« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月27日 (水)

異郷の蛍雪、山川(大山)捨松(福島県)

1871明治4年秋、岩倉具視全権大使・木戸孝允大久保利通伊藤博文ら使節団百余名がアメリカの郵便船で横浜を出港した。条約改正予備交渉、諸外国の制度・文物の調査などを目的とし1年9ヶ月の世界一周旅行で12ヵ国を回覧したのである。
 一行中に女子留学生、永井繁子(益田孝・妹のち瓜生海軍外吉大将夫人)、津田梅子(津田塾大学創設者)、上田貞子、由松亮子、山川捨松(のち大山巌大将夫人)がいた。10歳前後の5人の少女たち、長い船旅のエピソードは
―――小言を聞くは岩倉公、病気などの時親切なりしは大久保利通さん、遊びにいって面白かりしは伊藤博文さん(『続当世活人画』)

 その年、柴五郎は上京したものの困窮、元会津藩家老格・山川家の世話になる。真冬に浴衣姿の五郎、山川夫人は渡米中の捨松の振袖の袂を短くし着せてくれた。五郎少年はそれで寒さをしのぐことができた。

 アメリカで岩倉遣外使節団がヨーロッパ出発した後、少女らは森有礼駐米公使の世話でいったん公使館に引き取られた。その後、捨松はエール大学に留学していた兄・山川健次郎(のち東大総長)の近く、ベーコン牧師の家に寄宿し勉強した。

 はじめ官立中学校、のちニューヨーク・ヴァサー大学で4年間学んだ。卒業論文「日本に対する英国の政策」は優等生の論文として賞賛され日本の外務省も翻訳したほどである。
 滞米中、捨松は日本語を忘れないように、当時留学中の田尻稲次郎三浦和夫(鳩山)、原六郎箕作佳吉などと会っては努めて日本語をつかった。

 1883明治16年、捨松帰国。山川門下の若手や柴四朗氏らが条約改正のため捨松を欧米に派遣して至る所で演説せしめたら妙ならんと主張するほど嘱望(『続当世活人画』)。

 帰国後の捨松は社会、女子教育に志をもち、結婚を急がなかった。しかし帰国の翌年、薩摩の大山家に輿入れした。
 世の中が変わったとはいえ、会津藩家老の娘が仇敵ともいえる薩摩の軍人に嫁し、また小説『不如帰』の意地悪な継母のモデルとされて、捨松は世間の冷たい目にさらされた。洋行帰り、それも女子はもっと珍しい時代であったから興味本位や悪意で見られることもあっただろう。が、それにしてもなぜ年齢差もあり、敵同士でもある家に嫁いだのか。

 益田社長の御殿山邸は、永井繁子さんが社長の姪ゆえ、かの洋行帰りの娘連は、広い邸内を遊び場に、津田梅子、山川捨松さん方が運動も活発に、新しい女性を発揮していた。 捨松さんも颯爽と、ラケツトを演っておられた。そこへ見えたのが、先夫人を亡くなされた大山さんで、フト捨松さんを見染められた。
「彼の女こそ、をいが妻に貰ひ受けん」と、益田社長に、結婚媒介を申込んだ。これには社長も当惑。捨松さんは憂鬱であつたが、兄の山川浩さんが、上長官の懇望に、之を拒み得ないで承諾したから、妹の捨松さん、巌にからまる蔦かつら、これが一行中一番出世の大山元帥の配偶捨松夫人であつた(三井物産の寺島昇)。

 当時日本は行きすぎた欧風化が目に余る情況であった。東京麹町内幸町に建てられたイギリス人コンドル設計の鹿鳴館は欧化熱の象徴ともいえ、そこで舞踏会や婦人慈善会などが開かれていた。華やかな舞踏会はエピソードに事欠かない。その一つに「恋の伊藤博文」があり、鹿鳴館の花形戸田極子との噂で世間を賑わした。
 大山巌夫人捨松も花形の一人であった。洋行帰りの女性が能力を発揮する職場がないような時代にあって、鹿鳴館は多少なりとも活躍できる場所だっただろう(『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』)。  

 大山夫人となった捨松は先妻の3人の子と自分の生んだ3人、6人の子を隔てなく育てた。捨松が学んだ大学では体育が重視され、水泳もでき欧米流の家庭教育にいかしたが、会津武士の家風も忘れることはなかった。
 看護についても学んだから義妹が手術すると日夜看病に励み「名医ありとも、この介抱なくてはわたしの命は難しかりし」と感謝されるほどだった。
Photo_3
  参考:近代デジタルライブラリー『続当世活人画・名士と閨秀』(佐瀨得三 春陽堂・明治32.11.22) /  『名媛と筆蹟』中村秋人著 博文館 明治42.12.18(奥付の写真、大橋新太郎発行、当ブログ2012.6.7大橋図書館)

 余談: 来年のNHK大河ドラマは新島八重とか。友人に「明治の兄弟」に八重がでてくるか聞かれた。残念ながら出てこない。なぜか、自分がみた資料では、八重は新島襄の弟子たちに悪く言われてる。当時は女子が出過ぎると正しいとしても、良くは言われなさそう。かといって調べる余裕もなし、悪口をそのまま書く気にもなれず、新島八重は割愛した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月20日 (水)

愛誦の楽しみ、土井晩翠(宮城県)

 新聞その他コレと思ったのは切り抜く癖があるが、ソレが行方不明というお粗末なことがたびたびある。先日も落合直文(父は仙台藩士)作「孝女白菊の歌」について、白菊の父は西南戦争に云々というのがあったはず・・・・でも見つからない。中高生のころ頂いた本、修養全集『修養文藝名作選』(昭和4/大日本雄辯講談社)に落合直文の《孝女白菊の歌》がありお気に入りだった。土井晩翠《星落秋風五丈原》も載っていて好きだった。

 「修養全集」とはいかにも戦前、刊行月1929昭和4年3月の事項をみると「衆議院、治安維持法改正緊急勅令事後承諾」、7月には「政府、張作霖爆死事件の責任者処分発表」とある。全集はその時代に読まれた、又は推された著作者を網羅しているかのようだ。意外な名前もちらほら見えるので作者名のみピックアップ。

 小説―――国木田独歩・菊地幽芳・武者小路実篤・櫻井忠温・加藤武雄・菊池寛・和気律二郎・滝澤馬琴・三浦修吾・尾崎紅葉・村上浪六・豊島與志雄・樋口一葉・芥川龍之介・福永渙
 挿絵―――小村雪岱ほか11名
 戯曲――岡本綺堂・坪内逍遙・松居松翁・佐藤紅緑・幸田露伴・山本有三・林久男・倉田百三
 挿絵―――本田穆堂ほか6名
 詩文―――中村幸也・川路柳虹・花園緑人・土井晩翠・千家元麿・正富汪洋・落合直文・野口雨情・森鴎外・時雨音羽・西条八十・福田正夫・生田春月・白鳥省吾・税所敦子・北原白秋・金子光晴・徳富蘇峰・大庭耶柯公・荻原井泉水・相馬御風・鶴見祐輔・五十嵐力・竹越三叉・正木不如丘・和田垣謙三・新渡戸稲造・永田青嵐・三宅雪嶺・大町桂月
 書簡―――和宮・山縣有朋・木村重成の妻・後藤秀子ほか
 漢文・漢詩―――諸葛亮(孔明)・李密・頼山陽・吉田松陰・佐原盛純・野田笛浦・木戸松菊・斎藤監物・梁川星巌・物徂徠・西郷南洲
 琵琶―――勝海舟・吉水経和・阪正臣・今村外園・高松春月
 義太夫―――近松門左衛門・竹田出雲
 挿絵―――井川洗崖ほか12名

  土井晩翠といえば「荒城の月」だが、『三国志演義』上下(平凡社・中国古典文学大系)の愛読者なので、「星落秋風五丈原」を愛唱した。

  祁山悲秋の風更けて 陣雲暗し五丈原
  零露の文は繁くして 草枯れ馬は肥ゆれども
  蜀軍の旗光なく 鼓角の音も今しづか
  丞相病あつかりき(後略)

 各章末の繰り返し“丞相病あつかりき”を声にするたび、丞相・諸葛孔明を思いやりウルウル。今どき、明治の詩歌を愛誦、暗唱する人いるだろうか。夏目漱石や森鴎外が現代語訳されるほどだから滅多にいないかも。

 土井晩翠(1871明治4~1952昭和27) 家は代々の富裕な質屋。
 父は和歌や俳句の嗜みがあり、晩翠はこの父から「水滸伝」また「日本外史」四書五経の素読を教えられ文学に目覚めていった。晩翠の西洋の窓となった一つが日刊新聞『自由の燈』とも。 
 斎藤秀三郎の仙台英語塾(当ブログ2012.5.20明治・大正期の英語学者)、第二高等中学校で六年間、東京大学英文科。島崎藤村とならぶ詩人として注目され藤村とは対照的に、漢文脈の雄渾な詩風と思想詩的内容で青年の心をとらえた。
 1901明治34年、晩翠作詞、滝廉太郎作曲「荒城の月」ができた。この年、晩翠は私費でヨーロッパ外遊、帰国後、二高教授となる。
 著作『天地有情』『イーリアス』(訳詞)ほか。「荒城の月」詩碑:仙台城址、会津若松城址。
 芸術院会員、文化勲章受章、仙台名誉市民。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月13日 (水)

神のような人、秋月悌次郎(福島県会津・熊本)

 幕末、いきなり動乱がはじまった訳ではないから、各藩には江戸の昌平黌(幕府の昌平坂学問所)を目指す者がいた。入るのも難しい昌平黌で会津藩・秋月悌次郎(韋軒)は「舎長」を務めた。そこには会津の友人南摩羽峰岡鹿門(当ブログ「幕末の大阪で塾を開いた漢学者・仙台藩」2011.5.21)、のち天誅組の総裁として戦死の松本奎堂らの姿もあった。

 それから10年余、秋月は京都守護職となった藩主の命をうけ会津藩公用方として、1863文久3年攘夷をめぐり、公武合体派尊皇攘夷派が京を舞台に暗闘を繰広げる京に赴いた。
 ある日、公用方が同居するその宿所に、薩摩藩士高崎猪(佐)太郎井上弥八郎が来、広沢富次郎柴太一郎手代木直右衛門らも加えて密議、「武力で長州藩士を京都から追放する態勢をとったうえで、一気に攘夷派公卿の一掃」をはかることにした。

 薩摩と会津は内勅を得ると人数を繰出し御所と九門を固めた。長州藩が御所に詰めかけると、市民は「すわ戦争」と郊外へ逃げ出した。公卿屋敷も避難がはじまり、婦女子は「荷物を背負い裸足のまま」御所を出ていった。「八月十八日の政変」である。
 会津・薩摩両藩を中心とする公武合体派が、長州を中心とする尊攘派を京都から追放、長州藩は追い落され、三条実美ら公家七人は都落ち。ところが公武合体派の勢力は長く続かず、会津は長州から「会津は正面の敵」とされる始末。

Photo  時勢は転変、戊辰戦争がはじまる。秋月は、会津藩の中心となり戦うが敗れ、熊本藩に修身禁固となる。しかし1872明治5年特赦となり左院議官、太政官出仕をへて、のち東大、第一高等学校、熊本第五高等学校の教師となる。
 五高の同僚ラフカディオ・ハーンから「まことに神様のような人」と讃えられている。そのゆくたては『秋月悌次郎 老日本の面影』(松本健一 辺境社)にくわしい。同時期、夏目漱石も英語を教えていた。漱石とくれば寺田寅彦が・・・・と人の輪が広がるがきりがないので、話を秋月に戻す。
 秋月は賊軍となったとはいえ明治期に活躍していない感じだが、松本著述を読み「そうなのか」。また人情の機微は難しいとも思った。
―――戊辰戦争も終盤、猪苗代口から若松城に迫った板垣退助に降服の議を申し入れたのが、秋月と手代木の二人だった。誰かがしなければならない役をしたのだけれども、白虎隊など会津の華と考える会津人からよく思われなかったらしい。
写真の文書は近代デジタルライブラリーから。

 廻り合わせが悪かったのか分からないが、功なり名遂げた有名人物より秋月のような人物に惹かれるものがある。秋月悌次郎を思う人は他にもいて、『会津藩儒将 秋月韋軒伝』(徳田武 勉誠出版)がある。この徳田著と前出の松本著とは雰囲気が違うが、それぞれ興味深い。
 徳田著は、秋月の学歴、経歴が詳しく、岡鹿門、高崎佐太郎らのエピソードもある。また、詩文の現代語訳がありがたい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月 7日 (木)

上野・東京図書館/樋口一葉、大橋図書館/大橋佐平

 1880明治12年、東海散士柴四朗28歳は岩崎弥太郎の従兄・豊川良平の仲介で三菱からアメリカ留学の資金を得、サンフランシスコに向かった。はじめに商法学校に通い、翌年ケンブリッジに移ってハーバード大学に入学した。
 ハーバード大学図書館は蔵書が多く充実してい、恵まれない学生にとって貴重な知識習得の場である。四朗はハーバードで政治経済を学んだが、翌年フィラデルフィアに移りペンシルバニア大学で学位をとって帰国。
 四朗は図書館のありがたみを忘れることなく会津若松図書館創立の際、蔵書のほとんどを寄贈、それは現在も閲覧できる。

 さて当時の日本の図書館事情はいかに。
 1875明治8年、東京書籍館が開館されたが、西南戦争による経費節減でいったん廃止、のち文部省に移管され1880明治13年、東京図書館となる。四朗がアメリカでハーバード大学図書館に通っていた年だ。それから10年後、樋口一葉(0872明治5~1896明治29)は上野の東京図書館に通い詰めていた。

 一葉の図書館通いがはじまるのは、明治24年6月からだが、自分の仕事部屋ももたず、蔵書も満足ではない一葉にとって、そこは、唯一開かれた近代の知の盛り場といってもよい (中略) 一葉が図書館でのびのびと振る舞ったことは日記などから十分推察される。
 時間があれば、上野の東京図書館へ・・・・・・小説の種さがしもさることながら、一人で読み書きに没頭する時間と場所が切実に必要とされたのだろう(『樋口一葉をよむ』関礼子・岩波ブックレット)。

 東京図書館は1897明治30年に帝国図書館となる。この数年後、私立図書館が開設される。
  明治期最大の出版社「博文館」創立者・大橋佐平(新潟県長岡1835天保6~1901明治34)は、かねて民間の図書館開設に熱意があった。
 片腕の坪谷善四郎と息子新太郎は佐平没後、1902明治35年に大橋図書館を開設させた。
 いらい、大橋図書館は芥川龍之介菊池寛埴谷雄高ら独学する若者たちの強力な味方となった(『民間学事典・事項編』三省堂)。
 会津若松図書館創設の際は、東大総長・山川健次郎(旧会津藩士、兄・山川浩、妹・捨松)の紹介で帝国図書館、そして大橋図書館を視察・研修している。

 ちなみに、柴兄弟は太一郎、四朗、五郎ばかりが知られるが、三男・柴五三郎は志を遂げられず、結果的に家族を守り支える事になった。彼の覚え書き「辰のまぼろし」原本が会津若松図書館に保存され、蛤門の変、戊辰戦争など当事者の見聞を今に伝える。
 あまり達筆ではない五三郎の手跡をみていると親しみがわき、幕末明治がそう遠くない。図書館にはこうしたナマ原稿はもちろん新旧の書籍がたくさん。どこの図書館にもある本の山、いわば宝の山だ。大事にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月 1日 (金)

勝手口からみる日清・日露戦争

  ときどき国立公文書館の特別展にいく。活字でしか知らない条約の原本など公文書や絵図を見、「これがそうなんだ」とただ感心して帰ってくるだけだが、興味深い。その公文書館は耐震工事中とかで別の場所で2012.4.25講演会があった。

    大濱徹也講演  「公文書館の世界
    ―――議事録には、苦すぎる真理がたくさんありすぎる―――
 聴いてかなり刺激を受けた。せっかくの講演、レポートしたいが内容がありすぎて纏められず以下、項目のみ。
Ⅰ)Archivesはどのようなものとしてそんざいしてきたか
Ⅱ)現在、どのようにいちづけられているか
Ⅲ)記録資料の保存管理はどのようであったか
Ⅳ)集積された知的情報資源は誰のものか
Ⅴ)対論熟議はいかにすれば可能か
Ⅵ)検証する文化が政治の覚醒を可能にする
 *参考文献: 大濱徹也『アーカイブスへの眼』(刀水書房)ほか

 さっそく講演者の著作を読んでみると、資料に基づいた庶民の戦争、実際に戦った兵隊や残された家族の有様が写し出されている。ここで『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』だすのは気が引けるが、日清・日露戦争を描くとき、できるだけ兵士や残される女性たちの思いを伝えようと心がけた。「坂の上」でなく「坂の下」を。
 しかしながら下記の二著作に、「坂の下」どころではない激戦の渦中にあった兵士の実情、遠征の重荷、家族や寡婦がさらされた無惨を教えられた。たとえばほんの一例を『明治の墓標』より

 <戦時下の村―――予備兵招集の悲惨>
 ▲病気にても起こりしや:小生の近所の米屋に宿舎する兵士が三度の食事をいつも余す問えば、兵士は涙を流して我は三度の食事を無事に得るも、故郷の妻子はさぞや三度の食事にも困り居るならんと、それを思えば半分の食事も咽を通らずと申せしよし戦勝に酔うて万歳を唱ふる国民は此声を如何に聞き候や(起雲)[平民新聞]

大濱徹也『明治の墓標』1990年河出書房新社改題『庶民の見た日清・日露戦争』帝国への歩み((2004年刀水書房)
大濱徹也『日本人と戦争』歴史としての戦争体験(2004年刀水書房)

大濱徹也:勝手口からみる日清・日露戦争: “けやきの便り”『江戸東京年表』
http://blogs.yahoo.co.jp/keyaki_natu10/14147108.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »