« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月23日 (土)

日露戦争秘史中の河原操子(長野県)

 日米首脳会談ニュースの前に、森・元首相がロシアのプーチン大統領と会談「北方領土・日露容認できる案模索」のニュースがあった。この先、日本はどうなるんだろうと不安が募るばかり。
 たまたま河原操子の伝記を読んで、「日露」から日露戦争が思い浮かび、勲章までもらった女子諜報員を取り上げてみようと思った。戦前、知性があって勇敢な美人諜報員は映画や物語にと大人気だったが、誤解も多かったようである。

 河原操子は1875明治8年信州松本藩の藩儒の家に生まれ明治維新後、漢学を教えていた父の薫陶を受けて育った。父の河原忠とシベリア単騎横断の福島安正(のち陸軍大将)は幼なじみ。
 16歳長野県師範学校女子部、21歳東京女子高等師範学校入学。24歳で県立長野高等学校で教鞭をとり翌年、実践女子専門学校長で女子教育界に重きをなしていた下田歌子に出会う。
 操子は歌子に「清国に渡り女子教育につくしたい」と抱負を語った。その後、歌子の推薦をうけた操子は、日本在留の清国人女子の学校、横浜大同学校(犬養毅名誉校長)に赴任することになった。
 当時、日本人は日清戦争に勝って中国を支那とよび劣等視していたから中国人の対日感情はよくなかった。しかし操子は熱心に指導した。それが認められ27歳という若さで単身で上海に渡り、務本(うーべん)女学堂で8歳から30歳まで45名を教えた。

 そのころ日本は日露戦争を前に、各所に秘密機関を設けていたが、なかでも蒙古は敵の後方攪乱、情報の連絡地として最重要地だった。そこで操子が内田康哉中国公使に懇望され、蒙古カラチンに派遣されることになった。操子は上海から北京に赴く。1903明治36年、操子は日本公使館がつけてくれた護衛二人と共に、表向きはカラチン王府に創設される女学校の教師として赴任。
 北京を出発する操子を見送る内田公使夫妻ほか皆「生還を保証できない地に若い娘を入り込ませる哀れさ」に思わず涙をみせた。操子も重大任務について尽忠報国の志をもって為し遂げ、万一の場合には父から贈られた短刀で自刃する覚悟で旅立った。

 護衛の軍人は北京からカラチンまでの地図作成の密命を受けていた。これにより参謀本部は地図を得た。
 轎(かご)に乗るとはいえ、道無き道の荒野を行くのは簡単ではない。「生きながら氷とやならんと思われ、恐ろしくも又辛い」寒さに耐え、蒙古風に吹きさらされ、馬も滑る氷原を往き、万里の長城・熱河のまだ先のカラチンにようよう着いたのは北京を出てから九日目であった。

 蒙古のカラチンではさっそく表面上の仕事、女学堂を創設すると教師として様々工夫をしてカラチン少女の教育に励んだ。軍事上の秘密通員としての役割を果たしながらである。それぞれ潜入中の特別任務班員とのやりとりは、王府内に親露派が多くいたので苦心があった。中国名での秘密の情報交換ほか、操子はカラチン王夫妻にも守られ任務を果たすことができた。
 カラチン王妃は、義和団事変の際、北京籠城中の柴五郎が守備の要の陣地にした邸の主、粛親王の妹で親日派であった。

 はたして1904明治37年、日露両国は宣戦布告。過酷な戦いの末、翌年9月、講和条約調印となり操子の任務は終わる。翌年、帰国すると数ある縁談が待っていた。そして、横浜正金銀行ニューヨーク副支店長・一宮鈴太郎と結婚、アメリカ・ニューヨークで夫はもちろん在米日本人の助けとなった。
 明治の世は、このようなデキル女性でも活躍の機会を与えなかった。家庭に納めてせいぜい内助で終わらせてしまう。現代なら、誰にでもとはいかないまでもチャンスや活躍の場があるのに、惜しい。

 むろん特別任務班は横川省三ほか無名の諜報員まで何人もいる。『日露戦争秘史中の河原操子』(昭和10.1.1福島貞子著・婦女新聞社)には、「烈士の活躍」と題して略伝から、壮行、悲運や処刑場の写真まで載せている。今の情報社会からはとても考えられない、情報を得るのが命がけの時代があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年2月16日 (土)

伊達邦成(宮城県)の北海道開拓

 幕末。62万石の大藩、仙台藩(15代藩主・伊達慶邦)は幕府側・朝廷側の双方から活躍を期待されたが、両者に距離をおく政治姿勢をとっていた。しかし薩長による倒幕の動きのなかで朝敵とされた会津藩の救済と薩長の横暴を排する方に傾いた。そして仙台藩を盟主として東北諸藩に長岡藩も加わり奥羽越列藩同盟が結成された。が、会津戦争の最中に同盟は崩壊、仙台藩も降服した。
 明治維新後、仙台藩は28万石に減封され、残余はいくつかの藩の取締り地預け地となった。そのうち刈田郡、など旧仙台藩領に伊達郡の一部を加えた地域13万石が白石藩となった。そこに旧盛岡藩20万石をを没収された南部彦太郎が転封となり、白石城を居城とした。
 この処置により生活が困難になった旧家臣らは武士身分の解消により帰農策がとられた。一門の亘理(宮城県南東部)・岩出山伊達家では北海道開拓が推進された。

 3万石の亘理城主・伊達邦成は1869明治2年、蝦夷地開拓の計画を聞き、家老田村顕允とはかり旧藩士8000人を移して開墾の事を請願した。この年、開拓使が設置されえぞ地を北海道と改称、各地を諸藩などに分割支配させることになった。伊達邦成は
「自費にて漸次移住し、実効を挙げよ」と、胆振(いぶり・北海道中南部)有珠郡を支配地と定められ、10月、有珠郡にわたり支配地の授受をおえ着手の地を紋別にさだめた。

 1870明治3年4月、伊達邦成は亘理の大雄寺に旧藩士を集め「北陲をもって墳墓となし、艱難を克服して勤王の実効を挙げる」また、祖先伝来の宝器を一切売り払って資金にすると誓い、同志を求めた。従う者あり、まず移住者220人と人夫30人を率いて紋別に渡った。
 次いで8月に、男女72人が移ったが、武士の身で寒くてもの寂しい北地で慣れぬ鋤鍬を扱うとなれば、困苦は察して余りある。こうして、有珠郡を中心に仙台藩士族が移住開拓にあたった。伊達邦成が北海道開拓につくした功績は大きい。

  山畠を開墾しても水気なく人目も草もかれぬと思へば
  開拓に盡力なさる方々はわが衣手に雪はふりつつ

 ほかに宮城県出身で北海道根室にわたり、漁業指導に従事した佐藤久右衛門(陸奥国仙台城下生まれ)がいる。『北海道「海」の人国記』(伊藤孝博)は、大富豪でも広域漁業家でもないが、一つの地域に根を下ろし、地元開発の祖となった典型として、「和人で初めて羅臼(らうす・北海道北東部)に定住、羅臼開拓の祖とされる漁業家・佐藤久右衛門」をとりあげている。

 また、維新の激変後、旧幕府時代のものを無用の長物視し、維新政府への服従として城郭を壊すようになった。真っ先は但馬国出石(兵庫県)で戊辰9月15日に壊された。会津藩の降服ははこの一週間後、9月22日である。
 1871明治4年、仙台の白石城が取り壊され、その材を片倉邦憲が賜り、北海道開墾の費用に充てた。これなどは有意義な取り壊しであるが、全国の藩城は取り崩される運命にあった。ところが廃藩があったり、熊本など名城は残すべきとか何やかや、今に残る城もある。
 1873明治6年、官令で「要衝にある城池、軍事必要のものは陸軍省に属す、その他は大蔵省に附して廃毀する」として旧城池を整理した。全国の存城42,築城12を指定したが築城はされなかった。
 余談。北海道南西部の松前城の石垣には戊辰戦争の砲弾跡が遺る。

 参考:『宮城県の歴史』山川出版社  『明治事物起源』石井研堂 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年2月 9日 (土)

明治・大正期の自由民権運動家、河野広中(福島県三春)

 東日本大震災と原発事故のため遠く離れた会津若松市(福島県西部)に避難している大熊町(福島県東部)。そこに熊町小学校大野小学校がある。熊町小学校ホームペー ジhttp://kumamachisyo.blog.fc2.com/page-1.html を開いて子どもの笑顔があるとホッとする。そこの6年生が主役のNHKテレビ【目撃!日本列島「自分で調べる“放射能”福島 大熊町の子どもたち】を視ていて、健気な姿に感心しつつも胸が痛んだ。しっかりせざるを得ない現実を受け止め向き合う子どもたち、放射能について真剣に学ぶうちどんどん成長する6年生。子どもにとって何が善いのか悩みながら見守るお父さんとお母さん、心情は察してあまりある。

 それにしても、海辺の大熊町と盆地の会津若松では気候風土が異なり慣れるのに時間がかかったでしょう。同じ福島県といっても成り立ち、土地柄は一様ではない。それは幕末の戊辰戦争をふりかえっても同じ、というよりいっそう複雑だ。敵味方入り乱れ、いったんは奥羽列藩同盟に加わるも会津を攻めた藩があり人がいた。是非善悪はおいて、三春藩(福島県東寄り)郷士の子でのち福島事件で名を馳せた河野広中は土佐藩に協力、棚倉(福島県南部)で会津攻略のための軍用地図を作成したという(『河野広中』長井純市)。
                           
 河野広中(1849嘉永2.7.7~1923大正12.12.29)磐城国生まれ。号は磐州。
 幕末、広中は兄弟や有志と尊王攘夷についてよく語り合っていた。当時、西方から会津征討の軍が各道を進発、東北では奥羽列藩同盟が結ばれ三春藩も同盟に加わった。しかし、三春藩は維新政府側に傾いてゆく。尊王論の広中は、会津攻めの響導役(道案内)を白河まで攻め寄せていた土佐の板垣退助に申し出、土佐藩隊外の「断金隊」に同志と参加する。 この出会いが、後藤象二郎ら土佐人ほか幅広い人脈、自由民権や政治運動につながる。

 さて、三春藩は維新政府軍に城を明け渡し会津と奥羽越列藩同盟軍と戦うことになる。広中が属する断金隊も阿武隈川の渡船場で戦闘、広中は飛び交う弾丸の中、船を奪い取り新政府軍の渡河を助ける殊勲をあげた。次いで三春藩は新政府軍と共に二本松城を攻め落とし、広中は断金隊を離れる。三春に戻って藩政改革を進めようとしたのだ。しかし戦闘で功績があったとはいえ、未だその地位ではなく受け入れられなかった。

 明治維新後、広中は兄の勧めで若松県の吏員になるも上司と衝突、会津を離れた。以後、三春藩の捕亡取締(下級役人)、蘆沢村の祠官(神主)、この間に廃藩置県があり三春藩は三春県となり更に平県(磐前県いわさきけん)に編入された。
 1873明治6年(三春駒の産地)磐前県常葉村の副戸長になった25歳の広中は、『自由之理』(ジョン・ミル/中村正直訳)を三春で手に入れた。さっそく常葉に戻る馬上で読み、自由や権利について共鳴した。自由民権思想に目覚めたのだ。
 以来、福島に政治結社・石陽社、民権結社・三師社を結成して東北民権運動の指導者となる。また上京して愛国社・国会期成同盟の幹部として請願運動にも活躍した。
 1881明治14年自由党結成のさいには大きな役割を果たした。活躍の様子が『河野広中』でよくわかり興味深かった。この年、県議会議長になる。
 1882明治15年、三島通庸県令の会津三方道路開設のための夫役を強制するなどの県政に反対、福島事件がひきおこされると指導者として内乱予備罪に問われた。禁錮7年の刑で宮城県監獄に収監され、獄中で英語の勉強に余念がないなどの消息が新聞の載っている。
 1889明治22年憲法発布の大赦で出獄。
 1890明治23年第1回衆議院選挙に出て当選、以来14回連続当選。
 1903明治36年衆議院議長、日露戦争後に講和反対運動をおこし、日比谷焼き討ち事件で罪に問われ投獄されたが証拠不十分で釈放。
 1914大正3年大隈内閣で農商務大臣。生涯を民衆政治家として政党内閣と普通選挙実現のためにつくし74歳で没した。
 伝記『河野磐州伝』上下。福島県田村郡三春町に歴史民俗資料館自由民権記念館と銅像。

  参考: 『河野広中』(長井純市著・吉川弘文館)  『コンサイス人名事典』(三省堂) ほか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年2月 2日 (土)

続・ある早稲田つながり、『文芸首都』保高徳蔵

 いきなりですが過去記事2012.12.28「ある早稲田つながり、北門義塾・内ヶ崎作三郎・直木三十五②-2」の直木三十五同級生名訂正します。
 穂高徳蔵 → 保高徳蔵(やすたかとくぞう)。
 これも何かの縁、保高徳蔵を調べてみるとその道で知られる人物でした。
 
 保高徳蔵(1889明治22.12.7~1971昭和46.6.28)大阪。
 早稲田大学英文科卒業。同期に直木ほか西条八十、坪田譲治、鷲尾雨工ら。卒業後、「読売新聞」記者、博文館の編集者のかたわら『早稲田文学』に作品を発表していたが、文壇で認められず永い雌伏時代を経て40歳のとき改造社の懸賞小説に応募、「泥濘」が当選し『改造』に掲載された。
 作品は『勝者敗者』『或る死、或る生』など。『編年体・大正文学全集1921』(編者代表内田百閒・ゆまに書房)に「棄てられたお豊」(『早稲田文学』大正10年7月号)が掲載されている。
 自然主義的作風の作家として知られたが、プロレタリア文学とモダニズムが主流だった文壇に受け入れられなかった。このような体験が無名作家の育成を思いつかせたようだ。

 1932昭和7年季刊雑誌『文芸クオータリイ』刊行。無名だった丹羽文雄、田村泰次郎、深田久彌、上林暁らが作品を発表した。
 次いで翌8年、月刊雑誌『文芸首都』創刊。当時は芥川賞・直木賞のほかに新人台頭の機関が無く『文芸首都』は新人の創作研究や発表の場となった。芝木好子、大原富枝、保髙みさ子、北杜夫、なだいなだ、佐藤愛子らが世に出た。
 部数は創刊の1933昭和8年1千部、1941昭和16年用紙の統制による企業整備の際は5誌を統合して存続、1944昭和19年1万部に達し、戦争中も不定期ながら刊行を続けた。
 この雑誌の維持は保髙徳蔵個人の努力によるところが大きいが、広津和郎・直木三十五・宇野浩二・青野季吉・谷崎精二らの後援もあった。
 『「酒」と作家たち』(浦西和彦編・中公文庫)解説中に[文壇酒徒番付](昭和31)の話題があり、保髙の名もあがっている。
―――東の横綱は青野季吉老、西が井伏鱒二。東の大関・尾崎士郎はいいとして、西の保髙徳蔵はちょっと唐突ではないか。(『東京新聞』鷲尾四郎の批評)。

     <直木三十五と酒/ 文・保髙徳蔵>

―――直木はぼくのように酒のみではなかった。だから遠い学生時代からの記憶をたぐって見ても、酒に関連したものは極めて少ない。
 郷里が大阪という関係も手伝って、私たちはいっぺんに親しくなった。私の下宿に彼は毎晩のようにやって来た。碁をうったり議論したり、夜の街を歩いては、時にはおでんの屋台店で一本の酒に上機嫌になったり、要するに貧乏書生の最低の娯楽に甘んじていた。
―――二度目の夏の休暇が終って上京すると、直木は美しい奥さんを連れて上京していた。
「あんな美人をどこから、どうして連れて来たんだ」
「あれは中学の時の友達の叔母さんだよ。京町堀のお寺の娘なんだが、父が死んで、兄が後を継いでるんだが、頑固者で結婚に反対したから掠奪して来たんだ」
 直木は茶飯事を語るように平気な顔で云った。
―――「これはうまい。なんという酒だ」「保髙君、その酒の味がわかるとは話せるぞ。別に秘密もない。大阪の酒だ」
 私は初めて、直木三十五が東海道を手荷物に携えて来た灘の生一本の美味が心底からわかった。
 私が酒を賞味していると、直木は別に自慢するような様子もなく、ほんのり眼もとを赤く染めてにこにこしていた。物静かな酒だ(『「酒」と作家たち』より)。

参考:『現代日本文学大事典』(明治書院) 『コンサイス人名事典』(三省堂)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »