« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

大震災、天罰説・コライ堂・図書館・復興公園

 朝顔のひとつはさける竹のうら ともしきものは命なるかな (龍之介)

 9月1日、関東大震災記念日で防災の日だ。働くママに替わって小学校へ孫を引き取りに行く。東日本大震災に遭う前、避難訓練は学校行事にしか思わなかったが、今は違う。また、ママは教師だから先だっての震災当日は目前の中学生避難を優先、それからわが子の無事を確認となった。震源地から遠く離れてさえこれだ。被災地は。
 ところで、90年前の関東大震災ではどうだったか。悲惨な事件があったのを忘れてならない。また他の記録をみてみたい。

 芥川龍之介といえば、本をよむ青白きインテリ、政治や社会の動きに無関心と思われがちだが、関東大震災にさいしては、自警団を体験し、十を超す見解を各紙に載せたという(毎日新聞・生誕120年芥川龍之介――関口安義・都留文科大名誉教授)。
 彼は震災天罰説を批判し、絶望してはいけない、「否定的精神の奴隷となること勿れ(改造)」と人々に呼びかけ、また、過去の文化遺産の保存を訴え、大学図書館の図書管理の手抜かりを厳しく批判した・・・・(中略)・・・・芥川の批判精神の旺盛さは、改めて見直されねばならぬ(後略)。

   大震災は国民の緊張を求める天の戒めだという天譴論がしきりに唱えられたという。

 芥川が指摘した図書管理、震災と関連するか不明だが、東日本大震災では図書館もまた大きな被害を受け一時閉鎖を余儀なくされた。その後、茨城県鹿嶋市中央図書館は開館するなり情報を求めるひとであふれたという。災害時ばかりでなく図書館はいつでも必要、次は毎日新聞<図書館の力を信じて>より。「図書館は、単に本を蔵書するだけでなく、その土地の文化や、住む人々の生活の具体的な支援に役立つ拠点とも」(宮城県女川町に町民図書館をと訴える、今野順夫・福島大名誉教授)。

 2012年、芥川生誕120年なら、幕末に来日したロシア人宣教師、ニコライ堂でお馴染みハリストス正教会のニコライ主教は没後100年になる。
 高台にありランドマークであったニコライ堂は関東大震災で焼け落ちた。ジョサイア・コンドルがロシアの建築家の原案をもとに設計した初代聖堂、塔とドームが失われ震災直後は無惨な姿をさらした。この建物は夏目漱石ら文学者に好意的に言及されていたが、日露戦争では旅順攻撃などで多くの戦死者をだしていたから、まだロシアへの敵意が残っていた。「このさい取り払ってしまえ」という意見もあったが、1929(昭和4)年再建された。

 ニコライ堂のあるお茶の水駅からそう遠くない両国駅、江戸東京博物館の少し先に「横網町公園」がある。ここは関東大震災で最大の犠牲者をだした「被服廠跡」で、「旧震災記念堂」(東京都慰霊堂)、「復興記念館」がたっている(『帝都復興史を読む』 松葉一清)。
 まだまだ記憶が生々しい東日本大震災の被災地、とくに岩手、宮城、原発事故まで背負わされた福島の本格的な復興はいつになるだろう。どうか長年月がかかりませんように

 *震災について、<けやきの便り>http://blogs.yahoo.co.jp/keyaki_natu10にも『関東大震災と安政江戸地震』を載せています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年8月25日 (土)

『横書き登場』―日本語表記の近代―

Photo  K大学夏スクーリング、自分の最初の授業は「国語学」。何だか難しそうと構えていると、屋名池誠先生はいきなり「みなさんは日本語知ってますか?」
 えっ、何の事、どういう意味、戸惑っている間にも授業は進み、どうやら日本語をつかっているけれど、「日本語の仕組みを知らない」から日本語を知らないことになるかと。
 6日間の講義、興味津々だったのでさっそく記事にとノートを拡げたが、あまりに内容が濃く分量も多く纏めきれない。屋名池先生の授業中、目からうろこが度々。ほんの一例をあげてみるが、聞き間違いや意味の取り違えがあったらと少し心配。

 *正しい日本語ってどういうもの――使われている日本語は正しい。通じないのは正しくない。ある範囲で通じていれば正しい。
 *共通語と方言に優劣はなく、役割分担してどちらも必要。方言は基本的に音声語、地元同士が話すとき使った方がいい。
 *ウザイ・キモイなど言葉の乱れをいうが日本語に則ってる。自分と違うから変に思う。
 *日本語が美しい、美しくない――自分の使っている日本語(色眼鏡)に気づかず違うと言ってしまう。言葉そのものにきれい、汚いはない。
 *敬語――社会の上下関係、相手がここにいて自分はこの辺と解ってるのを表している。心理的に親しい、親しくないからも使い分け。敬語にもいろいろな表現がある。
 *翻訳――明治期たくさんの語が翻訳されたが、自由・個人・社会など言葉そのものの意味だけでなく概念も。壮大な建物もレンガを積み上げることによって作れる。レンガ=概念で思想が組み立てられる。

 
 文字表記・字形・字体など具体的で分かり易かった。説明にあげる例がまた興味深く、失礼ながら屋名池先生の頭の抽出のぞいて見たいと思った。そこで著書を検索すると、『横書き登場』日本語表記の近代(岩波新書)があり、読んで好かった。当ブログをお訪ね下さる方ならきっと私同様はまるでしょう。それと図版が豊富で楽しめたうえ参考になった。
 第10章「図10-5」によると参謀本部と有栖川宮邸は目と鼻の先。『有栖川宮熾仁親王日記』に柴五郎ほか参謀本部部員が何かと足を運んでいる記述があるが、図をみて心理的距離感までも感じた。中島敦が南洋でしていた仕事も出てきたり興味深い事柄がそここに。寄り道ばかりできりがないので、内容紹介は新書より引用。

 
 横書き登場――日本語表記の近代
 縦か横か?右からか左からか?なにげなく見過ごしがちな日本語の「書字方向}に注目してみよう。横書きはいつどのように登場し、定着していったのだろうか。現在の左横書きが受け入れられたのはなぜか。浮世絵から教科書、電車の切符に至る数多くの実例を示しながら、書字方向変遷を精密にたどる、異色の近代日本語史。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年8月 6日 (月)

<けやきの便り>

あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。
かうやつて言葉すくなに座つてゐると、
うつとりねむるやうな頭の中に、
ただ遠い世の松風ばかりが薄みどりに吹き渡ります。

 阿多多羅山(安達太良山)は高村光太郎の妻、智恵子の生まれ故郷、福島県二本松にある。今回は、『智恵子抄』(高村光太郎・新潮文庫)をもとに、<光太郎・智恵子>を書こうと思った。前に紹介した草野心平の「覚え書き」もあるし、でも、進まないのであきらめた。

 夏は忙しい。昼はK大学・夏期スクーリングで日吉校舎まで通い、帰宅は夕方になる。夜はプロ野球中継とオリンピックを見なきゃならない。どっちも、ライブで観る方がいいから机に向かってる時間がない。寄る年波で睡眠時間はこれ以上削れない。
 スクーリングは、最終日に試験があるからさぼれない。三週間のスクーリングは始まったばかり、どうしよう。
「どうしよう」ったって仕方ない。ブログ夏休みします。その間、もしよかったら「けやきの便り」をお訪ねください。

<けやきの便り>  http://blogs.yahoo.co.jp/keyaki_natu10

 以前、地元の図書館や江戸東京博物館・ボランティア新聞に寄稿していた本紹介など、“毎日”アップしています。これ読もうかなと思われるものがあったら幸いです。

 では熱中症に気をつけてよい夏を!
                  2012年8月6日

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年8月 2日 (木)

修養団・蓮沼門三(福島県)

 2012ロンドンオリンピックで水泳の北島選手が3度目の金を手中にできなかった。ピンポンおばさんとしては卓球を応援している。メダルに一喜一憂の国内の一方で猛暑にめげず「原発反対」デモが行われている。脱原発に賛同しつつニュースに接している。
 原発事故が再び起こらないとは信じ難いし、今なら不自由を強いられても耐えられと思う。また世界では戦争が終わってない。こんな不安感がみなぎる社会だと「確たるもの」が現れると、すがりたくなりそう。今も昔も、若者は自由でいるより一見分かりやすい教義や趣旨の塊に飛び込みがちのよう。
 明治に創立の修養団も多いときは団員が620万もいたという。しかし、国家主義に傾き1945昭和の敗戦をさかいに活動は目立たなくなった。終戦記念日8月15日が近いのに、このような戦前をあげてどうなのか迷うが記した。

 修養団:
 1906(明治39)年に、蓮沼門三が中心となって創設した修養教科団体。はじめは<人格の修養、心霊の向上>をめざす学生の精神運動だったが、名士に接近し、第一次世界大戦のころから、集団キャンプ生活などで青年の<感激>に訴える新型の教化団体として頭角をあらわした。平沼騏一郎の団体就任以後、国家主義的傾向を強めた。
 「献身報国」や戦争協力(皇民道場、伊勢神都道場の建設など)の道をとり、内務・文部両省の外郭団体として海軍工廠、鉄道省、工場、鉱山などに支部がのび勤労奉仕などを行い国民精神総動員の軸となった。敗戦後は追放をまぬがれ1951昭和26年ころから再び工場などに進出、機関誌『向上』がある。

 (財)修養団創設者の蓮沼門三(1882明治15~1980昭和55)
以下は『修養団三十年史』(1936昭和11年)から創設者・主幹、蓮沼門三伝。

 福島県会津近く耶麻郡相川村・高橋家に生まれるが母の再婚により蓮沼姓となる。独学し17歳で準教員の資格をとり、次に福島師範学校を受験するも合格ならず、上京を考え、東京府立師範学校(青山師範)受験し合格した。
 門三の青山師範学校在学中に、郷里に移民会社の福島出張所ができ事件がおきた。折からの不況で村民が応募するも移民会社は移民を実行せず保証金も戻さなかったのだ。これを知って門三は移民会社にかけあうが埒があかない。通商局長に談判し移民会社社長に会う。翌年、河野広中の弟が福島出張所長になり、前任者が使い込んだ保証金は戻らなかったが、移民ができることとなり、門三は農民から感謝された。

 青山師範学校でも、人の為を思う精神と実行力で職員生徒を動かし校風を改善、支持者は校外に広がり修養団をたちあげる元となった。はじめ飯田町の6畳一間をかりて寝起き、編集室、事務室ともした。幹事たちは昼は小学校で教鞭を執り、夕方から憂国熱烈の同志を求め活動、また機関誌を謄写版で刷り団員に配布した。

 修養団はやがて、床次竹二郎、渋沢栄一など政財界有力者の協力をえて、国民道徳の向上、社会問題の解決を目指す運動として展開。また安い食事を提供する簡易食堂や「天突体操」の普及を図った。
 昭和に入り婦人講習会を開き『白ゆり』誌は好評をえた。また企業の労働者に福祉・娯楽を提供しながら、労使協調の環境作りにつとめた。戦後は世界連邦運動、明るい社会建設運動に取り組む。

参考: 『世界大百科事典』平凡社・ 『民間学事典』三省堂・ 『近現代史用語事典』新人物往来社

 余談:
 2010年秋、福島県新地町の戊辰戦跡を訪ねた折、「世界連邦とは何か」(小塩完次)昭和33年でかなり古いリーフレットを渡された事があった。修養団の流れかは不明だが「世界連邦」に、ふと思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »