« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

ある早稲田つながり、北門義塾・内ヶ崎作三郎・直木三十五②-2

  内ヶ崎作三郎(1877明治10~1947昭和22)。宮城県、号は愛天。父は本陣をつとめた内ヶ崎家の分家・内ヶ崎作太郎。東京帝国大学卒業、オックスフォード大学へ留学。帰国後、大隈重信より懇請され早稲田大学教授。のち政界に転じ1924大正13年衆議院議員、1939昭和14年立憲民政党幹事長。大政翼賛会総務。「議会報告書」『国際連盟』『人生と文学』など著述あり。

 また、『早稲田學報』263号(1917大正6)に、内ヶ崎作三郎<東北3県学事視察報告>(宮城県黒川郡)・高杉龍藏<学事視察報告>(青森県弘前)がある。読むと、当時の中学校や高等女学校の英語授業など垣間見られて興味深い。
 ちなみに当時、総理大臣は大隈重信、文部は高田早苗、同号巻頭は「大正六年の初頭に立て教育を思ふ――大隈総長」である。
<校友会報>は戊申倶楽部例会=毒文会忘年会=名古屋校友会=上海早稲田会=北京同学会=校友動静ほか。

 この内ヶ崎教授の生徒に直木三十五がいる。ご存じ「直木賞」由来の大正・昭和期の小説家である。本名、植村宗一(1891明治24~1934昭和9)。流行作家として活躍、知識人にも好まれる作品を書き、大衆文学の向上に貢献した。筆名について、

―――三十一から二、三としてきたら「悪い洒落はよせ」といわれ・・・・・・・・畳、女房程度に於いて時々取り更えるのも、二三日は新しい気がしていい。畳更え程度の改正である(改名披露)。その死後、制定された「直木賞」は新人の登竜門として今日にいたる。
 直木の家は貧しかったが市岡中学をへて早稲田大学に進んだ。しかし、学費滞納で卒業にいたらず中退。同級に、早大で教壇に立った木村毅(作家・評論家・明治文化研究家)、青野季吉(文芸評論家)、宮島新三郎(英文学者・評論家)、保高徳蔵(小説家・編集者)らがいる。

 
 さて、内ヶ崎と直木の関係は、帝国大学出の先生と週に1~2度顔を出すだけの生意気学生、良かろう筈がない。 エピソードを<東京紅団>“直木三十五を歩く”2008.8.9より。http://www.tokyo-kurenaidan.com/naoki-35-4.htm

―――(直木三十五は)ある日、高師部で何を教えるのだろうと、教室にいると、その時間は内ヶ崎作三郎氏の英語の時間で、田舎の開業医みたいな肥った氏が入ってきて、倣然として、一同を睨み返した。後年、政治家に成るような人だから、高師志望の学生など、高をくくっていたのだろう。私は、一番前の列にいたが(何んて、生意気な教師だろう)と反感をもって、こっちも、下から睨みつけていると
「一体、諸君は、英語を何の為に学ぶのかね」
 と、喇叭みたいな声を出して、第一日、最初の口を切った。高師部の人々だから、皆おとなしい。黙って、答えない。すると
「おい、君」
 真下の僕を、指さした。僕は、かっとなった。
「愚問ですね」
と、答えると共に、脂切って、肥った面がむかむかと、憎くなってきた。正面から、作三郎を呪みつけて、立上ると
「吾々は、小学生じゃありません。何のために学ぶかなどと、そんな質問をしなくてはならぬような幼稚な生徒に、何のために、教えるんですか」
 と、やった。作三郎、さっと、真赤になると
「生意気だ」

 さらに同級生の文芸評論家・青野季吉と作家・人物評伝の村松梢風、二人の直木評を『この人 直木三十五“芸術は短く貧乏は長し”』(尾崎秀樹監修・鱒書房)から。

―――(直木は)何故か坪内逍遙のシェークスピアの講義がきらいで、わずか2、30銭で買えるテキストも買わずに、僕らがその面白い講義振りを話したり、細かく訳を書き込んだテキストをもっていると、直木は黙って冷笑的な笑いで答えていたのを覚えている・・・・・・別にこれと云う勉強もせず、長火鉢の前に子猫を抱いて、案外つまらなそうな顔でもなく、ただ黙然としている直木を見るとこの男は何を考えてこうしているのかと、不思議に思ったこともたびたびあった。
しかし話してみると、見かけによらず興味の範囲もひろく、英語なども相当に読めるので、これは中学時代にやはり勉強した人間だとも考えたりした(直木の早稲田時代/青野季吉)。

―――直木の書く、悪辣無類のゴシップが、文藝春秋誌上で一番受けて、読者を吸収したのである。たいていの人は、読者というものは、人を賞賛する文章を読むよりも、その人の裏面をあばいてボロクソにやっつけたり、過去現在の悪徳や悪行を書き立ててある記事の方をおもしろがる・・・・・・我が身に思い返して、すぐに信じ易いからである・・・・・・
しかし、直木の文藝春秋に対する貢献はゴシップばかりではなく、あらゆる企画を創案して菊池に実行させた。同誌の新機軸には、直木の智恵が多かった。菊池が破格に直木を重んじたことは云うまでもない。死後には直木賞まで制定して、彼に酬いた(村松梢風)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月22日 (土)

ある早稲田つながり、北門義塾・内ヶ崎作三郎・直木三十五②-1

 このところ福澤諭吉・慶應義塾を挙げたので、今度は大隈重信・早稲田つながりを挙げてみる。まずは『大隈侯昔日譚』より

―――この早稲田といふ土地は昔封建時代には、大名の別荘などがまれには在った所で、我輩の此屋敷は高松の殿様松平讃岐守の屋敷で、唯の一軒家であったんである・・・・・・今学校の在る所は、井伊掃部頭の別荘地で、井伊と松平の領家は親戚の間柄で・・・・・・
 封建が廃滅となって、一時開墾が流行した際に、掃部頭の旧領地は開墾されて、山東一郎並びに、林伯(董)の実兄で、始めて我国に西洋の醫術を開いた松本順、此両人が病院と学校を創めたことがあるんである。不幸にも其の学校は目的を達する能わずして、又も元の荒野となって居たのを、我輩が買ひとった。しかし未だ常住の所とはせず、我輩は雉子橋の邸に住んで居たんである。

  大隈さんの言う学校を運営していた山東直砥(一郎)は分厚い漢和辞典に英語を附した辞書『新撰山東玉篇 英語挿入』(1878明治11年)を発行している。
 外国人教師や林董などを招いて英学などを教えた学校は、北門社または北門社明治新塾といい、1871明治4年の生徒数34名、福沢諭吉の慶應義塾(英学・生徒313名)、箕作秋平の三叉学舎(英仏学・106名)、中村敬宇の同人社と並び、東京有数の学校であった。
 北門社の塾生募集要項をみると「月謝は金二両、何人に限らず教えを受けることを欲せば来たり入社すべし、西洋人が英仏独逸学ならびに算術を教授す」とある。

 塾生にシベリア単騎横断で知られる福島安正(のち陸軍大将)がいる。若き日の安正は衣類、書籍を売り払って学資に充て冬でも単衣の薄着、寒さの夜は大声で読書して凌いだ。ここで外国人から学んだ地理学が後の大陸横断に役立ったという。ほかに柴四朗・東海散士もこの北門社で学んだ。

 余談ながら、柴四朗の弟柴五郎(のち陸軍大将)は義和団の乱・北清事変で大活躍、映画【北京の55日】にも登場(柴五郎役は伊丹一三)した。五郎は共に戦った欧米人から賞賛され助言を求められた。鎮圧後は、天津から軍を率い救出にきた福島安正と手を携え北京の秩序回復に努めた。この時、柴五郎は「柴大人」と中国人にも慕われる働きぶりであった。現在のねじれた日中関係の中で、このような日本人がいたことが思い起こされる。

 さて、北門義塾を創立したのは岩手南部出身の柳谷藤吉という立志伝中の人物である。赤貧洗うが如しの境遇から北海道に渡って成功し、戊辰戦争時には兵器を外国人から買うほどの財をなした。そしてその武器を旧幕軍と官軍の双方に売り一万円ほど利益を得た。そのとき柳田は思うところがあり、金の使い道を福澤諭吉ほか人に相談すると、学校をつくるのが良いだろうと言われた。そこで、北門義塾を創立し山東一郎(直砥)らに後を託して自分は北海道に帰っていった。
 この柳田藤吉について、高田早苗[半峰昔話]に「内ヶ崎教授が書いたものを見た」とあったので『早稲田學報』(早稲田大學校友会)を探してみたらあった。

       <早稲田校史の一挿話>    教授 内ヶ崎作三郎

   早稲田は明治の初年より教育事業に密接なる関係を有しゐる。現に消失前の大隈邸に明治二年頃北門社新塾と言ふ私学の存在していた事は、市島先生の懐古談にも記されてゐる。然るに過般、北海道に赴いて、根室に於て偶然校友柳田鐵三君に面会して、是に関する材料を集むる事が出来た。同君は北門社新塾の創立者柳田藤吉翁の孫養子に當る方である(中略)

  ――明治三年春、函館にこの新塾の分校とも目すべき北門社郷塾を設けて三年間維持した。
  ――大隈侯が早稲田學園を、早稲田に創設せられたる動機は、北門社新塾等の物語を知って居られたと云ふ事が、一つの原因ではあるまいか。何れにしても、北門社新塾の物語は、早稲田校史に於ける、甚だ興味ある一挿話である。

   同<校報>欄: “早工卒業證書授與式”早稲田工手学校第28回、卒業生317名、高田総長の懇切なる訓諭ほか(『早稲田學報』大正十五年九月十日発行 第三百七十九號)。

②-2へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月15日 (土)

東奥義塾・青森県会議長・キリスト教、本田庸一(青森県)

 日本はこれから先どうなるんだろう、不安。選挙が近いが混沌、どこの誰に入れたものやら。ただのおばさんでも国の行く末が心配、こんな世の中になるとは思わなかった。でも明るいニュースもある。山中伸弥教授ノーベル賞!医学生理学賞に選ばれた。
 遠いようで近い歴史、黒船来航後の日本、大変だった。大変革、内戦、不安も半端じゃない。でも生き抜こうとするエネルギーに満ちていた。官に、実業にと若者のがんばりが今の日本を造ったかも。それには地域の人材養成に努めた学校が後押ししたかもしれない。

 かの慶應義塾で学んだ児玉仲児(紀州の奇傑、民衆の父)は郷里の粉河に猛山学校を作り郷里の子弟教育に力を尽くした。同じく慶應義塾学んだ菊池九郎(政治家教育家)は本多庸一と青森に東奥義塾を創設して人材養成につとめた。
 ちなみに、明治天皇が東北巡幸のおり東奥義塾に立ち寄られたが、賛美歌の一部JesusLordと訂正して歌ったとか(『回心物語』1933田中亀之助著)。

  本多庸一(1848嘉永1~1912明治45)弘前藩(津軽藩)本多久本の長男。
 戊辰戦争時、本多は二十歳の血気盛り。奥羽同盟のために同藩の菊池九郎らと庄内藩に使いし藩主にも謁見、小銃250挺と小船を得て帰藩した。ところが、藩論は奥羽同盟を抜け隣藩を討つ計画に一変していた。本多らは庄内にとって返し処分を申し出るも、義気に感じた庄内藩はこれを許した。

 戊辰戦争後、時勢は変わり藩内の子弟を留学させることを競うようになり、1870明治3年、本多は藩命で弘前藩門閥の子弟らと、かれらの監督もかねて横浜に留学。修文館教師ブラオンの塾やバラの家塾に入る。
 翌年、廃藩置県となり藩からの学資が途絶え帰郷、しかし再び横浜に出た。やがて高島学校の教師バラより洗礼を受ける。死生の間を往来した武士が洗礼を受けたのだ。
『回心物語』にはキリスト教指導者と門下の名がある。中部日本マクドナルド・新撰組の結城無二三や江原素六、北海道クラーク博士・新渡戸稲造、熊本ジェンス・海老名弾正、横浜バラ・植村正久etc。

 横浜から戻った本多は、先ず東奥義塾に力をつくし英語教師としてイング宣教師を招いた。東奥義塾出身者には東海散士柴四朗、珍田捨巳(のち侍従長)、佐藤愛麿らがいる。

 西南戦争後、自由民権運動が盛んになると、本多は国会開設請願のため建白書をもって上京するなど奔走した。ちなみに建白書の起草者は陸実(羯南・当時青森新聞記者)。
 1882明治15年、県会議員に当選。中央政界での活躍をも期待されたが、県会議長4年の任期を終えると宗教界に転じた。「本多という人は誠に聡明な人だ」(陸奥宗光外務大臣)。
 さて、本多は故郷を離れ仙台教会の牧師になったが、翌年、東京青山の英和学校に赴くが1年で去り、宿願のアメリカ留学(ドリュー大学)に赴いた。時に41歳。

 1889明治22年の国会開設を前に、アメリカにいる本多の元に、来るべき第1回衆議院選挙出馬要請の電報や手紙が引きも切らずで、悩む本多。右せんか左せんか。
 その折しもペンシルバニア州スクラントン郊外で不思議な体験をし神の摂理を感じる。さらに1889明治22年発布の憲法には「宗教家の代議士を禁ずる」条項があった。江原素六は伝道師を辞し政治界に打って出る。しかし本多はこの後、宗教界の道をまっしぐらに行くことに決め、帰朝を見合わせ、ドウルー神学校に1年在学してのち帰国した。議員にならない本多に失望する者がいたという(『実験場の宗教』川崎巳之太郎)。

 以後、青山学院院長を17年間、日清戦争では全キリスト者を代表し、日露戦争では国家的使命を帯び欧州に使いする。1907明治40日本メソジスト教会初代監督、また日本キリスト教会青年会の結成に参加し、その指導にあたる。長崎にて没。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月 8日 (土)

高等文官試験と慶應義塾

 歴史好きカルチャーおばさんは興味の赴くままにあちこち。特に大学のオープンカレッジはいい。何故か、それは図書館に入れるから。母校の法政や早稲田の図書館を利用、明治・大正の本が手に取れうれしい。近代デジタルライブラリーhttp://kindai.ndl.go.jp/でかなりの本が自宅パソコンで読めるが、やはり実物には明治・大正の匂いがある。
 明治大の講座にも行くが慶應大に行きたいと思った。何たって戊辰戦争中も授業をしていた位だから色々ありそう。しかし、講座も見当たらず図書館に入る手立てがない。それで通信教育を申込み学士入学、さっそく図書閲覧してる。
 卒業を目指さない(できそうもない)から、興味のある学科のみ受講している。これが思ったより楽しく興味深い。

 たとえば【明治14年の政変】。大隈重信と関係者の一斉下野、東京専門学創立(現早稲田大学)が思い浮かぶ。これに慶應では次が足される。
―――北海道官有物払い下げ事件に端を発し、大隈を罷免し、大隈派官僚を一掃したクーデターの究極の目的は大隈にあったのではなく、陰の立役者の井上毅が「内陳」で述べたように「福澤の交詢社はすなわち今日全国の多数を籠絡し政党を約束する最大の器械」という恐れだったのであり「民権運動家」に絶大な影響力をもつ福澤との対決にあったといえる(川崎勝「馬場辰猪・福澤門下の民権家」)。
―――井上毅の福澤攻撃や慶應義塾関係者も官界から追放、以後、慶應義塾出身者は実業界へ進出するという動きが形成される、その淵源となった。

 慶應の通信生となって一年過ぎたがしっくりしない。慶應義塾ラベルが自分には似合わないからだろう。ただ、学校名は通りがいいので話が早い。スクーリングにと言えば「三田に行くのね」となる。誰でも知ってる慶應義塾、それでも明治期に不振の時があった。

 維新政府が秩禄処分を行うと士族は収入が減り、生活が困難になった。慶應義塾に入る者(入社生)は、ほとんど武士の子弟だったから数が減った。そこへまた西南戦争が追い打ちをかけた。塾の収入は激減、経営不振に陥いるも慶應義塾維持法案を作るなどして努め維持存続した。
 ところがこの年「明治14年の政変」が起き、結果は前述の通りで芳しくない。なのに1883明治16年徴兵令が改正、慶應義塾三等以上の学生にあった「徴兵免除特権」が消滅、100名近く退学者がでたという。さらに学制改革が行わり、私立学校は国家を担うエリートの養成機関から外される。

 時の文部大臣・森有礼は「教育は国家のため」という。福澤の「一身独立して一国独立」とは正反対だ。
 国家を最優先にする理念のもと帝国大学令が公布され、帝国大学法科・文科大学の卒業者は無試験で行政官僚になれる特権が与えられた。慶應義塾は文官任用試験の受験資格すら得られず凋落する。
  1888明治21年、東京仏学校+東京法学校(法政大学)や東京専門学校(早稲田大学)などの法律学校7校は特別認可学校に指定され「文官高等試験・判事検事登用試験」受験資格が与えられた。
―――それとひきかえに私立学校は学則、名称など細かい規制をうけ、在野的精神・自由民権法学との内容的結合を失う。

 1890明治23年、慶應義塾は大学部を設置、各種学校を抜け出した。教師は英語レベルアップにハーバード大学からアメリカ人3人、法科に帝国大学出の日本人を招いた。
  1893明治26年文官任用令制定。慶應義塾も「判事検事登用試験受験資格」を得、司法官僚への道が開ける。ちなみに「文官任用令」制定により、帝国大学への無試験特権は廃止されるも予備試験は免除、私立学校は予備試験からのスタートである。

 *文官任用令: 官界からの政党勢力の締め出しを図るため、1899明治32年、第2次山県内閣により試験任用が拡大され従来の自由任用を制限する改正がなされる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月 1日 (土)

会津藩士のカラフト、明治の教育者・南摩綱紀(福島県)

 カラフト探検もし北の大地を守るべく力を尽くした岡本監輔(文平)だが、やむなくエゾ地を去ることになり『窮北日誌』を著した。それに4人が序をつけている。「序」南摩綱紀、「窮北日誌叙」竹逕海保と紀州・山東一郎 、「叙」仙台県・鹿門岡
 岡鹿門(千仞)は山東一郎(直砥)と縁があり、岡と南摩は昌平黌の学友つながりだが、岡本と会津藩を代表する漢学者・南摩との関わりは何だろうと気になった。

―――(幕末)会津藩士は京都守護職となった藩主・松平容保に従い国元を出発。柴四朗少年も戦うべく上京したが、病身で背丈も大きくなく同年輩より幼く見える。しかし本人は陣中で腰に両刀、肩には小銃、手には槍と意気盛ん。人は「おかしくも又健気なり」と少年の血気を見守った。四朗はその一方で南摩綱紀に漢学を学ぶ(『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』)。

 南摩綱紀(1823文政6~1909明治42)。通称は八之丞、号を羽峰。南摩の祖先は下野国南摩城主、会津藩では上級武士であった。藩校日新館で学び江戸の昌平黌(昌平坂学問所)に入学、同藩の秋月悌次郎はもちろん岡鹿門松本奎堂らを知る。また蘭学も学ぶ。
 学成り、関西や九州を見聞して(『負笈管見』)会津に戻り、藩校教授を勤めた。
 1862文久2年、樺太戍衛(カラフト警備)を命ぜられ、のち代官。6年間、現地人の教化に勤めた。北の警備について『ある明治人の記録・会津人柴五郎の遺書』に次の一節がある。

―――内憂外患こもごも到り幕政悩ますこと数十年、北辺にオロシア軍上陸すれば松前藩は頼むに足らず、会津藩士を遠く征伐に赴かしめ・・・・・・礼文、利尻より侵入軍を追い払い、のち藩士ほとんど病没す。今は北辺の海岸近く会津藩士の墓、陣屋跡の石碑など淋しく

 南摩にとり『窮北日誌』は他人事でないのだ。共感をもって「吾が友文平、岡本兄、夙にけんけん(悩み苦しみ)の志を抱き北蝦をひらくを以て己が任となす。かつて全島を周歴し風土を観、人情を察し、開拓の方、撫御の術、深思熟慮・・・・・・」と序を寄せた。

 しかし幕末の動乱期、会津をはじめ東北諸藩は北の大地より心配しなければならない事がのし掛かる。藩主容保が京都守護職となった会津藩一同は京へと向かう。会津藩は京の都で武備を整える傍ら学校を設けた。南摩は校長として子弟の教育にあたり、柴四朗も学んだ。しかし、鳥羽・伏見に敗れ、終わる。
 会津藩は京を引き払うも南摩は大阪で情報収集してのち会津に戻る。さて、戦い迫り南摩は奥羽越列藩同盟の結成、列藩各藩との連絡、調整に尽力した。しかし敗戦、南摩は越後高田藩に禁固、甥の南摩八三右衛門は討死、その母と娘二人も自刃という悲劇に遭った。

 明治になり、南摩は許されて淀藩に招かれる。のち京都中学に勤務、漢学の名声により明治政府によばれ太政官出仕。のち東京大学教授東京高等師範学校教授などを歴任。

 日本弘道会副会長(会長西村茂樹)のころ、新潟県から増村度次(朴斎)が南摩を頼ってくる。戊辰後、謹慎していた高田藩の縁か。増村は私立中学・有恒学舎(県立有恒高等学校)創立者で漢学の修行はもとより学校創設の相談にものってもらう。南摩は学校の建築図面を文部省に持参、建築係長と面談するなど世話をした(『明治の精神』古川哲史)。
 著書は『内国史略』他あるも漢文で筆者には読めない。『追遠日録』(下野紀行)については訳注(道坂昭廣『四天王寺大学紀要47号』)がある。開通間もない川蒸気船や蒸気機関車が登場、元会津藩士が乗ったと思うと時代変化のスピードにハッとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »