅に一人住む、被災の困難を思いやるばかり。
 岩手県[宮古港戦跡碑](当ブログ2011.12.03)がある辺りは回復したでしょうか。戊辰戦争の最終段階で蝦夷全域を占領した旧幕府の榎本軍は、新政府の最新鋭海軍が北上してくると聞き、艦船奪取を決行しようと函館を出港、宮古湾に赴いた。
 湾内に停泊する新政府の軍艦に戦いを仕掛けた海戦を伝えている本がある。一冊は宮古海戦を詳しく、もう一冊は全体の流れの中で触れる。

 『日本軍事史』(高橋典幸山田邦明保谷徹一ノ瀬俊也 吉川弘文館)は、
「古代・中世」弥生時代から古墳時代の戦争にはじまって「戦国時代」「近世」「近代」そして「戦後」の冷戦下の再軍備/対米追従か/国際貢献か/にまで、資料に基づいてコンパクトだが確かに纏めている。
 宮古湾海戦ころの【海軍艦船表】をみると、榎本軍と新政府軍の軍艦が分かる。ダントツなのが幕府がオランダから購入した開陽丸2590トン・大砲26門だが、この時すでに沈没して影も形もない。残る3艦で軍艦奪取は無理なのではと思うが・・・・・・後世の後知恵、勝手な事が言える。
 ちなみに、老朽化した咸臨丸は帆走輸送船に改造された。

 巻末に【図版一覧】があり、吉野ヶ里遺跡の「首のない人骨」から「イラク派遣の自衛隊員」まで148枚もある。また【年表】を眺めると明治以降、外国と戦争するようになったのが一目瞭然、そして現代、湾岸戦争など海外の戦争と無縁ではいられない現実も。
 自分は柴五郎砲兵中佐を好きになり明治の陸軍に興味があり、読んでみようと思ったが「軍事史」を読もうとする人は少ないかも。でも歴史好きには興味深い本と思う。

『箱館戦争写真集』(菊池明横田淳 新人物往来社)は宮古湾の海戦について、艦船の写真はもちろん、箱館を出港した榎本軍の回天蟠龍高雄の3艦が寄港した鮫港(青森県八戸市)・山田湾大沢港岩手県山田町)・閉伊崎(岩手県閉伊郡)・鍬ヶ崎港宮古市)・藤原海岸(同)の写真もある。

 港ごとの説明、航路図、戦死した甲賀源吾の絵姿(新撰組隊士・中島登描く)、墓碑や記念碑までと、宮古海戦が至れり尽くせりに紹介されている。
 勝算を期せず志に殉じた当時の人々が見た風景や建物を写しとり、読者に紹介してくれている。それにしても、港や海岸の写真風景は何処もおだやかで美しい。大津波に襲われた湾や海岸線、現状はどうなっているだろう。 
 本書は、書名の箱館戦争はもちろん、五稜郭土方歳三などの豊富な写真、古写真もあり、丁寧な解説がついている。そして戦死者ゆかりの寺や墓碑の写真は執筆者の心持ちを伝えている。

      *****

「宮古市」湾河口に水門計画(2012.3.7 毎日新聞・岩手県の現状)
  東日本大震災1年

 ・・・・・・はがれたアスファルトは舗装し直され、真新しい信号機が点滅を繰り返している。半面、一帯が浸水した商店街は一部がシャッターを下ろし、半壊のままのガソリンスタンドもある。市役所前を流れる閉伊川が注ぎ込む宮古湾は、何事もなかったように穏やかだ。
 県はその河口に、防潮堤をかさ上げするのでなく水門を設けようとしている。

 水門計画については住民の議論が活発の様子。主要産業の漁業は少しずつ震災前の姿を取り戻しつつあるが、復興には遠い。 「計画に沿いしっかりとした街づくりをしていく」(市長)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 1日 (木)

『<通訳>たちの幕末維新』木村直樹

Photo  先だって、幕末に来航したアメリカのペリーやロシアのプチャーチンを書き出しにした折しも『<通訳>たちの幕末維新』(木村直樹著・吉川弘文館)を見つけた。斜め読みのつもりが引き込まれて一気に読んでしまった。

 鎖国日本は次々と現れる諸外国と否応なく交渉しなければならない。しかし体制は整っておらず通訳も少ない。どうしたってドタバタ、通訳の育成も急を要するからたいへん。
 通訳者自身もそれまでのオランダ語のみではすまない。英語・フランス語・ロシア語その他必要に迫られ学ばなければならない。条約の翻訳や軍事・技術・文化を知らないと訳せない言葉・事項も多い。この本は豊富な史料を駆使してその状況を浮かび上がらせてくれている。有名無名の通訳者たちの生活までも垣間見せてくれ、それも面白い。

 表紙は外国人と日本人が談笑するカラーの絵、ピストル片手の西吉十郎と二本差しの森山多吉郎という通訳二人の白黒写真の組み合わせ。これだけでも通訳の存在が浮かびあがり、その仕事にいっそう興味がわく。

 長崎海軍伝習所にもオランダ通詞が動員された。オランダ海軍将兵によって海軍伝習がなされたから、学生の授業理解を助けるのに通詞も授業を受けねばならなかった。
 勝海舟柳楢悦らが授業を受けたときの「伝習掛通弁」は岩瀬弥七郎本木昌造西吉十郎ら15名。しかし江戸や函館・下田へ派遣される者もあり実際はもっと少なかったらしい。
 伝習所通詞には造船・運用と船具とか担当があり、楢林栄左衛門の担当は航海と算術だった。柳楢悦や小野友五郎は楢林の通訳を得て学んだかも知れない。

 また、オランダ通詞や通訳者らその後の人生も時代と無縁ではない。藩や幕府から新政府へ、学問の世界や英語教師など教員に、もっと積極的に事業を始める者など様々であった。本木昌造を活版印刷で知っていたが、オランダ通詞だったと本書で知った。
 通詞の写真中に後の「東京日日新聞」主筆・福地源一郎(桜痴)のもあり、右手を握り拳にきりっとした立ち姿をみると西南戦争に従軍、記事を送稿し続けた若く元気な記者がイメージできた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »