« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

樋口一葉『たけくらべ』(真筆版)と露伴・藤村の序

Photo_3  大学図書館の棚に若松賤子『小公子』と樋口一葉『たけくらべ』が並んでいた。明治は文学をする女子には生きにくい世の中だったのか、二人とも若くして世を去った。
 樋口一葉(1872明治5~1896明治29)本名夏子。その生涯はよく知られているが、暮らしは豊でなく薄幸のイメージが強い。しかし、一葉は私たちが思うより、意見があればしっかり言い活発だった様子。文学仲間との交流もあり評価されていた。
   『たけくらべ』(真筆版)1968昭和43年、近代文学館・復刻版。
 開くと挿絵、流麗な筆文字の本文。一葉の手跡で読めば、ヒロイン美登利や吉原界隈の風情が活字より伝わりそう。ふりがなもついている。でも読めない。読めないって威張ってどうすると言われそうだが、生前の一葉を彷彿させる二人の文学者の「序」を紹介したいと思ったのである。

 短い生涯。22歳「大つごもり」「にごりえ」、23歳「たけくらべ」「十三夜」、そして没年の24歳「わかれ道」「われから」を発表している。
 月夜に夜道を歩くと、ふと、「わかれ道」ヒロインお京と孤児の三吉の佇まいが思い浮かぶ。一葉の作品は読み出しから、すっとその世界に入れて忘れられない。すごいと思う。早世の人は人間を見る目が深く、才能の開花も早いのだろうか。

 日記『みづのうえ』の一節

―――雨風おびただし。午後二時ごろはからず三木君、幸田君を伴ひ来る、はじめて逢ひ参らす、我は幸田露伴と名のらるるに・・・・・・*めざまし草に小説ならずともよし、何か書きものを寄せられたし、こをば頼みに来つるなりといふ。

 *『めざまし草』:(目不酔草)文芸評論雑誌。森鴎外斎藤緑雨幸田露伴による作品の合評[三人冗語]で「たけくらべ」を激賞したのは有名。

 
 1918大正7年10月 幸田露伴 「序」

 一葉女史の才の逸と文の妙とは、世既に定評あり、今更に何をか言はんや・・・・・・予が女史の才を重んじ文を愛するの心の今に於てかはらぬ
・・・・・・女史を訪ひしことあり、身の丈は高からず、春の樹の小雨にたをやぎたる如く、やはらかにおとなしき人なりき、起居しとやかに、ものいふ声音も浮きては聞こえず、言葉づかひさすがにうるはしく・・・・・・この君、内の才は錐すでに嚢にたまらぬ鋭さあり
・・・・・・まだ生若き身の若き婦人を足近く訪はんことも憚りありとも思ひ過ごせる中、やがてその病めるを聞き・・・・・・その不幸短命を傷むのおもひにたへず、人生は短く芸術は永し、女史の文、今なお生きて女史の才、終に死せず、これ寿無くして寿ありといふべし

 1918大正7年10月 島崎藤村 「序」

―――近ごろはいろいろな方面に偶像破壊者が起こってきた。新派の婦人がしきりに一葉破壊を企てて居るのも矢張それだ。
―――一葉の破壊が始まったのは、あの日記が公にされてからのことだ。
―――破壊された後の一葉には何が残るだろう・・・・・・当時の文学の空気の中で、あれだけに自分の創作を日常生活に近づけたことや、あの才気ある風俗の観察や、女としての激情などは一葉の価値を定めさせるものであらう・・・・・・あの言葉と言葉の間から湧いてくる豊かな感情や底に籠もるしみじみとした心持ちが残る

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月20日 (土)

『小公子』若松賤子(会津若松)

 金木犀の香りにしみじみ秋を感じたら、やさしい物語が恋しくなった。そんな折しも明治1891明治24年・女学雑誌社版『小公子』若松賤子訳を見つけた。

―――(自序) 母と共に野外を逍遙する幼子が、幹の屈曲が尋常ならぬ一本の立木を指さして「かあさん、あの木は小さい時、誰かに踏まれたのですネイ。」と申したとか。考えてみますと、見事に発育すべきものを遮り、素直に生ひ立つ筈のものを屈曲せる程、無情なことは実は稀で御座り升・・・・・・(後略)

 自序の出だしから幼い子を思い、セドリック少年の物語を日本の家庭に届けたいという心が伝わってくる。「小公子」は映画やテレビにもなり今でもよく知られているが、はじめの翻訳者・若松賤子についてはどうだろう。
 若松賤子(1864.3.1元治1~1896明治29)。
フェリス和英女学校高等科を卒業、母校の助教となり教えた。キリスト教に入信。1886明治19年、紀行文「旧き都のつと」を発表。3年後、岩本善治(よしはる)と結婚、やがて『小公子』を翻訳発表。名訳とみごとな表題は夫婦教義のたまものと評判になった。英語で寝言をいうほど語学力があったという。ところが、肺患がひどくなり床につく日が多く、ついに33歳の若さで帰らぬ人となった。

 夫の岩本善治は中村正直津田仙に学び、1885明治18年『女学雑誌』創刊、明治女学校を創立した。女子教育の振興、一夫一婦制、廃娼を主張した。

 明治女学校はミッション経営でなく日本人によるキリスト教主義の学校で、教師に北村透谷島崎藤村がいた。相馬黒光、山室機恵子羽仁もと子野上弥生子らが学んだ。学校の雰囲気、島崎先生の講義、恋愛、岩本校長のこと、相馬黒光『黙移』はかなり突っ込んで記し興味深いが、ここでは若松賤子についてを引用。

―――本当の名は嘉志子といい、旧姓島田、会津若松の人なので、それをとって賤子とつけてペンネームとし、けっして長いとはいわれぬ生存の日に、実にたくさんの著訳を残しました・・・・・・お向こふの離れ/すみれ/忘れ形見(「文芸倶楽部」号外)/イナックアーデン物語/小公子/我宿の花などは『女学雑誌』に。雛嫁(『国民之友』)/セイラ・クルーの話(『少年園』)/波のまにまに(『評論』)/絶筆・おもひで(『少年世界』)。このほか小品、随筆、こどもの話など『太陽』掲載分もいれるとかなりの厚さになるでしょう。

―――病が再発また再発で、幾度か仕事を中断されながら・・・・・・ようやく後編が完成し、原稿がまだ手元にあるうちに明治女学校が火事になり原稿は灰と化したが、女学雑誌に掲載されたものをとり、一周忌の記念に上梓されたのです。

 ちなみに『小公子』は女学雑誌社発行で『女学雑誌』の広告頁がある。今では見かけない「封建思想・人道修行者・武者修行者・私利修行者」「武道家訓」の記事。そして<女学生同盟女学校>18校あるが、大津事件のあった1891明治24年にしては多いのか、少ないのか。
 いずれにしてもこの時代、女性が高等教育を受けても能力を発揮する道は狭かった。そうしてみると、女性の身で小説を発表するということは想像以上に大胆な事、エネルギーも要っただろう。
 若松賤子も著作をせずのんびりと養生していたらもう少し生き延びたかも知れない。でも、そちらを選ばなかった。そんな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月13日 (土)

瀬川安五郎(岩手県)、平福穂庵・百穂(秋田県)

 たまたま開いた『鉱山開発の先駆者 瀬川安五郎』(山田勲・国書刊行会)に「南部家御用金被仰付人員」という番付があった。江戸の頃は何でも番付にすると聞いていたが、御用金番付は知らなかった。目次をみると、殖産興業に励んだ明治政府に沿っているようだと興味を抱いた。そして、序文(女優・長岡輝子)からも主人公が生きた時代が感じられ、瀬川安五郎伝を読んでみようと思った。

 1868慶應4年「南部家御用金被仰付人員」に、西方前頭十六枚目に御用金六十両・両替屋惣助の名がある。瀬川安五郎の父、四代目惣助であるが、子の安五郎が10歳の時に死去。弟が両替屋を相続し、翌年、安五郎は父の義兄で南部藩御用達・近江屋へ丁稚奉公に入る。苗字帯刀を許された富商の主は安五郎に商売を習わせようとしたのである。
 1859安政6年、瀬川安五郎(1835天保6年~1911明治44年)は叔父から両替屋を相続、六代目惣助となる。
商売に励むうち、小野組盛岡支店で生糸買い付け中の古河市兵衛(古河鉱業の創始者)と知り合う。二人は生糸を買い集め、後年、鉱山業へと進むことになる。
 幕末維新の混乱期、生糸は重要な輸出品で儲かった。そのうえ安五郎は戊辰戦争時には東北諸藩に武器を納め巨利を得て、のち鉱山業にのりだす。

 鉱山業へのきっかけは、小野組が秋田県の石油採掘へ乗り出したのがはじまり。安五郎は小野組秋田支店で働いていたが小野組は閉店する。ここから安五郎の鉱山業への道がつき、実業家・渋沢栄一や鉱山寮管轄の役についていた*大島高任ら中央に知己を得る。荒川鉱山が民間に払い下げられると購入し鉱山経営に乗り出し日本有数の鉱山に育てた。

 *荒川鉱山:秋田県仙北郡荒川村。元禄期・川村庄右衛門-佐竹藩-明治期・官営-瀬川安五郎-三菱合資会社-三菱鉱業。
 *大島高任:当ブログ2011.4.13“釜石鉄山の基礎を築いた人、大島高任(岩手県)”

 瀬川安五郎の鉱山経営は新しい鉱脈を発見するなど安定し国内屈指の銅鉱山として栄えたが、1896明治29年に三菱合資会社へ売却した。
  鉱山を手放し、米雑穀の卸販売などをはじめたが振るわず、76歳で死去した。

 事業が拡大すれば栄えもするが大きな負債を負うこともあり、家財まで処分しなければならない事もあった。しかし、安五郎は日本画家・平福穂庵・百穂親子を応援するなど文化面の理解があった。
 安五郎の家は1881明治14年、明治天皇東北御巡幸に際して御泊行在所にもなったが手放す。現在盛岡市の保護庭園となっている「南昌荘」がそれである。

 瀬川安五郎と平福穂庵(すいあん1844弘化1~1890明治23)、二人の縁は荒川鉱山経営に関する事件がきっかけである。
 安五郎が鉱山従業員250人余の食料や日用雑貨を調達したところ物資が欠乏、値上がりをおこした。秋田ではよそ者であるし住民が怒って荒川鉱山へ押しかけた。このとき、穂庵が旧士族や佐竹家との調停を買って出、無事解決したのである。

 穂庵は、1883明治17年農商務省主催「第2回内国絵画共進会」に「琵琶行図」「北海道土人図」を出品し褒状を得、「第3回」には「乳虎図」を出品し2等、宮内省に買い上げられた。その時「荒川鉱山真景之図」「荒川鉱山鉱業之図」も出品、一躍、名を全国に知られた。この2図は、『鉱山開発の先駆者 瀬川安五郎』の口絵になっており、縮小されていても鮮明で美しい。

 穂庵の死後も安五郎は穂庵の遺児、平福百穂(ひゃくすい1877明治10~1933昭和8)を見守り、援助した。百穂は東京美術学校に入学。卒業制作「田舎の嫁入」は風俗画として知られる(東京芸大蔵)。また、百穂は斎藤茂吉らアララギ派の人々とも交流し、歌人としても活躍した。次はその一首

   ここにして岩鷲山のひむがしの 岩手の国は傾きて見ゆ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月 6日 (土)

(幕末明治)学者の気風、西と東で違いそう

 「スクーリング授業“書簡に見る福澤人物史”、昨日は馬場辰猪宛だった」と歴史好きにメールしたら「それは明治7年10月12日付じゃない?」と返信があった。
「方今日本にて兵乱すでに治まりたれども、マインドの騒動は今なお止まず」ではじまる書簡は指摘どおりのもの。さすが!福澤文書を解読中という彼女に感心。

 筆者は東海散士との仲で馬場辰猪に興味をもった。馬場辰猪はアメリカで、英文小冊子<日本の政治の状態>にローマ字で“頼むところは天下の世論。目指す敵は暴虐政府”と刷込んだり、クリーブランド大統領やいろいろな人物に日本政府の事情を話すなど大胆な行動で日本政府に睨まれる(『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』七章・池辺三山と馬場辰猪より)。
 そのような激しい民権家となった門下生・馬場辰猪を、福澤は突き放すことなく、その身を案じ病を気遣う親身な手紙を書いて、アメリカへ留学する者に託したのだ。それを考えると、アメリカに客死して8年もの後に「馬場辰猪君追弔辞」は、若い死を哀惜するだけでなく深い意味があると察しられる。

 さて、福澤諭吉を学ぶことになって『福翁自伝』を読んでいるが、「大阪修行」「緒方の塾風」の書生の生活、酒の悪癖/塾生裸体/不潔に頓着せず/料理茶屋の物を盗むなどなど若者の稚気、蕃カラを何と言ってよいか。
 その一方で学問への取り組み、集中は驚くほどだ。
 妙なこだわりがないから原書が一冊あれば、塾生同士助け合って翻訳し、蘭学すなわちオランダ語を身につけた。福澤は「大阪からわざわざ江戸に学びに行くという者はない。行けばすなわち教える方であった」と自慢している。

 やがて英語の重要さに気づいた福澤は江戸の蕃書調所に入る。ここで当時は貴重だった辞書を自由に閲覧し独学、発音などは漂流者を頼るなどして英語を身につけた。師がなければ自らの力で成し遂げ、誰にでも教わり気取りがなく実利的だ。

 それにしても、学問や天下国家に高い望みがあったのは、江戸や関東・東北の若者も同じだろう。貧書生は食べるにも一苦労、冬でも浴衣で布団無しも同様と思う。ただし、群れずに個個で耐えて学問に精をだしていたような気がする。東の方が、明治と時代が変わっても武士の気位が高かったのだろうか。
 当ブログでも逆境に耐えて学問に励んだ人物を、福島安正ら何人か取り上げた。昌平黌で学問する秀才を偉いと思うし、藩をこえた明治人の昌平黌つながりも興味深い。学問・漢文はさっぱりだが、自分の感性としてはこっち、東の気風がいい。
 しかし、西の緒方塾の自由闊達な気風もよさそう。こちらは、旧身分で差別をしなそう。

 実は、藤井哲博著『咸臨丸航海長 小野友五郎の生涯 幕末明治のテクノクラート』(中公新書)を読んでからというもの、福澤諭吉のイメージが微妙だ。でも、幕臣・小野友五郎と日本の外に目を向ける福澤諭吉、二人に気風の違いもありはしないか。そんな単純な問題じゃないと言われればそうかも知れないが、ともかく好き嫌いを言うのをやめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »