« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月26日 (土)

明治・大正・昭和期の細菌学者、志賀潔(宮城県)

 2013年成人の日、東京近辺は大雪に見舞われ、困った人が多かったと思う。わが家も法事があり、近隣から車で来た親戚もスノータイヤじゃないから大変だった。長野県人はもっと災難で笹子トンネル事故に加え中央高速バスが不通で帰宅困難、その夜は新宿のホテルに泊まった。
 それにしても、振り袖姿の新成人こそ雪にまみれ足袋は濡れるし冷たく寒くさぞ大変だっただろう。この冬はいつにもまして寒いように思う。用事がない限り外に出たくないが、たまには友人に会いたいと「映画でも」と誘ったら「インフルエンザが流行っているから」と人混みをパスされた。まあご尤も流行り病には勝てない。今は情報があるから伝染性の病気は早めに用心するが、明治の昔はどうか。
 伝染病と言えば北里柴三郎が有名だが、北里の若い日、ドイツ留学から帰国しても活躍の場がなかった。それを長与専斎緒方洪庵塾以来の知友福澤諭吉に話すと、芝公園内の地所を提供してもらえ伝染病研究所を設立するもとになった。そのあたりは『松本順伝・長与専斎自伝』(東洋文庫)に詳しい。
 ちなみに「松本順伝」(良順・蘭疇、父は佐倉藩医佐藤泰然)は幕末の動乱をゆく順の豪放磊落な性格も相まっておもしろく目が離せない。幕末明治期が好きな人には特にお勧め。
 また、長与専斎の父は大村藩医、子は白樺派の作家・長与善郎である。長与作品の何が好かったのか忘れてしまったが『竹沢先生という人』など読んだ。前ぶれが長すぎた。表題の志賀潔は、北里柴三郎のもとで研究、赤痢菌発見で知られる。

 志賀潔(1870明治3.12.18~1957昭和32.1.25)佐藤氏の出、母の生家志賀家の嗣子。
 少年のころは蝶の採集が好きで科学に関心があった。東大を卒業後すぐに北里柴三郎の伝染病研究所に入り、柴三郎の指導により細菌の研究に励んだ。
1897明治30年、東京で赤痢が大流行する。志賀は苦心してその病原体を探し求め、翌年、患者の便から赤痢菌を発見(志賀赤痢菌)した。患者数を当時の新聞見出しでみると、

―――(明治29.11.3東京日日) 赤痢流行、29年に死亡2万人
―――(30.10.6国民新聞) 30年に東京で患者6千以上
―――(31.1.15東京朝日) 北里の弟子・志賀潔、赤痢菌を発見・・・・・・赤痢患者の排泄物中には、果たして赤痢快復期の血液によりて凝集反応を呈する特異の細菌あるを発見せり
―――(32.10.1国民新聞) 32年に患者8万、死亡1万5千人越える

1901明治34年、ドイツに留学、フランクフルトの実験研究所でエールリヒについて生物科学・免疫学を研究した。結核の化学療法を学び、帰国後、世界で初めて結核治療のワクチンを発見した。
1905明治38年、医学博士。
1914大正3年、伝染病研究所の東大移管にともない、北里柴三郎と志を同じくする人びとと共に同所を辞す。1915大正4年、新設された北里研究所に入り第4部長。
1920大正9年、慶應大学教授。1925大正14年、京城帝国大学の初代医学部長、のち同大総長。
1944昭和19年、文化勲章。勲章をみせてと言ってくる人があると、きまって「自分は天才でも秀才でもない。運がよかったのだ」と語ったという。
 著書:『ある細菌学者の回想』
 参考:『明治日本発掘』第6巻(河出書房新社) 『コンサイス人名事典』(三省堂)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年1月19日 (土)

西郷隆盛銅像の台座を作った建築家・塚本靖

 毎日新聞2013.1.18[重い・・・・引っ越せない]“社民党本部の浅沼稲次郎像”―――本部ビル移転に伴い元社会党委員長の胸像を持っていきたいが余りに重く、移設のため「台座を分離」して運ぶ事を検討中という。1960年演説中に浅沼氏は刺殺され、4年後設置された胸像引越の件である。事件ニュース映像は脳裏に焼き付いているが像は知らなかった。

 この浅沼像とは事情が違うが、銅像と台座で思いだしたことがある。
―――明治期、陸軍省・参謀本部があった三宅坂に寺内正毅の騎馬像があった。しかし平成の今、乙女らが楽しげに語り合う「平和の群像」に様変わりしている。台座は昔のまま立派でいかめしく、乙女の像とはそぐわない。銅像のすげ替えは時代を写す鏡か。そしてもう一つ台座の話。

Photo  写真はお馴染み上野の西郷さん。2013.1.17行ってみたら、工事フェンスに囲まれ成人の日の大雪がまだ解け残っていた。

 <上野公園で銅像除幕式>(東京朝日明治31.12.19)
―――公園入り口には紅白の国旗をひるがえし,式場を銅像の周囲に設け、憲兵、巡査ら警戒せり。建設委員長・樺山資紀伯の報告あり、除幕委員長・川村純義伯(海軍大将)は・・・・・・その銅像、右手に猟犬を曳き、左手をもって腰間佩刀の鯉口を押え、天の一方を睥睨す。これ翁が征韓論敗れて同志と武村に帰耕し、勃々たる覇気を深く蔵め、或いは鋤、鍬を手に、或いは犬を曳き、兎を追いし当時の状、佩刀はこれ翁が秘蔵の刀に模せしもの角鍔無反の薩摩拵えなり。周囲は鉄柵をもって繞らし、像は花崗石の基台上に立てられたり。

 この西郷隆盛銅像台座を作ったのは、明治期建築の第一人者・辰野金吾の弟子・塚本靖(1869明治2年~1937昭和12年)である。墓は多磨霊園。
 塚本靖は作品をあまり残していないが西郷像の台座で知る人も。銅像を見上げても台座はしみじみ見ない。しかし立派で大きい銅像ほど堅固な土台がいるから台座の設計は重要だ。その塚本は師の辰野金吾をよく支え、大学では多くの後進の指導にあたった。人目にたたずとも広く建築家として仕事をし、幅広い智識の持ち主でもある。
 代表作の旧ソウル駅は、日本が朝鮮を支配していた1925大正14年の作品である。赤煉瓦造り駅舎は、このほど復元工事を終えた辰野金吾設計の東京駅に似ている。

 塚本は京都生まれで1893明治26年東京帝国大学工科大学造家学科卒業(造家=建築)・明治美術学校講師・東京帝国大学工科大学助教授・1920大正9年教授のち名誉教授となる。この間、ヨーロッパ留学3年、清国出張2年、日英博覧会のためのイギリス派遣などにより、西洋建築だけでなく,美術・工芸にも造詣が深い。展覧会の審査員なども多く努めた。著述をみると幅広く多彩なのがわかる。

 東京美術学校講演「孔子の像に就いて」(昭和8.4.15帝室博物館発行)孔子その人の実像を想像できるような内容に惹かれた。
 『茶道全集・器物篇――天目茶碗考』(昭和11.10.25創元社)。茶道は知らなくとも名前だけは聞いたことがある天目茶碗。その由来や年代、日本や古代中国に於ける天目茶碗の使用など詳しい。
 『日本の仏教建築概説』(大正13.7.22時事新報社)日本建築史上仏教建築の地位、奈良・平安~江戸時代、現代の仏教建築まで論述。
 『新しい東京と建築の話』(大正13.7.22時事新報社)関東大震災の翌年出版され、塚本靖以下40人余が都市計画や様式、高層建築、娯楽場や劇場建築、公共の建物から社寺建築まで各々の立場から論じている。
 塚本は“新東京の理想”で「旧態を回復する以上に将来の発展を」とはじめて「これを機会に総ての弊を改良し、多少の反対はあっても、敢然として百年の大計を建てなければならない」と結ぶ。
 3.11を経験した今、参考になる記事があるかも知れない。“「安心して住める「地震の間」”(内山壽一)などもある。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年1月13日 (日)

柳田藤吉/貿易ことはじめ(岩手・北海道)

 けやきのブログⅡも4年目になり記事は約223件ほど、読んでくださってありがとうございます。コメント、間違い指摘もありがたく励みになっています。
 記事が増えるにつれ同じ人物が複数回登場している。柳田藤吉もその一人でユニークなエピソードの持ち主だからそれらを紹介してすませていた。しかし、『北海道の夜明け――開拓につくした人びと』(北海道総務部文書課編集1965.3.31)を読み、誰もが知る有名人物は別にして、事績がありながら知る人が少ない人物はもう少し丁寧にと思った。
 その『開拓につくした人びと』をもとに、激動の時代を元気いっぱい生き抜いたばかりか財をなし、社会に還元もした男の一代記紹介してみたい。写真も同書より。

130113_093607_2
 柳田藤吉、幼名徳助は12歳のときに陸中閉伊郡(岩手県)遠野の佐々木藤兵衛について商業を見習った。幕末、ペリーが再来し日米和親条約が結ばれ下田・箱館が開港されると17歳の徳助は箱館にわたる。
 ここで越前(福井県)の柳田治郎右衛門と知り合い、その援助により商店を開いた。屋号を柳家とし名を藤吉と改める。なお、のちに庶民にも苗字が許されると柳田姓にし、柳田藤吉を名乗るのである。

 藤吉青年はたちまち能力を発揮、間口を拡げ、箱館に入港のイギリス戦でやってきた商人アストンと取引をした。このとき南部産の大豆千石(約130トン)を売り渡したのが函館開港最初の貿易といわれる。
 次に昆布を千石(150トン)売り、膨大な利益を得た。外国貿易に成功すれば膨大な利益を得ることを学んだが、失敗もあり損害も大きかった。しかしめげない。次は、刻みこんぶの製造業をはじめる。北海道における刻みこんぶ業の最初である。
 さらに仲間といわしの玉かす(肥料)を買い入れて江戸に輸送もした。

 戊辰戦争となり藤吉は箱館在住の庄内藩留守居役から庄内藩士600人余りの輸送を頼まれると、プロシャ人ガルトネルと用船契約を結び、藩士を庄内に送り届けた。そのとき兵器・弾薬をも売り数万両儲けた。
 朝敵である庄内藩への武器売り込みで新政府からいったんは糾問されたが釈放される。そればかりか江戸における生産方御用達を命ぜられた。
 そのいっぽう、新政府側の秋田藩に軍需品千人分を横浜の外国商人と契約して供給、大胆な政商として巨利を得る。敵対する双方に武器を売るという節操を欠いた行為にさすがの藤吉も不安を感じ、罪滅ぼしを福澤諭吉らに相談すると学校がよいということになった。

 さっそく東京早稲田に土地を買い北門義塾を創設、その辺りは<2011.7.7北門義塾創立者>などで既述しているので省く。また箱館に分校・北門社郷塾を設けるが、そこに宣教師ニコライが通いはじめ、まだ布教が許されていない時だったので困ったという話が伝わる。

 1869明治2年、北海道開拓使がおかれ、藤吉は少数の和人とアイヌとが定置漁業を営んでいるだけだった根室に新漁場開設を出願した。翌年、帆船8隻で家屋・漁具など資材と漁夫や住人を送りこみ新漁場開拓に着手した。次々と土地の払い下げを受け、今の花咲港もそれである。だんだん住民がふえると寺院や学校(花咲小学校の前身)も建てた。
 更に千島に手をのばし色丹島に漁場を開設、ます・こんぶ・魚かすなど加工製造所を設けた。さらに1880明治13年藤吉は根室前浜の倉庫地埋め立てに着手するも失敗続き、しかし10年後、約2.6ヘクタールの広大な海面の埋め立てに成功“柳田埋立地”である。根室銀行設立し頭取になる。

 1900明治33年にはクナシリ島の硫黄鉱山を買って採掘をはじめる。翌年、釧路で牛馬の牧畜に着手、晩年はカムチャッカ沿岸の漁業権を得てはるか北洋にまで進出、やがて産業の発展のためにもと政界に出る。
 はじめ道会議員、ついで1904明治37年の第9回総選挙で当選、代議士となり根室と中央政界の政治的関係を強化する。それから5年、藤吉はこの地で73歳の生涯を終える。

      ***** *****
 2013.1.15毎日新聞より
サンマ水揚げ 花咲港日本一・根室3年連続>
―――(全さんまによると)花咲港の水揚げ量は7万3531トン 水揚げ金額は前年比約37%減の67億5565万円。宮城県の女川港と気仙沼港がともに1万5千トン代で、前年の2倍以上となり、東日本大震災からの復旧が進んでいることをうかがわせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年1月 5日 (土)

『明治事物起源』石井研堂(福島県郡山)

Photo_3  「恭賀新年の源」
 1870明治3年12月の太政官令にて、新年賀詞の書式を示す。1879明治12年以後、追々盛行したる「恭賀新年」「謹奉賀新年」のはがきはここに起源す。

 岸田吟香私製の年賀絵葉書あり(写真)、1881明治14年正月のものにて、ペン畫石版摺にて、薬店広告兼用なり、これらを私製はがきの始めといふべし。
  [増補改訂『明治事物起源』明治文化全集別巻・編集代表木村毅・日本評論社](写真)

 『明治事物起源』は実に多くの項目があり興味深い。興味本位に流れず調査研究して執筆、出典も明記してある。もっと知りたければ出典が手がかりになる。復刻・改訂と版を重ねていてどの図書館にもありそう。目次を開いて物の始まり見てみませんか?
 また、索引で必要事項にすぐいきつきますが、それだけではもったいない。解題にもあるように本書は、明治・大正・昭和の世相史、社会史でもあるから各前後の項も捨てがたい。「恭賀新年」前後の項は「京間の廃止」「金婚式、銀婚式の始」「菊花御紋章の定め」など。

―――1869明治2年、*沽券状改正につき京間(6尺5寸間)、田舎間(6尺間)があるのは不便だから6尺間に定めた(明治2年東京府庁)
     *沽券状:こけんにかかわるの沽券で土地家屋などの売却証文。

―――宮城県桃生郡中津山の千葉泰蔵氏は結婚50年を経、しかも初婚のまま、子孫三夫婦打揃ひ、この度金婚節を施行せんと(後略)東北毎日新聞・明治20.10.25。    Photo_4

 分厚く膨大な『明治事物起源』著者は石井研堂(1865慶應元年~1943昭和18年)。本名民司。福島県郡山出身。年譜からその歩みをみると、

 7歳・医師大槻友仙に入門、10歳・郡山金透小学校、19歳・小学校教員検定試験合格し教員に、21歳・辞職して上京、岡千仭(鹿門)塾に入るが脚気を患い郷里で静養。
 24歳・再び上京、東京教育社に入り『貴女之友』『国民必携』(横書会機関誌)編集。25歳・東京有馬小学校訓導、神田松住町に新所帯をもつ。27歳・小学校をやめ少年雑誌『少国民』編集、同人誌『こじき嚢』発行。

 1895明治28年『少国民』に手旗信号を掲載し軍機漏洩で告発され、三ヶ月の重禁錮となるも大審院で無罪。その後も『今世少年』『世界の少年』『実業少年』などを編集、少年の憧れとなった。
「石井研堂は日本中で一番えらい人で、自分も長じてはあんなになりたいと思っていた」(『文章世界』編集・前田晃)。
 50歳・下谷根岸に新築。55歳・父に従い四国、中国、木曽路を周遊。58歳・活版印刷史料踏査のため九州地方巡覧。59歳・関東大震災に遭う。
Photo_5  1924大正13年、吉野作造尾佐竹猛らと明治文化研究会の創立に力を尽くした。原稿用紙文字は研堂の筆蹟(写真)。

 50年にわたる著作は『理科十二ヶ月』『中濱萬次郎』『漂流奇談全集』『釣師気質』ほか短いものを入れると数百編になる。
  2006昭和18年、79歳で逝去。その死を西田長寿、尾佐竹猛、木村毅、柳田泉という明治の先たちが哀惜、志を継ぎ『明治事物起源』を重版した。 
 年譜で研堂が岡千仭塾入門したと知り、岡千仭(宮城県仙台)つながりがここにもと感心。東北から上京した青年たちは岡の学塾で、学問だけでなく人の繋がりも得たと察せられる。

『明治事物起源』活版印刷の項はとても詳しく参考になった。文献のみでなく長崎など現地に足を運び実際に見聞している為と納得、他の項目も同様だろう
 また、序文を寄せた仲間、協力者の高橋太華(福島県二本松)は東海散士柴四朗(会津若松)とも縁が深い。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »