« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月28日 (土)

元気と智恵で渦中に乗りこむ、清水卯三郎(瑞穂屋)

 以前、山東一郎(直砥)の辞書『新撰山東玉篇 英語挿入』(1878刊)をとりあげたが、当時は印刷がそう簡単でない時代かと思い、当時の印刷出版に興味をもった。日本には古くから木版があり書物も多く、活字印刷は普及していなかったからである。
 調べてみると、山東は明治の初め横浜で、浅草天王町の商人・清水卯三郎からパリ直輸入の印刷機「足踏み式印刷機・フート」を購入している。しかし印刷機は慶應義塾に納まる。
 その経緯は、慶應義塾の経営が軌道に乗り活版印刷に興味を持った福澤諭吉が印刷機を買うべく瑞穂屋(卯三郎)を訪ね山東が購入した後と知り、すぐに山東のもとへ行って印刷機を手に入れたからである(『慶應義塾五十年史』)。

 1867慶応3年、徳川慶喜はフランスからパリ万国博覧会へ招待を受けると徳川昭武を派遣した。幕府も出品物を準備し、各藩や商人たちにまで出品を勧誘、これに応じたのが肥前藩、薩摩藩、江戸商人清水卯三郎であった。
 万国博覧会出品物は輸送船を雇い幕府役人が宰領したが、瑞穂屋から吉田二郎ほか3名、柳橋芸者3名も同船した。日本の出品物は好評を博し、ことに卯三郎の作った日本茶屋は人気でパリの新聞にのり、連日大入り盛況であった。
 昭武は博覧会が終わると留学生活に入ったものの幕府が倒れ、留学を中断して帰国する。卯三郎は欧米の学術工芸を視察し1863慶応4年5月、戊辰戦争さなかに帰国した。

 随行の一人、渋沢栄一は資本家の第一人者となるが、このヨーロッパ体験から得たものもあるだろう。その渋沢は埼玉県深谷市出身、卯三郎はそこから遠くない羽生市の生まれ。同じ埼玉県人、武士出身ではないが明治期に活躍は共通するが、清水卯三郎を知る人は少ない。卯三郎の活躍を知るにつけ、智恵も勇気もあり波瀾万丈の活躍をしたのに埋もれてしまっているのは惜しい。ともあれ、紹介してみる。

   清水卯三郎(瑞穂屋) 1829文政12~1910明治43年。

 武州埼玉郡羽生村名主の三男。生母が亡くなり養母の実家、叔父の根岸友山に養われる。友山は勤王運動家で国事に奔走、家には志士、浪士、学者などが出入りしていた。12歳で友山の師・吉川波山に漢学を学び、その後は仙台藩士小林に数学、江戸人の青木に薬学を学んだ。
 1849嘉永2年、卯三郎21歳は江戸に出て、叔父友山の縁で漢学者・寺門静軒、蘭学者・佐藤泰然のもとを訪れ学ぶ。

 1854安政元年、北からの黒船ロシアのプチャーチンが下田に来航、筒井政憲川路聖謨が応接係となる。卯三郎は友山に頼み、表向き筒井の足軽となり下田に向かった。
 幕府役人中に翻訳方の蘭方医・箕作阮甫がい、その縁で、のち阮甫の家に住み込み蘭学を学ぶ。下田ではロシア人に近づき会話もし、必死の勉強で百日ほどの滞在中に250余のロシア語を覚えた。折しも安政の大地震が起こり、下田にも大津波が押し寄せ、ロシア艦ディアナ号も大破。
 この年の暮れ、卯三郎はいったん羽生に帰り、また江戸へでる。

 1856安政3年、本草学と西洋薬学を応用した「日本大黄考」発刊。
 1856明治4年、海軍伝習生を志願して長崎へ行く。
 1858安政5年、安政の五カ国条約が結ばれ横浜開港、翌年から貿易開始となる。
 志を果たせず、やむなく長崎から戻った卯三郎は、遠縁の「いせとく」と組んで横浜に「たなべや」を開店、主に大豆を売買する。ここでもツテを得て、通事・立石徳十郎に英語を習い、またアメリカ総領事ハリスの書記官に日本語を教え、彼から英語を習った。
  この横浜の店に岸田吟香が訪れ、卯三郎はヘボンを引き合わせた。そして、吟香はヘボンの『和英語林集成』の編纂を助けることになったのである。
 
 

 1860万延元年、実用的な商人用の英会話書「ゑんぎりしことば」を書いた。
 1862文久2年、生麦事件。謝らない薩摩にイギリスは怒り談判するも決裂。
 1863文久3年、イギリス艦隊7隻が横浜を出航、鹿児島に突進。この時、卯三郎はイギリス人から日本文を読む者として同行を頼まれると「それは面白い行ってみよう」と承諾、横浜税関の免状をうけ旗艦ユーリアスに乗りこみ親しく戦争を見物した。
 この戦争で薩摩の寺島宗則(明治前期の外交官)と五代友厚(政商)の二人がイギリスの捕虜になった。寺島と卯三郎は面識があり意外な邂逅に驚き、卯三郎は二人の釈放に尽力した(『福翁自伝』)。二人の命を救ったのは、生来の積極性と向学心にもえる卯三郎らしい勇気ある行動であった。

 1867慶應3年、ナポレオン3世治下のフランス・パリ万国博覧会に参加。
 万博みやげは、活版印刷石版印刷の機械、陶器着色や鉱石鑑別の方法、西洋花火、ほかに歯科医学関係の書籍と歯科機材がある。
 1868明治元年、浅草に瑞穂屋商店を開業、西洋書籍・器具類の販売石版印刷を試す。
 「六合新聞」発刊。しかし、「御用金廃止の建白に賛意をのべたハリー・パークスの不敬事件」を弁護して忌避にふれ、7号で廃刊。
 1869明治2年、日本橋本町三丁目に移転し業務を拡大。

 1873明治6年、森有礼(初代文相)を中心に啓蒙団体、明六社設立。福澤諭吉のほか、ほとんどが明治維新政府の新知識というなか卯三郎は商人ながら有力メンバーであった。
 1874明治7年、『明六雑誌』に「平仮名ノ説」を発表。卯三郎は西洋の文化をいち早く輸入したが、頑強な国粋主義者でもあった。
 漢字廃止を叫ぶがローマ字でなく、かな専用を採用、独自の“やまとことば”を用いた。
 卯三郎のいう「舎密の階」『ものわりのはしご』は、原著「平易な農学入門のための実験化学概要」の翻訳書である。自伝「わがよ  (1899)」が 『しみづさぶろう畧伝』附録にあるが、分かち書きされてても全編ひらがなは辛い。
 1875明治8年、アメリカから歯科医療機械を輸入販売。また、窯業用薬品を発明、陶器七宝製造の改良に尽力。出版事業につくし、書籍業者第一回委員となる。
 1881明治14年、「西洋烟火之法」発刊。『保歯新論』発行。

 1883明治16年、かな文字推進の三団体が団結し「かなのかい」を結成、卯三郎は機関誌などを出版し応援した。『かなのくわい大戦争』発行。
 1887明治20年、『ことばのはやし』発行。
 1891明治24年、「歯科雑誌」を発行、また40種あまりの歯科に関する出版もした。
「歯科雑誌」(瑞穂屋発閲)は歯科医学に関する論文を、欧米歯科雑誌から抄訳して掲載、月刊で100号まで続いた。
 1894明治27年、日清戦争。 『日本大辞林』発行。
 1910明治43年1月20日没、82歳。“隠れたる明治文化の貢献者”清水卯三郎、浅草・乗満寺に葬らる。

   参考: 『しみづうさぶろう畧(略)伝』昭和45年・長井五郎著/ 『新旧時代』4・5・6号「みづほ屋卯三郎」井上和雄/ 『明治事物起源』石井研堂/ 『徳川昭武 万博殿様一代記』昭和59・須見裕著・中公新書

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月21日 (土)

明治・大正期の洋画家、萬鉄五郎(岩手県)

 2013年中秋の名月は見事だった。まん丸で欠けてないから物思いにふける隙がない。とはいえ、じきに半月になり秋の気配がましそう。でも、夏はすぐには去らない。この季節のせめぎ合い、優美に表現すれば芸術かもしれない。しかし絵心、歌心なし筆者には無理、せめて画集で芸術を味わうことにしよう。

 現代日本美術全集『萬鉄五郎/熊谷守一』1980(集英社)、はじめの〔雲のある自画像1912〕に見入っていたら画中の萬鉄五郎と目があった。たじろぎ、急ぎ次ページへ、〔日傘の裸婦1913〕と〔裸体美人1912〕が並んでいる。次々見ていく、〔ボアの女〕〔薬罐と茶道具のある風景〕〔かなきり声の風景〕〔地震の印象〕〔猫〕〔犬〕〔牛〕〔あじさい〕〔薔薇〕等など傾向の異なる絵がたくさん。なかに数枚の萬鉄五郎自画像があり、時代によって画風も色彩も異なるが、どれも目に力がある。何を見通し、何を思い自身を描いたのだろう。

Photo
  萬鉄五郎 1885明治18.11.17~1927.昭和2.5.1 岩手県和賀郡東和町土沢生まれ。

 土沢は花巻から遠野をへて釜石に至る街道筋にあり、そこの農海産物の回送問屋で資産家の家に生まれた。早くに母を亡くし祖父と伯母に育てられた。祖父の死後、早稲田中学に入り白馬会第二洋画研究所(菊坂研究所)に通い、長原孝太郎の指導を受けた。
 当時の自画像(1904)からも強い視線を感じるが、まだ独自性は発揮されていない。

 1906明治39年、上野谷中・両忘庵の禅堂に通い参禅していた萬は、宗活禅師が渡米するのについていった。宗活禅師はその師、釈宗演が鈴木大拙を伴いアメリカに臨済禅の布教にあたった志を継ごうとしたのである。しかし、約半年のアメリカ生活は窮乏をきわめ、志もならず帰国した。

 帰国後、東京美術学校西洋画科(現・東京芸大)へ入学。1912明治45年の卒業制作〔裸体美人〕は、フォービズム(野獣派)を意識した強烈な色彩的作品である。
「わが国最初のフォービニスト。形式に少しも災いされず、観念的なものがなく、鋭い感受性と強い意志の力を宿した画面は溌剌としたものがあった」(*岡畏三郎 『近代日本美術資料』国立博物館編1948)。

 
  * 岡畏三郎:美術史家。父岡鬼太郎は劇評家、福澤諭吉の時事新報・二六新報記者。兄は岡鹿之助。

 1912大正1年10月、高村光太郎岸田劉生らと *フューザン会を起こす。同年、日本では数少ないキュビズム(立体派)理論により構成された〔もたれて立つ人〕を二科展に出品。

 * フューザン会: 文展系の洋画にあきたらない在野の青年洋画家らの団体。

 1913大正2年春、28歳の萬は短期現役志願兵として北海道旭川・第7師団に入隊し勤務。その年の夏に帰京、翌年秋に東京生活をたたんで郷里に引きこもることにした。すでに妻子があり、生活費を得るため浅草で映画の看板を描いたり、政治漫画の投稿などをしていた。
 土沢に帰郷した萬は、再上京まで孤独な時間と空間に自分を置き、脇目もふらず制作に没頭、勉強した。
 1916大正5年正月、郷里で描いたたくさんの作品をひっさげて上京、展覧会を開いた。しかし展覧会は目立たなかったらしく画壇の反響はほとんどなかった。

 1919大正8年、二科展に〔木の間より見下ろした町〕を出品。
 このころ神経衰弱となり、療養をかねて茅ヶ崎に転居。当時の心境は「悶え苦しみながら、ごろごろ転げ落ちつつある様な感じ」だった。こうした苦境、探求、苦悩からの脱出を萬は日本の伝統美術に求めていった(『現代日本美術全集』「萬鉄五郎の生涯と芸術」陰里鉄郎)。
 「東洋画を正当に生かすには筆墨の精錬に重点を置いて」、装飾性の強い琳派でなく南画、文人画に興味をもち独自の近代日本洋画を探索した。
「(谷文晁は)あく迄人間生活に生き積極的、精力的、征服力に進まんとする・・・・・・写形、構図に至るまで画宗たるにふさわしきものを獲得した」(萬鉄五郎著『文晁』アルス美術叢書1926)。
 このような努力の結実として〔臥(ね)ている人1923〕〔宙腰の人1924〕〔ほほ杖の人1926〕など日本近代油彩史に独特の画境をつくった。

 1927昭和2年5月1日、萬が好んだ赤と緑の対比が生きた〔水着姿〕が新装なった東京府美術館の壁面を飾った折しも、43歳の生涯を閉じた。
 ちなみに岩手県立美術館に萬鉄五郎、松本竣介、舟越保武の展示室があり、萬〔赤い目の自画像1912〕などがある。
 なお、自画像の萬と写真の萬は別人のようだ。年齢というより、内面が表れているか否かなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月14日 (土)

十五夜それとも十三夜

 【2020年東京五輪決定】猛暑一段落の日本に明るいニュースがもたらされた。ただ、震災から3年経っても元の生活に戻れてない被災地を思うと、喜んでばかりいられない。手伝いをしてないのに生意気は言えないが、被災地の受け止め方はどうか、復興が後回しになりはしないか心配になってるかもしれない。原発事故により故郷に住めなくなって学校ごと町ぐるみで会津若松市に避難している大熊町の皆さんはどう受け止めたでしょう。どうか誰彼なく良い状況で、オリンピックを受け入れられるよう復興を早めてほしい。

 猛暑にうだる間にいつしか9月、日暮れが早まりぽっかり浮かぶ月に秋を感じる。この月はオリンピック会議のあったブエノスアイレス、マドリード、イスタンブール、東京、そして福島の空にもかかる。晴れてさえいればどこにいても月を見られる。
 ときどき思う。今見ている月は世界中を照らし、どこかの街角で道ばたで見上げる人がいる。そう思うと、灯りのついてない家に帰るとしても寂しさが和らぐから不思議。

 もうすぐ中秋の名月。中秋は仲秋とも書き陰暦八月十五日のこと。この十五夜満月がいいという発想は中国のもので、陰暦八月十五日は新暦では2013.9.19にあたり日本ではまだ湿気が残る。千年前の貴族、藤原忠通は陰暦九月、それも十三夜がいいと詩にした。
 陰暦九月十三夜は新暦では2013.10.17になり涼しく空気は澄み月も冴える。そうして十三夜には、これから丸くなるという期待感がある。これも日本人らしい感性といえそう。
 詩は読み下したものを引用。注:翫(めでて喜ぶ)。窮秋(晩秋)

    九月十三夜翫月                           
                             藤原忠通(1097~1164) 
                                          
  閑窓寂寂 日に相ひ臨む                       
  窮秋に属してより望み禁(た)ふべからず        
  潘室の昔蹤 雪を凌いで訪ひ
  蔣家の旧径 霜を踏んで尋ぬ
  十三夜影 古より勝り
  数百年光 今に若かず
  独り前軒に憑(よ)つて首を回らし見れば
  清明此の夕 値千金

 中国から漢字文化を輸入した日本は、訓読により漢文学・中国古典を理解でき、やがて真似ではなく日本人の感性で漢詩を作れるほど成熟した。千年昔の貴族は漢文を学びつつ日本独自の感性を取りいれた。時移り中国との交流が途絶えてからは、ますます日本独自の漢詩文を創作、新しい詩の世界がうまれた。題材も日本独自のものを扱うようになった。
 たとえば頼山陽に「天草洋(なだ)に泊す」は蘇東坡をとりこみも日本らしい漢詩がある。ちなみに天草洋の洋は海。海は日本ではいいイメージだが、中国では旧字「海」には水と晦→くらい「くろぐろと深い[うみ]に意を表す」。さらに海には暗い、地の果てのイメージ、さらには海にはおどろおどろしい大魚が棲むとも。遠い昔、広い中国大陸を思えばありそうな想像だ。隣国でも「海」のイメージがこんなにも違う。知らないことが海の水ほどありそう。

Photo_2


 ここまで偉そうな知ったかぶりの出所は【漢詩と日本文化】(石川忠久教授)大正大学・日本文化社会学主催の講演です。至福の2時間でした。興味を抱く人物が漢詩をしていて理解の助けにと聴講したのですが、そんなことより大きなものを得た気分です。
 講師の石川先生は中国と日本の漢詩を自由自在に展開、行間も魅力的でした。そのうえ、生で漢詩朗詠の名調子が聞けて好かった。リズムのよい中国語読み、韻を踏んでいるのが何となくわかったような気になりました。
 写真は昔よく見ていた番組のテキスト。

 
 来る陰暦九月十三夜、今年は10月17日になる。その夜、月見としゃれてみようか。

   *** *** ***
   2013.9.19 記
  今夜の中秋の名月は満月でいっそう素晴らしい。中秋の名月イコール満月と思い込んでいたが、月の軌道のせいで、完全な満月は微妙にずれるらしい。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月 7日 (土)

天田愚庵と清水次郎長、山岡鉄舟

 グーテンベルクの次は清水次郎長、なんという脈絡のなさ、この自由気ままさが“けやき流”。それでも今回はなるべく福島・宮城・岩手方面をという思いに立ち返り、福島県生れの明治の歌人、天田愚庵を見つけた。その波乱の人生に関わった人間は多く有名人も多いが、放浪の青年を導いた山岡鉄舟と清水の次郎長を紹介したい。まずは年齢順に3人の概略。

 清水次郎長
 1820文政3~1893明治26。駿河国有渡郡清水港(静岡県)。本名山本長五郎。父は廻船問屋、母の弟米問屋山本家の養子になる。侠客兼博奕打の親分。黒駒勝蔵との抗争は有名。
 戊辰、函館戦争後、幕府脱走の咸臨丸が清水港で戦い敗れ、旧幕兵の死骸が海に漂う。これを目にした次郎長は「死ねば仏だ。仏に官軍も賊軍もあるものか。もしお咎めを蒙ったら此の次郎長は喜んで刑罰を受ける」と遺骸を葬って「壮士の墓」を建てた。軍神広瀬中佐も候補生時代から次郎長に親しみ交わった。

 山岡鉄舟
 1836天保7~1888明治21。江戸。旗本小野朝右衛門の子。山岡家を継ぐ。通称鉄太郎。
 千葉周作の門に入り、のち道場を設立。幕府講武所剣術心得、浪士取締役となる。官軍が江戸に迫るや西郷隆盛と勝海舟の会談を周旋、江戸城明渡しへ道を開いた。

 天田愚庵
 1854安政1~1904明治37。磐城国(福島県)生まれ、本名五郎のち剃髪し鉄眼。父は磐城平藩士。歌人。その歌は万葉調で力強い。著作『愚庵全集』1934

 平藩は戊辰戦争で幕軍側についた。15歳の五郎(愚庵)も兄と籠城したが戦い敗れ落城。家に帰ると父母と妹は行方不明になっていた。以来、20年も行方を尋ねて流浪する。
 1871明治4年、五郎は学友と上京、駿河台ニコライの神学校に入学するもなじめず、世話する人があって国士の間で重きをなしていた小池詳敬の食客となった。五郎は小池に従い東海道から九州中国の果てまでも旅したが、父母妹は見つからなかった。
 またその頃、落合直亮(落合直文の父)に国学を学び、丸山左楽(明治の政治家)とも交流、山岡鉄舟には禅学をうけた。これらの人達から教えを受けられた事は五郎に幸いした。

 1878明治11年は西南戦争の余波で不穏な空気が漂ってい、五郎も政府に反する土佐派から一働きしようと持ちかけられ東京を飛び出した。心配した鉄舟は五郎の友人に手紙を托し、静岡に呼び寄せた。鉄舟が五郎を叱っている折も折、清水次郎長がやって来た。そこで、鉄舟は次郎長に言った。

 「親方よ我今汝に預くべき物こそあれ、此の眉毛太き痴者をば暫く手元に預かりくれよ、尻焼猿の事なれば、山に置くもよかるべし」といえば次郎長もさる者その意を察し、「畏まって候、屹度預かる上はお気遣いあるな、併し余りに狂い候はば、その時は胴切りに切り離し候ほどの事はあれかし」など戯れて、その座より五郎は次郎長に伴われて清水港の宅に至りけり。

 鉄舟は次郎長の縄張りと義侠で五郎の父母妹を捜索できると考えたのだ。こうして東海道の侠客次郎長に託された天田五郎を子分らは「五郎さん」と呼び親しみ、五郎の立派な書に感心するも、まだ歌は詠まず、後に名を成すとは思わなかった。

 1879明治12年、五郎は帰郷して兄と相談、諸新聞へ父母妹捜索の広告を出した。また、東京浅草の江崎礼二の内弟子となって写真術を習った。旅回りの写真屋となり伊豆から駿遠甲信、更に奥州までも巡り父母妹を捜したが、見つからなかった。
 1882明治15年、五郎は清水港に帰って次郎長の養子「山本五郎」になり、東海道の宿場で多勢のならず者を相手に茶碗酒を飲む身となった。次郎長の風格は五郎をひきつけ、次郎長の人間性は五郎の肉付けとなった。
 この年、五郎は次郎長の富士の裾野の開墾事業の監督をする。この開墾は次郎長が多くの子分共に産業の道を開いてやるために計画したものだったが、もともと放縦な暮らしになれた博徒達を指揮するのだから能率はあがらなかった。前後3年、苦心の経営はついに実らなかった。
 1884明治17年、五郎は旧姓「天田」に復し、鉄眉の号で『東海遊侠伝』(次郎長の伝記)を著した。

 また、五郎は自身の半生を記した「血写経」を陸羯南(ジャーナリスト・新聞「日本」創刊)に送った。それを饗庭篁村(小説家・劇評家)が書き改め、『日本』に連載した。

 五郎の父母妹捜索は、遠く台湾、冬の北海道で肺病になり東京へ送り帰されたりもあった20年、しかしついに打ち切ることにして、大阪の新聞社に入った。
 1885明治18年、内外新報社の幹事として大阪に行くことになった五郎は鉄舟の元へ暇乞いに行った。鉄舟は五郎に一通の書を与え、つぎのように諭した。

 「御身大阪に行かば西京は程近し天竜寺滴水禅師は世にかくれなき禅門の大徳にて、我がためにも悟道の師なり。汝事業の余暇には必ず参禅して心力を練り給へ、若し一旦豁然として大悟する事あらば、死したる父母にも座ながら対面すべし、汝が捜索の労つとめたりといへども其効なければ 今は早や外に向かって其跡をたづねんより内にかへつて其人を見るに若かざるべし」と。

 大阪へ赴いた五郎はさっそく京都の禅師を訪ねて参禅、これが出家の機縁となる。
 1887明治20年、五郎は得度をうけて剃髪、鉄眼と称し京都林休寺に入って禅師に仕えた。
 1892明治25年、鉄眼は京都清水に庵を営み、師より賜った偈の一文字をとって愚庵と称した。以来、各地を旅し父母の菩提を弔い、正岡子規をはじめ当代の文人と交わり風月を友とした。

 愚庵の残した漢詩・和歌・書・文はどれも独自の風があり、なかでも和歌は万葉調で自然を対象としたもの、父母を懐かしんだものによいものがある。ほか日露開戦論者だったので、時の政府の軟弱を怒る「童謡20首」がある。愚庵の歌について斎藤茂吉の評は
―――愚庵の歌は良寛の歌に比して、少し躁急であり粗笨(そほん)である。・・・・・・しかし強く推してゆくところは愚庵の歌に多く見当たる。

 1904明治37年1月17日、天田愚庵は伏見桃山の庵で、妻もなく子もなき、変転きわまりない生涯を閉じた。

参考:『福島県立図書館叢書.第9輯』1939/ 『現代日本文学大事典』明治書院/ 『国語・学習指導の研究.巻4』岩波書店1939/ 『懐かしき人々』相馬御風1937/ 『侠客の戸籍調べ』醍醐恵端1920/ 『清見潟案内』若林錦水1921/ 『清水市郷土研究.第4輯』1940ほか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »