« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

「社会」sosietyを持たない人々の翻訳法、柳父章

 先日『横書き登場』―日本語表記の近代―を紹介したが上手く表現できなかったので心残り。言い訳すると好きなものほど入り込んでしまい、どこもかしこも捨てがたく纏めることができない。半端だったなあとくよくよしてるとき歴史好きに行き会い、『横書き登場』をすすめた。口でなら「近代では横書きって事件だったのよ」からはじまっていろいろ言える。「では、読んでみる」と彼女。そして、彼女からも『翻訳語成立事情』を紹介され、すぐに読んでしまった。
 自分にとっては、屋名池誠先生が国語学の授業でふれられた、幕末明治の翻訳についてが下地になった。学問的なところは目がすべったが少しは理解できた。

 『翻訳語成立事情』(柳父章・岩波新書)は、西欧におけるような概念がまだないことばを日本語にする苦労や工夫、理解され定着するまでの道筋、ほんとうに原義どおり伝わる日本語になっているか等など、10の単語について詳しく述べられている。はじめのことばが、表題の「社会」である。
 今では「社会」は、学問など書物はもちろん新聞・雑誌・テレビなど至るところで使われている。深く考えることもなく気軽に「社会がどうの、こうの」と話したりもする。ところが、明治のはじめには「sosietyにあたる日本語はなかった」から、たいへん翻訳の難しいことばだった。

  sosietyに相当する日本語がなかったということは、その背景に、sosietyに対応するような現実が日本になかったということである。

 この「社会」は1877明治10年年代以後、使われるようになって今にいたっている。しかし、「社会」という訳語が造られ、すぐにsosietyに対応するような現実の日本になったわけではないと著者・柳父章(やなぶあきら)はいう。
 「社会」が定着するまで歴史、翻訳者らの苦労を日本最初の蘭和辞書、オランダ語の辞書『波留麻和解』からはじまり、英語、フランス語など当時の辞書を引き比べて詳しく説明。
 オランダ語の辞書など教科書の中でしか知らなかったが、実用書籍なのを実感した。ほかのことばもなかなか興味深く明治の一端が垣間見られ、明治文学を読むのにも役立ちそう。「社会」のほかは次である。

個人―――福沢諭吉の苦闘。  
近代―――地獄の「近代」、あこがれの「近代」。
美 ―――三島由紀夫のトリック。  
恋愛―――北村透谷と「恋愛」の宿命。
存在―――存在する、ある、いる。  
自然―――翻訳語の生んだ誤解。
権利―――「権」、権力の「権」。  
自由―――柳田国男の反発。
彼、彼女―――物から人へ、恋人へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月22日 (土)

進取の女性、相馬黒光(宮城県)

 東京新宿・中村屋前を歩いて、ふと中村屋のカレーを小学生だった子らと食べたのを思い出した。しゃれた雰囲気でおいしかったと息子は「これからはカレーとご飯を別々にして」という。専用のスプーンと器を買って盛りつけるともっとカレー好きになったよう。
 「中村屋のインドカレー」といえば、インド独立運動志士のラス・ビハリ・ボースを匿い、作り方を伝授されたエピソードが有名。ボースをかくまう様子は相馬黒光の自伝的小説『黙移』に詳しい。読むと映画の逃走シーンを見るようだ。
 当時、インドはイギリス帝国の植民地だったから独立運動の亡命志士は英国政府から追われ、日本政府も退去命令をだした。それを中村屋の人々はかくまい通したばかりか、のちに長女はボースと結婚、しばらく隠れ家を転々とする。

 相馬黒光(1876明治9~1955昭和30年)は士族の娘として宮城県仙台に生れる。本名は良、旧姓星。少女時代から意志が強く、宮城女学校に入学するもアメリカ風の押しつけ教育に反発して退学、横浜のフェリス女学校をへて明治女学校を卒業した。
 その明治女学校つながりで島崎藤村・北村透谷・星野天知・大塚楠緒子・羽仁もと子らの事、姪と結婚しすぐ破綻した国木田独歩についてなど率直に記している。あふれる才気を包むようにと、岩本善治(妻は若松賤子)から「黒光」を与えられたそう。作家志望で「女学雑誌」(キリスト教に基づいた婦人雑誌)などに寄稿していた。

 1897明治30年、島崎藤村の仲人で相馬愛蔵と結婚。しばらく安曇野で暮らすも、養蚕農家の暮らしになじめないでいた。1901明治34年一家で上京。本郷で「中村屋」を開業、のち新宿に移転し店はますます繁盛、店内にアトリエをもうける。これが芸術家のサロンとなり、夫の愛蔵は側面から援助した。キリスト教的新教育をうけ進取の気性に富んだ女性のサロンは、荻原碌山・秋田雨雀・神近市子・木下尚江・高村光太郎・中村彝(つね)ら彫刻家や文学者らが出入りした。また黒光はロシア語ができ、ロシアの盲目詩人エロシェンコなどの面倒もみている。

 身辺事も隠さず、矢島楫子と佐々城豊寿(黒光叔母)という二人の有能な婦人運動家の確執についても赤裸々に綴っている。黒光その人も仕事が出来、激しいが、周囲も一筋縄ではいかない人物が少なくない。それやこれや悩むことがあっても考え、切り替えて進むところがりりしい。

 黒光はキリスト教的ヒューマニズムに支えられつつも、子どもの死や自身の病気などを経験、
縁あって岡田虎二郎の静座に通う。しかし岡田が急逝すると、「霹靂一声ドカーンと脳天をぶちのめされ」静座に行かなくなった。が、やがて仏門に帰依し、熱をいれていた西洋美術よりも、仏像や仏画にひかれていった。敗戦後、老人ホームの建設をめざしたが、生前は実現しなかった。
 相馬黒光は島崎藤村や国木田独歩、木下尚江らと同時代に伍し、芸術を愛し応援し、商売も発展させ精一杯、元気に生き抜いた。きっと今の世で困難にあったとしても挫けないばかりか、周りの背中を押し共に乗り越えていきそう。

 参考: 『民間学事典』『コンサイス日本人名事典』(三省堂) / 『黙移』明治・大正文学史回想(相馬黒光著・法政大学出版局1961年初版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月15日 (土)

福島原発事故・全町避難『大熊町 学校再生への挑戦』武内敏英著

Photo  東日本大震災・福島原発事故から一年半がたった。それらの特集ニュースや記事をみるとまだ大変、復興どころではない現実を教えられた。生まれ育った故郷へ帰れない人も多く、何と言ってよいか分からない。折もおり、一冊の本にであった。

 『大熊町学校再生への挑戦』(編著・大熊町教育委員会と委員長・武内敏英/かもがわ出版)―――子どもは未来と希望、教育で人と地域をつなぎ育てようとしている実践の物語だ。
 “踏むべき土のあるところ”(県立双葉高校・校歌)を追われ、移転先の困難な中で学校を立ち上げただけでなく、よりよい教育を目指したところがすごい。

 全町避難先の会津若松市は海辺の温暖な気候の大熊町と違いって気候が厳しい。とくに、会津の冬は厳しい!でも「オレは会津の人たちの温かさで、冬も寒くなかったど。心の雪もとけたみたいだ」(高齢の大熊町民)。厳しい現実のさなかにいても感謝の心を忘れない。この本にたびたび出てくる。こういう人たちが困難に遭ったのだ。
 ひとまず落ち着くまでの第一章ドキュメント「3.12全町避難から学校立ち上げまで」は胸に迫る。著者はいう。

―――私たち大熊町民のように放射能に追われ、踏むべき土も失ってしまうような境遇の人間を、日本からはもちろん二度と生み出してほしくはありません。しかし、このような事態を招いたのもほかならぬ人間(日本人)なのです。人間を育てる教育の責任は大きいと考えております。教育は、子どもたちと人々の心に希望の灯をともし、理想を追求し続けるいとなみです(武内敏英)。 

 挿入された、子どもの笑顔写真、子どもたちの言葉に思わず涙がにじむ。

―――心配なことは、ずっと友だちといっしょにいられるか。今やりたいことは、はなれた友だちと会うということ。

―――もう震災から1年たとうとしています。私は絶対に3月11日のことは忘れはしません。つらい思いもしたし、悲しいこともあったし・・・・・・。けれど、私はそのつらい気持ちや悲しい気持ちを乗り越えて、今を生きています。
 それに私は震災後、新しい夢を持ちました。それは、看護師です。震災の時にケガをした人を一生懸命助ける看護師を見て、私はとても感動しました。今私が避難している会津若松市には看護学校があるので、4月から私はそこで新しい学校生活をはじめます。
 あの震災の時の看護師さんみたいになるために!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月 9日 (日)

銭形平次、野村胡堂(岩手県盛岡市)

 先だって『胡堂百話』(中公文庫)を開き、今となっては歴史上または書中の人物が胡堂といきいきと会話していて興味をそそられた。胡堂の後輩、石川啄木など何度となく話題にのぼるが、作家のアマチュア芝居が流行ったころ啄木も演技したようで

―――「与謝野鉄幹はじめ新誌社の同人総出演で新しい芝居をやってみせる」と知らせてくれたのは、石川啄木ではなかったかと思う・・・・・(素人芝居が失敗、出演者も照れ笑い)。
―――見物客もキャッキャッと大騒ぎ。女性の観客席で与謝野晶子を筆頭に長谷川時雨など美しいミスたちが、金魚のように押し並んでいた。
 やわ肌に燃ゆる血汐の晶子女史を、私は、その日、はじめて見た。決して美人とは言えないにしても知的で、健康で、新鮮で、誰の目にも好感が持てた【知的な与謝野晶子】。

 胡堂は新聞記者を長年していて多数の著名人と面談している。原敬・鈴木茂三郎・木村義雄・新渡戸稲造・泉鏡花・夏目漱石・坪内逍遙・幸田露伴・金田一京助・中里介山などなど淡々と、でも心根まで写しだしている。県立盛岡中学にはじまり一高東大と友人も多く、中学でのスト、貧乏、喧嘩、俳句の知人友人から愛妻、隣人までエピソードに事欠かない。
 軍人にはあまり縁がないがそれでものちに軍神となった広瀬武夫の上司、上村彦之丞海軍大将にあったことがある。鎌倉の私邸であった将軍の印象を

―――戦争の運は悪くても、海軍部内で有名な豪傑だ。六尺豊かの偉躯に、白地のゆかたを裾短かに着て、未練気のない一分刈りの頭【広瀬中佐】。

 「未練気のない一分刈りの頭」に思わず感嘆。すっきりした文章なの軍人の心情を伝えている。胡堂の文章にも嵌まってしまった。

 胡堂と言えばおなじみ銭形の親分、『銭形平次捕物控』の原作は383編もある。投げ銭のヒントは『水滸伝』中の小石投げの名人、没羽箭張清【銭形平次誕生】。

 銭形平次は犯人をつかまえない。約半数は知って見逃してしまうのだ。「いいか、おれの、眼のとどかぬところへ、行ってしまうんだぞ」と、わざと縄をかけない。上司の与力は心でほめて、口では叱って「平次。また、しくじったな」とすがすがしい顔をする。
―――平次が追求するのは人間としての善意の有無である。善意の下手人は逃してやる。「法のユートピア」といってもよい。こんな理想郷は、マゲモノの世界の中に、打ち立てるよりほかない【平次の心】。

 この捕物シリーズを26年間も書き続けた野村胡堂(1882明治15~1963昭和38年)、本名は野村長一(おさかず)。岩手県北上川畔の水田地帯、紫波郡彦部村に生れ、父は村長を務めた。小説家、音楽評論家(筆名・あらえびす)。

 盛岡中学の同級に板垣征四郎金田一京助、後輩に石川啄木がいた。東大(フランス法学)を父の死により中退し報知新聞社に入社、政治部に勤務。新聞統合で報知新聞が読売に統合されるまで40年間ジャーナリズムに貢献した。
 1914大正3年、胡堂のペンネームで『人類館』を報知新聞に連載、以後多くの作品を送りだす。一方、時事川柳の選者もつとめ好評を博した。
 音楽評論家としても知られ『ロマン派の音楽』『レコード通』ほか著書あり。また東宮仮御所にブラームスのレコードをもって参上したことがある【皇太子さまと一時間半】。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月 4日 (火)

図書館づくり、叶沢清介(会津若松市)

 図書館大好き!本屋さんも好き、どっちも棚の前にいるだけで楽しい。歴史に興味をもってからは大学の図書館がとくにうれしい。大学の講座を受けると図書館に入れ、明治・大正期の書籍が手にとれる。和書の手触り感がなんともいえない。新聞雑誌も復刻版やマイクロフィルムで当時の紙面が見られ、広告も興味深い。薬や化粧品の広告が多い。昔も今も人の関心事は変わらないよう。
 公共の図書館もよく利用するが置いてない本でも取り寄せて貸して貰え便利だ。感謝しつつも当然のように受け止めていたが、図書館が一般人に開放され身近になったのはそう遠くない。『図書館人物伝――図書館を育てた20人の功績と生涯』(日本図書館文化史研究会・日外アソシエーツ)で知った。
 図書館が身近で親しみのある場所になるまでには先人達の熱意と努力があったのだ。その一人が叶沢清介で同書の「叶沢清介の図書館づくり―PTA母親文庫まで―」(石川敬史)に詳しい。この論文で叶沢清介を辿ると日本の図書館のなりたちも見える。

 叶沢清介(1906明治39~2000平成12)は、欧米の図書館事情に刺激され1921大正10年開設された文部省図書館講習所(34人中女子6人・1964年国立図書館短期大学)を、1929昭和4年卒業(8期生)県立長野図書館に下席司書になった。叶沢は4月赴任すると職員らと9月開館を目指し信濃教育会図書館などの寄贈図書や新規図書32000冊を整理し開館にこぎつけた。が活動の場は栃木県教育会館図書館に移る。

 1934昭和9年、栃木県教育会館図書館は教育会事務局との兼用で、二宮文庫(二宮尊徳記念文庫)時代から使用の木造2階建て。図書館は2階の男子閲覧室、1階の婦人閲覧室、小児閲覧室があり、貸出は行わず閲覧が中心であった。
 男女別閲覧といえば、樋口一葉は上野の図書館によく通ったが、きっと婦人閲覧室で読み書きしたのだろう。明治だから男女別と思っていたが、昭和もそんな時があったのだ。この図書館は翌年、鉄筋コンクリート3階建てになるが、叶沢はまもなく異動、日本赤十字社本社構内にある博物館内に併設されていた日本赤十字社図書館勤務となる。

 この図書館は赤十字社の事業とは無縁で利用者が限られていたが、叶沢は社会事業や医療関係の図書を充実し閲覧者を増やした。当時、叶沢の楽しみはテニスで、メンバーに日本赤十字社長の徳川圀順・島津忠承、東京府知事の川西実三・松村光磨、日本商工会議所会頭安達正らがいて、政財界人と知り合う。

 次に叶沢は1942昭和17年から終戦の8月解体されるまで内閣技術院に勤務、翌年3月からは文部省勤務となる。この文部省時代に、全国を対象に迷信調査を実施、結果を『雷になった神主』など刊行した。こののち長野県立図書館長となる。

 長野県県立図書館では、図書館を住民の身近なものにするため、組織や運営方法改善に力を尽くす。なかでもPTA母親文庫と県内各郡に設置された配本所が多くの注目を集めた。
“本ほど広くて深い世界があるだろうか”なのに、好きでも読めない境遇や気兼ねしなければならない女性がいる。それで「PTA母親文庫という読書の機会を安直に提供する」という点にひかれた。図書を気兼ねなく手に取れる環境づくりをした叶沢清介を紹介したいと思った。

 ちなみに図書館は貸出のほかに歴史的資料や文書を収集、提供と思っていたが、叶沢の推進した郷土の資料、地方行政資料についても欠かせない。叶沢清介を知って図書館は思っている以上に大切な場所だと再確認した。みんな図書館にね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »