« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月28日 (土)

蛙の詩人・草野心平(福島県いわき市)

 小学4年の授業参観、子どもたちがいろんな「あ」を発声していた。楽しい「あ」と担任がいうと、声を揃え元気よく「あ!」。悲しい「あ」、うれしい「あ」。あ一つでこんなに表情豊かに感心。
「では次に教科書を開いて」と先生。子どもらは、春になって蛙がうれしがる詩を、感情をこめて繰り返し読む。次に「お母さんたちの方を向いて暗唱しよう」と先生。子どもたちはにこにこ顔で、草野心平の蛙を暗唱。「ああ春だ♪ うれしいな♪」にウルウル。おばあちゃんはこういうの弱いよと涙をこらえていると、若いママたちも涙目。せいいっぱい拍手、大人にも楽しい授業でした。

    新氷河時代 
 
第五の氷河時代がいつかまた。
おとなしい地球にくるだろう。
南や北の極からじりじりと。
空気もひび割れ。
青ガラスの陣陣で迫ってくるだろう。
そうして蛙たちは死ぬだろう。
人間たちも死ぬだろう。
けれども蛙たちは死に絶えず。
人間たちも生き残るだろう。
二つも三つも氷河の時代を経験した蛙たちは。
矢張りなんとか生きのこって。
たとえばそうだ。嘗て蛙は。
タクラマカン砂漠のなかの草の河で。
へディンを死なせず生きる契機を与えて死んだのだが。
生きのこっていたから水たまりの水と一緒に協力してへディンを死から救ったことはたしかである。
おだやかな地球に動植物は繁栄し。
蛙たちも鳴きつづけた。
(おだやかでないのは核や爆弾。)
(颱風圏。)
とは別にジリジリとやがて。
第五の氷河時代はくるだろう。
          (『草野心平詩集』蛙のうた 岩崎書店2003)

 草野心平=蛙の詩人、のどかな詩人を想像していたが、とんでもなかった。半端ではない生涯とその時代。関わった人物も多様で広範囲、想像してたより深く大きい。どこをアップしたらよいかわからないが取り上げてみた。以下『コンサイス学習人名事典』(三省堂)・「毎日新聞」2012.7.21記事から。

 草野心平(1903明治36~1988昭和63)福島県いわき市上小川町に生る。同県川内村に心平ゆかりの「かやぶきの天山文庫」小さい図書館がある。心平がこの村にモリアオガエルを見にきたのが交流のはじまりで石川達三棟方志功らも来るようなった。
 2011年の原発事故でほとんどの村民が避難していたが、今年7月も「天山祭り」を開催、草野心平を今でも慕う村民が多いのだ。

 慶応大学を中退後、1919大正8年中国に渡り、広東の嶺南大学に学ぶ。
 この頃から詩作をはじめ詩誌「銅鑼」を創刊、帰国後の第1詩集「第百階級」(昭和3年)が認められる。

詩には新聞社校正係、焼鳥屋、貸本屋など職業を転々とした体験が生かされ、庶民の生活感情やバイタリティがよくでている。<>の詩が多く、擬声音をよく使うのが特色。
代表詩集に『定本・蛙』『富士山』『天』など。戦時中は5年間、中国で南京政府宣伝部の仕事をした。戦後も旺盛な詩作を続け、小説や随筆など多くの著作がある。

 その他。『草野心平詩集』(岩波文庫1991 入沢康夫編)解説中に、「第百階級」に高村光太郎がつけた序文あり。
 全7巻の膨大な『草野心平日記』(思潮社2006)第7巻解説によると、校歌の作詞は95校にもなり地域は地元の福島県が49校、東京都26校、長野県13校で東北地方全体では土井晩翠に次ぐ。
 前出、岩崎書店の心平詩集の略年譜は心平の生涯を見渡せ宮澤賢治萩原朔太郎らとの交流が興味深い。むろんいいことばかり無い。 大正8年16歳
―――県立中学校を4年2学期で中途退学。校内における先生のいびりと成績のガタ落ちですでに放校寸前。退学し上京することに決めたの例もある。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年7月22日 (日)

明治の少警視そして青森県知事・佐和正(仙台)

 先だって有楽町で映画「白磁の人」の人を見た後、「ドローイング&小品展」安原有香さんら11人展にいった。若い世代の前衛的と愛らしさが交じる感性に刺激をうけて画廊「羅針盤」を出、角を曲がったら警察博物館が目に入った。隣の映画館でたまに映画を見たが、博物館は気づかなかった。明治期警察の展示があるかもと入ってみた。
 
 明治のはじめ、警察は今と違って軍事的色彩が強かった。しかし社会変化により新しい制度を作ることになり、1874明治7年、内務省は東京警視庁を設置した。庁舎は鍛冶橋門内・元津山藩邸におき初代の長は川路利良で薩摩出身(1834天保7~1879明治12年)。

 この年は西郷隆盛ら征韓論分裂による政治情勢もあり警察は首都不安の取締りにあたる。やがて佐賀の乱がおき各地で反乱が続きついに1877明治10年西南戦争が勃発した。
 ちなみに川路は西郷に可愛がられ、このとき動向が注目されたが、陸軍少将兼大警視・川路は東京の警察官を中核に、徴募巡査など計9500名で別動第3旅団を編成、参戦した。この新政府軍に戊辰戦争で敗れた元藩士が加わり「戊辰の仇」と西郷軍に斬りかかった。
 展示品に警視隊が使用したスナイドル銃や錦絵があり、砲声が止むまで8ヶ月もかかった戦闘を垣間見せる。

 さて西南以後、武力での反抗が力尽き言論活動が活発になると、自由民権運動が盛んになり取締る側も制度を整える必要があった。川路は警察権の確立につとめ、警察制度を整えるのに尽くした。
 1879明治12年、川路は再び欧米各国の警察制度視察にでかけるも病を得て帰国した。随行の佐和正が視察の紀行『航西日乗』をまとめた。この『航西日乗』3巻は近代デジタルライブラリー http://kindai.ndl.go.jp/ で見られる。

 警察博物館展示: 佐和正少警視肖像、自筆経歴書、フランス語メモ、オーストリア・ウイーンの新聞(1880.3.14)イラスト日本の警察高官は佐和正のもよう。おそらく川路の帰国後、佐和が一行を率いたのだろう。次は佐和の経歴書から
 錦鶏間伺候・従三位勲三等・東京府平民・旧仙台藩・1844弘化元年正月生・1870明治3年6月より8年3月弾正史生・12等出仕、以下略。

 展示の『警視庁百年の歩み』(昭和49)を参考に詳しく見ようとしたが市販されてない。後日、東京都庁・情報ルームへ見に行き、今さら警視庁は東京の警察機関を実感。

 佐和正を検索してみると「伊達安芸家臣の血判状」と『警察手眼』があった。
 血判状は仙台藩伊達家の一門、伊達安芸宗重が伊達式部宗倫と境地争いをしたとき、家臣もまた主人安芸と運命を共にすべく神明に氏神に誓った血判状。佐和正・伊達邦宗旧蔵。

 「警察主眼」1876明治9年(校閲佐和正)55頁、金10銭。
 警察官の心得、身分等級から探索の仕方が書いてある。目をひいたのが

―――官員ハ元来公衆ノ膏血ヲ以テ買ハレタル物品ノ如シ。故ニ其値ニ適当ス功用ヲ為サズンバアル可カラズ。若シ此功用ナキ者ハ其買主ナル公衆ニ疎マレヌ・・・・・・

 この文言通りに実行されたかは知らないし、自由民権運動と司法、警察を並べると新聞紙条例とか讒謗律といった取締りが浮かんでくるが、この精神は今も必要かと。

 さて、ヨーロッパから帰った佐和は1885明治18年、伊藤博文(長州)特派全権大使の清国差遣に随行。翌年、内務権書記官に任ぜられ、1888明治21年12月、青森県知事に任命される。

 『地方長官人物評』1892明治25(大岡力著)
―――仙台藩の微臣にして後藤正左衛門と称す。維新の初め英学を修めるも身を商事にたてんとするもならず、官途につく。しかし自身の罪ではないのに犯罪の嫌疑をうけ獄に投じられる。
  警視庁に入り川路に可愛がられるが、三島通庸(薩摩)が総監となるや疎まれ、前内務大臣・品川弥二郎(長州)により内務省に転身。

 青森県知事になった佐和は、前知事・鍋島幹の政策を排斥し大同派(1892年の自由党)の歓心を買おうと、同党の方針を政策としたが、かえって軽んずる所となれり――略――今後の方針上、大いに猛省する所なくして可ならんか。

 なかなか手厳しいが、人物評にはこれも仙台藩士の子で実業家の東京府知事・富田鉄之助以下多数あり、全部をよめば著者・大岡力の傾向がわかり事実に近い事を描いているのが、捻っているのか分かるかも。これも近代デジタルライブラリーで読めるので興味のある方はどうぞ。

 佐和正の青森県知事を知って、あることに気づいた。『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』の柴太一郎青森県下北郡長であったとき佐和が県知事として赴任してきたのだ。
 役職の年代が重なる時期があり、どちらも内務省に属していた。知事と郡長、会議で会うこともあっただろう。そう考えると、思いがけない所で、太一郎の上司にであった思いだ。
 佐和は『航西日乗』のほかに何か書き残したものはないのだろうか。

 明治維新後、武士は藩からの援助を得られなくなり、自分で自分を養っていくしかならなくなった。帰農する者、商業につく者さまざまだが、官途につけば敵であった薩長土肥の下で働かなければならない。しかし後世が思うより上司がかつての敵側の人間でも、時代が変転、感情的にならず割り切って仕事したかもしれない。佐和の経歴をみてそう感じた。
 それに江戸の教養、能力は無駄にはならず仕事はできたから、頭、長になれずともけっこう出世していったように見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年7月16日 (月)

鉄道・ハイからさんのロンドン小唄

 ♪ ハイからさんのロンドン小唄(1874明治7年7月20日・新聞雑誌)

  一ツとや、 人のしかれし龍動(ロンドン)は、往還左右はペブメント、ペブメント(敷石道)二ツとや、文のやりとりぞうさなく、ビルロルポスト(郵便箱)にテレガラフ、テレガラフ(電信機)
  四ツとや、 よくもできたる土地の中、蒸気車のオンドルグロートン、グロートン(地中掘貫鉄道)
  八ツとや、 役々揃うて大議論、集まる所はパリヤメント、パリヤメント(議事院)
  十一とや、 市より田舎に至るまで、ニウスペープル(新聞紙)売りあるくプハボーイ

 イギリスから帰国途中、留学生が太平洋上の船中唄ったという数え歌。1874明治7年と言えば、板垣退助・副島種臣ら民撰議院設立建白書を提出、「朝野新聞」「読売新聞」創刊の年である。
 ロンドンではすでに11年前から蒸気けんいん方式の地下鉄道が開通していたのである。そのころ日本は、新撰組が京の町を闊歩していた幕末動乱のさなかである。

 近ごろ大学の公開講座がさかんであちこち行くが、理数系はさっぱりで、講義について行けない。が、先日、東京理科大学で「鉄道旅情編」があり行ってみた。それで世界で一番古いロンドンの低下鉄に目がいったのだ。

 講座の前半は“JRの路線を全線完乗した鉄っちゃん”こと宮村和夫氏。
 スライドを見、話をきいて旅にでたくなった。また化学分析の教授から聞く放射能の数値について「観光に行ける場所は心配するほどでは無い」は説得力があり、いつか東北にと思ったのは私だけではなさそう。

 後半は「世界の鉄道」。講師は新幹線を海外に売り込む仕事をされていてインドから帰国したばかりという秋山芳弘氏。
 実際に世界の鉄道を乗り継いだ人の話は深い。レジメにある数々の列車の写真、乗り心地や環境を聞いてどれにも興味津々、行間からその国の情勢が垣間見えたりする。鉄道の種類ばかりか軌間(ゲージ・レールの内側の幅)の違いも改めて教わりながら、鉄道を敷く意義や葛藤、重要さを改めて考えさせられた。

 ゲージの標準軌1435mm、ヨーロッパ・日本の新幹線も。JRの在来線は1067だが、民鉄の1372は馬車鉄道から発達したという。海外ではフィンランドとモンゴルの列車は直通運転できるという。それにはロシアの影響下にあったという歴史がある。

 いろいろ新鮮だったが、日本は旅客鉄道が発達しているが世界では貨物鉄道が大半と聞いて、鉄道=乗り物だったが、運ぶ物の役割も重要だとわかった。
 日本は旅客が黒字だが、アメリカでは7大貨物会社があってみな黒字だという。レジメには「アメリカ・ダブルスタックトレイン」にはコンテナが2段重ねになった貨物列車がえんえんと続く写真がある。これなら一度に大量の物資が運べるが、コンテナ2段積みではトンネルは通れない。という訳で広いアメリカ、中国、ロシアと大陸は貨物輸送が盛んだ。

 その他いろいろ。内戦で破壊されたアンゴラでは、仮設線路の補強に破壊されたが残ったものを積み重ねて使っていたり、ラオスではタイとの国境でレールが切れている。非合法だけど住民の足となっているバンブートレインなんていうのもある。
 南アフリカの列車、ワールドカップに合わせてできたというハウトレイン、写真のそばに女性駅員が二人と思いきや、それは防弾チョッキをきた警務員で各駅に30人くらいは居るそう。もちろん各列車にも乗り込んで警戒しているという。
 ツアーでしか海外に行ったことがない身だから自由に鉄道に乗るのは憧れるが、内戦で焼かれた駅や治安の話をきくと無理かな。でも世界は広い、機会があったらね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年7月10日 (火)

 「白磁の人」 浅川巧

Photo_2  映画「白磁の人」を見て涙がとまらなかった。日本の植民地朝鮮において育まれた友情、それがどんなに難しく尊いことか察してあまりある。
 朝鮮の白磁を愛した浅川巧は23歳で朝鮮総督府農商工部山林課勤務のため民族と民族が憎しみ蔑みあう朝鮮に赴き植林に励み、ついには朝鮮の土となった人物である。また、日韓双方の歴史教科書に取り上げられている希有な日本人でもある(道――白磁の人――プログラム)。

 監督・高橋伴明は「お互いを受け入れて共に生きる」を胸に制作に励んだよう。映画の主人公、浅川巧イ・チョンリム(李成林)を演じた日韓の俳優、吉沢悠ペ・スビンも役柄そのままに友情を深めたという。日韓のスタッフも互いに理解し協力して制作にあたったそうだが、画面には過酷な現実が映し出される。

 威張りくさっている日本軍人に追い立てられる朝鮮人を見るのは辛い。とはいえ実際は映画よりもっと非道いこともあったんじゃないかと。された方は忘れないし言い伝えるが、した方は無かったフリに・・・・・・日韓の歴史年表を見、当ブログに書いた事からもそう思う。

 韓国併合/伊藤博文と安重根 (2010.7.27) ・  光復映画/韓国の8月15日 (2010.8.15) ・  『映画五十年史』筈見恒夫 (2010.9.23) ・  日韓の映画史からみえる時代 (2010.12.18) ・  朝鮮の土となろうとした明治の歌人、鮎貝槐園 (2011.6.09) ・  有光教一、日韓の架け橋となった学者 (2011.6.13) ・  『柳宗悦と朝鮮』 (2012.2.19)

 こうして並べると映画は堅苦しく説教調になっているのではと思われそうだが、見終わった後、涙を流しながらも爽やかな感じすらした。どうしてそうか、うまく伝えられないその辺をプログラムから引用させていただく。

 佐藤忠男 <日韓相互理解の映画の歩み>
 
 韓流ブームのなかでやっと映画にもなる機運が生じたわけだが、本当に素晴らしい人であり、映画としてもこういう人物を世に広く知ってもらうことが重要だという誇らしさにあふれている。浅川巧を演じるのは吉沢悠であるが、偉い人立派な人というより、緑を愛した人、禿げ山を緑化するという仕事に本当に嬉々として打ち込んだ人として表現されているところがいちばんいい。韓国スター、ペ・スビンが、浅川巧のその一途さをハラハラしながら見守り、助言し、協力し、そして強い友情で結ばれるに至る朝鮮人の同僚チョンリムを演じているが、風格のある演技である。
―――中略―――
 ありふれた民具にすぎないと思われていた白磁の壺などに特別な美を認め、それをどう理解するかということはたいへん映画的な問題である。その点でも興味のつきない映画だと思う。
(道―白磁の人―プログラムより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年7月 4日 (水)

明治の志士・日露戦争の軍事探偵、横川省三

 『明治の墓標』に「横川省三と川原操子」が内田康哉公使のもとで蒙古の動静を探りに現地に赴いたとあり、勇気ある女性に驚いた。彼女に興味をもったがいつかにして、今回は明治期事件の渦中にいた人物、横川省三(1865慶応4~1904明治37)をみる。動向を知ると、どこかで名を見ていそうだが知らなかった。好材料、人物に出会うも関心がなければ素通りしてしまう。
 さて東日本大震災から1年半を過ぎたが、岩手県盛岡市の状況はいかがだろう。

1923大正12年『最新案内モリオカ』(新東北社)の名所旧跡の項にある
――― ○平民宰相の墓(大慈寺) ○横川省三の碑(岩手公園武徳殿前) ○小岩井農場その他。
 各所とも無事でありますように願っている。

 次は「横川省三碑」除幕式のようす。

―――同氏の墓は旧桜山に在るが、この春武徳殿柔道師範・奥田松五郎氏等が主唱してこの碑を立つるに至った。碑の高さ丈余、さきに原(敬)首相の墓参りのため、内田外相、水野練太郎氏等が来盛した際、外相は自分が支那大使奉職時代の友人として横川氏と親交の深かった関係から旧桜山の墓所に詣で、茫々たる往事を追想して一掬の涙なきあたはずだったといふ、除幕式は去る五月挙行された。
 ちなみに横川省三・銅像は盛岡市高松池畔・神庭山に建てられ、除幕式には娘の横川律子氏も出席(東京朝日新聞1931昭和6.4.21)。

 省三は盛岡藩士・三田村勝衛の三男、又の名を山田勇次、横川家の養子となる。若い日は郷里の求我社・付設の行餘学会で欧米の憲法などを学び議論。数年間、山岸校(のち三山校)を振り出しに何校か助教として教壇にたつ。
 やがて中央を目指して東京へ出、築地・有一館で自由党の星亨らの講義を受け、また自由党板垣退助愛国公党の人々と交わり国事に奔走。加波山事件に関わる。

 加波山事件とは、福島・栃木の自由党員が三島通庸や政府高官の暗殺を計画するが発覚し茨城県加波山で蜂起する。が、鎮圧され横川は有一館に逃げ込むが掴まり禁固6ヶ月となる(『怪傑伝』伊藤仁太郎 1935)。

 出所した省三は東京朝日新聞に入社。日清戦争がおきると従軍記者となり威海衛攻撃に際しては軍艦吉野に便乗、高千穂にも乗り黄海海戦記事を書いた。小笠原長生日露戦争軍事断片』にはこの時の省三の様子が目に見えるように描かれている。

 次に省三は郡司成忠大尉(幸田露伴の兄)が千島探検をすると、同行して千島まで赴いて越年、千島探検記「短艇遠征記」を連載した。

 ついで省三はアメリカ、ハワイにも行き内田康哉公使と共に北京に至る。まさに日露の風雲急、戦争目前に軍事探偵となる。
 四川に赴くと風俗民情を観察、つぎ蒙古を縦断、東清鉄道ハルピン駅でロシア人に捕まる。20日あまりで釈放されたが帰国することなく偵察をし報告し続けた。
 1904明治37年4月8日、省三は同志と東蒙古より敵の後方ハルピン付近に現れる。
 ロシア軍の輸送を断つため鉄橋爆破を企てるが敵の巡邏隊に発見され獄に入れられ、4月21日クロポトキンの命により銃殺ときまり従容として死についた(『和賀郡史岩手県教育会和賀郡部会1919)。

 近代デジタルライブラリーに横川省三関係のものが18ほどあるが、その殆どが修身、美談ものである。これだけ東奔西走し、戦前は有名だったらしいのにあまり知られていないのはこの辺にあるのだろうか。

2012.6.23 毎日新聞・夕刊
 開業から30周年を迎えた新幹線。JR盛岡駅で手を振る駅長さん二人の写真が目をひいた。1人はJR盛岡の駅長、もう1人は被災地出身の女性。震災から1年以上すぎてやっと全線が復旧したのだ。
 「30年の節目は震災からの復興元年。希望や元気を運び続けてほしい」、佐藤駅長の願いはみんなの願い。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »