« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月25日 (土)

新潮社創立・佐藤義亮(秋田県)

Photo

 出版物の校正について

―――この『向上の道』(全250頁)は、振仮名を別にしても、約12万という活字が入ってゐます。それを一字々々原稿とてらし合せて、違った活字を直してゆくのが、校正の仕事であって・・・・・・幾たびも読み直して行くのですが、読みながら一寸外の事を考えたりすると、もう違った活字をそのまま看過ごしてしまひますから、分秒の油断も許されません。

―――曽て明治文壇の大家だった*饗庭篁村氏の作のなかで、上野の秋の夕方、鐘がコーンと鳴ったといふのを、校正係の人が、鐘だからゴーンだろうと、濁点をつけたのであります。これで秋の静寂な感じが打ち壊されてしまったと言って、篁村氏が
校正(後生)畏るべし」と洒落まじりに慨嘆したといふ有名な話が残っていますが、濁点一つで、文豪の作の味ひを生かすか殺すかといふことにさえなるのですから、実に容易ならぬ注意がいるのであります。

  *饗庭篁村:(あえばこうそん)明治時代の小説家・劇評家。別号を竹の屋主人。
       (『向上の道』佐藤義亮著1938新潮社。写真も)

 『向上の道』著者・佐藤義亮は明治・大正期の出版人、新潮社の創立者。文芸書を読む人にはお馴染みの出版社、筆者も新潮文庫や「日本文学全集」の何冊か積ん読してる。出版社は多いが創業の経緯を知ると、書籍にも愛着が増しそう。が、気にしたことがなかった。たまたま2014.1.17「阪神大震災から19年黙祷する人」のニュースを見ていて生活の再建もさることながら心の餓えにも支えが必要、本はどうかなと思っているとき、新潮社は関東大震災後すぐ営業を再開したと知った。どうして直ぐに営業できたのだろう。

  佐藤義亮(よしすけ/ぎりょう) 1878明治11年~1951昭和26年。

 秋田県角館町生れ、幼名儀助、雅号橘香。早くから東京遊学を志すも家は貧しい荒物屋で中学へ行けなかった。官費の師範学校ならばと言うことで準備のため秋田市の積善学舎に入学、父と姉の嫁ぎ先からも援助を受け勉強した。しかし、文学書に親しみ学科の勉強より小説類を読みふけり、博文館の「学生筆戦場」に投書をはじめ何度か入選もした。投書仲間に吉野作造がいた。文学熱はますます嵩じ、ついに東京行きを決心する。
 1895明治28年2月、同級の友人らと3人で吹雪のなか寄宿舎を脱け出した。当時、秋田県に鉄道は敷かれていず、二日三晩かけて黒沢尻まで40里を歩き通し、そこから列車で東京に向かった。
 東京に着くと神楽坂の汚い下宿屋の一間に3人で住み、持ち金が少ないのでさっそく職探しにかかった。友人二人は会社の給仕、新聞社の活版小僧の口がみつかり、佐藤は新聞配達になった。新聞配達なら勉強をする時間があるだろうと考えたのだ。一ヶ月過ぎた頃、友人二人は根をあげ故郷に帰ってしまった。
 一人残った佐藤は貧窮のどん底で新聞配達し勉強をしたが、読みたい本が買えない。そこで、神楽坂から神田あたりの本屋で、10ページずつ立ち読みをしては一冊読み終えた。

 そのうち市ヶ谷の秀英舎の見習い職工の口を見つけ採用された。仕事はインキの樽洗いや掃除で真っ黒になって働いていた。ある日、文芸雑誌『文庫』支流の『青年文』(1895~97)に、森鴎外の文章とともに佐藤の「文学小観」が掲載された。それを秀英舎の支配人が知り、佐藤は校正部員に抜擢された。当時の校正係は記者同様の待遇であった。
 また、秀英舎は東京中の出版物を引き受けていたので、佐藤は校正をしながら新刊書を読むことができ、文壇の裏面を知り、活版や出版についても習得できた。

 当時の文壇は、赤門出(東大)と硯友社(尾崎紅葉らの文学結社『我楽多文庫』)の二派に占有されていたから、それに属さない無名作家はなかなか世に出られなかった。佐藤は自分の身の上からしても無名作家に同情、「文士となるより出版業を起こし無名作家を応援、併せて良書を刊行しよう」と決心した。

 1896明治29年、倹約を重ね夜勤を続け30円貯めた佐藤は勤務の傍ら新声社を起こし、雑誌『新聲』を発行した。『新聲』から田口掬汀(作家・美術批評家)、金子薫園(歌人)などが出、発行部数もふえていったので出版業に専念することにした。新声社は年々発展、図書出版をはじめたが業績が悪化し倒産、社屋も人手に渡った。

 1904明治37年、佐藤は新潮社を起こすと雑誌『新潮』を創刊した。このころ佐藤は外国文学の翻訳出版を考えた。今ではなんでもない事のようであるが、明治の末年には無謀に近かった。
 日露戦争が起こった年に創刊された「新潮」は文芸雑誌に成長し、新潮社は文学出版社として確立し文学書籍出版の元祖、大正から昭和にかけての文学の「水元」となったのである。
 1914大正3年「新潮文庫」を創設、大正9年には「世界文学全集」を発行、出版界での足場を固めた。以後、発展はめざましく今日の大をなすに至る。  

 1923大正12年9月1日、死者・行方不明者約15万にもなる関東大震災が関東一円を襲い東京は一面の焼け野原となった。めぼしい雑誌社や出版社は印刷所とともに焼けて、書籍の飢饉となった。ところが、新潮社は社屋を4階建ての鉄筋コンクリートに建て替えたばかりで厄災を蒙らなかった。
 震災から10日後、営業を開始すると各地の書店の主人が、交通機関復旧がまだ不完全なのに、在庫品を買いに来た(佐藤義亮「出版おもいで話」)。

 新潮社の出版物は多く一々あげないが、日本で初めてのマルクスの『資本論』を高畠素之訳で出版するなど幅広い。
 仙北市角館町農村モデル図書館には新潮社の刊本が届けられ、新潮社記念文学館がある(『秋田県の不思議事典』野添憲治編2012新人物往来社)。

 参考: 『大成功者の出世の糸口』(日本教育資料刊行会1939)/『新東亜建設を誘導する人びと』(野沢嘉哉1930)、この2書の<佐藤義亮の項>は同一内容。
 『出版人の遺文-新潮社 佐藤義亮』(栗田確也・昭和43年・非売品)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年1月18日 (土)

余市りんごと会津人の困難(北海道・青森・福島)

 厳冬の下北を、一度は訪ねてみるといい。雪は足もとから吹き上げてくるのだ。海は荒れ、一寸先の風景は白く塗りつぶされる。人びとは声をひそめ、身を屈めて、不遇の時を耐える。百十余年前、会津は厳冬の中にあった。
(『斗南に移された人たち 北辺に生きる会津藩』会津歴史資料館表紙より)

 前出の冊子に「会津人と余市苹果」の項があった。りんご(苹果)と言えば青森・長野県のイメージ、「余市りんご」を知らず会津人との経緯にも興味がわいた。
 はじめに余市を検索したら『逓信畠の先輩巡礼』(北海道余市局で電鍵を叩いた文豪・幸田露伴博士――内海朝次郎著1935交通経済出版部)があった。  露伴を好きなのでちょっと寄り道する。

 のちに文化勲章を受けた露伴だが18歳の1885明治18年電信修技学校を卒業、北海道後志国(しりべしのくに)余市に電信技手として赴任した。余市で3年近い孤独生活をあまたの読書で耐え、辞表を出すも受け入れられず職を放棄し北海道を離れた。陸路を徒歩で福島に行き、そこから汽車で東京に帰り、父や兄の不興を蒙りながらも小説を書きはじめた。以来、知る人ぞ知る活躍、深い教養、該博な知識、洗練された文章により業績を残した。
 露伴「突貫日記」は余市が主舞台。

 さて露伴が生まれた1867慶應3年大政奉還、翌年戊辰戦争となり戦いのさなかに明治と改元された。1869明治2年会津若松城落城、会津藩は処分されたが3万石で立藩(斗南藩)が許された。
 領地は青森・岩手両県の一部、のち北海道後志国胆振(いぶり)の一部。23万石から3万石、それも実高7千石ではとうてい旧藩士を養えない。新政府は北海道開拓に、謹慎中の会津人を送り込もうとした。

 北海道に渡った会津人は220余戸、700人ほどで、第一陣は *兵部省係員の引率で新政府雇のアメリカ船 *ヤンシー号に乗船、品川を出港し慣れぬ船旅に苦しみながら小樽港に着いた。彼らは兵部省斡旋の借家に入り寒さに耐え、農業授産の施策をまった。

 北海道開拓と経営の行政機関として開拓使が設置され、北海道と樺太を管轄していたが、開拓使と兵部省の仲が悪く、兵部省管下の会津人は北海道開拓の援助を受けられないでいた。折しも樺太開拓使が独立したので会津人は樺太開拓を目指すことにし、受け入れ体制が整うまで一時、寄留地として余市に移る事になった。
  *兵部省: 陸海軍、郷兵召募、守衛軍備、兵学校を管掌。
  *ヤンシー号: 会津人乗船の報告なのか不明だが、ヤンシー船について岡本監輔(カラフト開拓)が大隈重信に宛てた書簡が早稲田大学図書館にある。

 
 1871明治4年、小樽の200所帯のうち半数が、荷物は船で、人間は余市まで24キロを歩き通して現地入りした。ところが、移転が終わると同時に樺太開拓使が廃止となり北海道開拓使に統合された。東京にあった開拓支庁を札幌に移し、10カ年計画で御雇外国人を導入して本格的な開拓を開始したのである。
 会津人はもともと北海道より寒さ厳しい樺太移住を願っていたわけではなかったから、余市に踏みとどまり開拓使の援助を受けることにした。
 
 旧会津藩士たちは武家屋敷とは比較にならないものの共同浴場付の小屋が確保され、会津部落建設に取りかかることにした。余市で農業授産によって生計を立てることを願い、自治組織を整え、子弟教育の為に日新館を再建した。いっぽう下北の斗南藩はこれより早く移住も落ち着かないうちから「斗南藩学校日新館」を開設していた。

 余市。『小樽区外七郡案内』(山崎鉱蔵著1909)より
―――余市郡は小樽区の大郡にして、漁業に農業に後志国地名の地たり
―――余市の名はアイヌ語イウオチにして温泉あるの義なり、余市川の上流温泉多し
―――明治4年会津藩士を移して黒川、山田2村を開き、さらに富沢町を設く

  

     余市苹果(りんご)の沿革

 1874明治7年、開拓使庁より黒川村農会社に苹果、葡萄、梨、洋李(すもも)などの苗木、数百本を交付せられ、同会社はこれを苗圃に移植し適否を試験した。翌年また500本の苗木を各農家に数本宛配布試植せしめた・・・・・・山田村の百瀬、船橋両氏の果園には配布の苹樹の結実するを見る。
 (『最新北海道苹果栽培実説』鈴木真著1916余市病理研究所)。

 北海道開拓使では無料でりんごをはじめ各種苗木を全道の農家に配布したのであるが、開墾会社に植え付けられたりんごの苗木も放置状態であった。黒川、山田両村の会津人もりんご栽培の経験などなく、

―――各戸に配られた苗木を、ただ畑隅または庭先などに植え殆ど顧みなかった。ところが、1879明治12年「偶々山田村赤羽氏の庭先にありし19号、金子氏の畑隅にありし49号・・・・・・粒形肥大紅色鮮やかなる数個の結実を見る。又、金子氏畑隅にありし樹にも粒形中赤縞条点ある堅き実を見るに至れり。49号なり。
 札幌の共進会に参考品として出品、風評大いに広まる。

―――りんごの結実は、漁場や道路工事で日銭を稼ぐなど、士族の意識をかなぐり捨てて生活の為に奮闘しつつあった会津人たちに大いなる希望を与えた。以後、余市に残留した会津人たちはりんご栽培に力を入れ明治20年代(1887~)には、余市に本格的なりんご園を形成、努力が報われた
 (『北辺に生きる会津藩』)。

―――今の余市。余市で名高いのはリンゴと鰊です。果物や米の産地は山田村・黒川町方面で、米は旭川米にもまけない程のよいものがとれてゐますが、ことにリンゴは本道第一で赤いリンゴが枝も折れんばかりに実ころはきれいです。19号は余市の特産ですが、49号・6号・14号もよく育って近年は年産額90万円こえた時もありました
 (『余市町地理読本』昭和11年北海道教育研究会)。

 ちなみに青森県のりんごは1875明治8年内務省勧業寮から配布を受けたのが始まりで余市りんごより早い明治10年結実をみている。この勧業寮系統の青森りんごと、開拓使系統の余市りんごは、互いに品種の改良などによって品質を競い合い声価を高めていった。
 また、山田町の入り口にたつ開拓記念碑、藩の責任を負い切腹した家老・萱野権兵衛の碑が会津人の苦闘を今に伝える。

          ************
 念のためお知らせ。
 けやきのブログを読んで下さってありがとうございます。アクセスに感謝し励みにして書いています。次回も予定通り更新の予定ですが、PCメンテナンスの都合で遅れるかも知れません。よろしくです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2014年1月11日 (土)

詩は臥城、人物評論は鉄拳禅 (宮城県)

 詩は臥城(がじょう)、人物評論は鉄拳禅、短歌は甫(はじめ)、俳句は牛南、どれも吉野甫が使い分けた号である。吉野は小説も書けば実用書も書くという多才な人物だが知る人は少ない。筆者も東日本大震災原発事故後、ささやかな応援の気持ちから近代の東北人をブログに記すなかで行きあたった。
  間口が広く的を絞りにくいので『吉野臥城評伝的著策略年譜』(1994吉野臥城研究会)を頼りに、臥城と鉄拳禅二つながら辿ってみる。

   吉野臥城  (1876明治9年~1926大正15年)

 1876明治9年、宮城県伊具郡角田町(角田市)に生まれる。父は帰農士族(旧臥牛城・石川藩士)吉野儀平。本名甫(はじめ)。父吉野儀平の帰農は廃藩置県と強制的な帰農政策による。わずかな耕地を与えられたものの知行を奪われ禄米に窮して内情は苦しかった。
 1890明治23年、15歳。角田尋常高等小学校卒業。翌年、角田小学校代用教員。
 このころから『新体詩詩歌』本を読み、落合直文【孝女白菊の歌】を愛唱、大沼畔の入日を和歌に詠んだ。吉野は詩人も短歌、俳句、新体詩を作るべきだと考えたのである。

 1894明治27年日清戦争。従軍詩や軍歌が歓迎されたが、新体詩をはじめて作り、句作を試みた。翌28年従軍した一兵士の死を悼む友人の悲しみ【幻影】を『文学界』に投稿。
 また投稿雑誌『文庫』が創刊され、はじめて臥城の号を用いた。『文庫』の選者は与謝野鉄幹、相馬御風らでここから一家をなした者は多い。吉野もその一人で、ほかに窪田空穂、川路柳紅、北原白秋らがいる。

 1896明治29年夏、東京専門学校(早稲田)英語政治科に入学。9月8日、渡良瀬川の大洪水で足尾銅山の鉱毒水が沿岸を襲った。
 1897明治30年、独学で師範学校の講習を受け小学校本科正教員の検定試験に合格、角田小学校に勤務。3月3日足尾銅山鉱毒被害民が請願のため大挙上京。内村鑑三がこれに言及『万朝報』に英文で記事を書いた。同月24日鉱毒被害民大挙請願のため再び上京。

   渡良瀬の川のはる風身にしみて
        田をすきかへす男やせたり

 当時、詩界は新体詩が盛んで清新の気にみち、藤村の『若菜集』が刊行されると吉野は、

―――時しくも「若菜集」が萌え出た。芭蕉葉そよぐ夕風の椽(たるき)にして之を読んだ。自分は風呂を浴びることも忘れて、この浦若い詩人の情熱の韻致と紅涙の筆痕とに恍惚として了った・・・・・・その清新のにほひと温かき血とに胸を轟かしたのは、自分ばかりではないだろう(臥城『詩壇の回想』)。

 1898明治31年、内村鑑三の『東京独立雑誌』が生れると児玉花外らと同人になり詩を寄せた。吉野は内村に傾倒、『聖書之研究』創刊を祝う内村宛ての書翰など残されている。
 1900明治33年、足尾鉱毒被害で為政者に対するうめき【荒村行】、川俣事件における農民多数の負傷と収監の事実に符合する詩【義人の声】を発表。

―――ああ荒寥たるかな、この村。西に落ちゆく月の色を見よ、涙をのみて泣かむとするにあらずや。なにがしの川にそひたる野末の伏屋に夜もすがら灯の消えざるは何か。心あるものは訪なへ、而して鶴の如く痩せし翁の炉辺に女と語るを聞け(後略)

 1901明治34年足尾鉱毒事件をテーマとした処女詩集『小百合集』、翌35年『野茨集』刊行。また、吉野は仙台にて俳壇を牽引、詩歌雑誌『新韻』を主宰発行した。さらに佐佐木信綱の短歌革新運動にも参加、宮城県の短歌会に大きな影響を与えた。

 1905明治38年日露戦争第2年。『東北新聞』俳壇選者となる。この年、石川啄木が仙台を訪れ、吉野は土井晩翠家に案内した。啄木は晩翠に借金を申込もうとしたが切り出せず、妹に書かせた「母危篤」の偽手紙で夫人から15円借用、宿料も土井家に附けて仙台を離れた。なんとも寂しいエピソードである。

 翌39年、吉野は単身上京、神田淡路町のあまりきれいでない下宿屋を借りた。
 1908明治41年小説『痛快』。 『明治詩集』編集、翌年姉妹編『新体詩研究』を刊行。 『明治詩集』は島崎藤村・土井晩翠・上田敏・馬場孤蝶・森鴎外など当代の16詩人が並ぶ。これを日夏耿之助は「諸家の旧功を並べ上げたもので、おのづから一種の結末をつけた意味がある」と評した。
 ちなみに『明治詩集』吉野の【埋火三律】は、日露戦争で働き手を失った東北の農村が二度にわたって凶作に襲われ貧苦に陥った様を歌った長い詩。
 同じ年、吉野は児玉花外、河合酔茗らと「都会詩社」を結成して詩の近代化をはかった。

 1909明治42年1月、評論「文芸取締諸問題」を読売新聞1909.1.14~1.16に発表。

 ―――小説家を接待した西園寺内閣時代でも、文芸作品を検閲する警部などに更迭がないと見え相変わらず発売禁止が盛んである・・・・・・
 1910明治43年『明治百人十句』(昭文堂)超流派的な俳句集を監修。

 1913大正2年、以下、『宮城県人』<臥城吉野甫氏追討号>より

 ―――二枚舌の卑劣さ、腹背面従の狡猾偽善、白々しい鉄面皮、そんなものに堪えきれずに鉄拳を振るう・・・・・・それが詩人的多血性・情熱性と結びついて義憤となり、早い「社会主義詩」とみられ、詩人的義憤を感ぜざるを得ない現実に目を蔽っていることはできなかった。またそれは『中央公論』『新公論』紙上の人物評論に縦横の貶賞を試みるに至った所以である。吉野は「新公論」編集に関係、宮地嘉六ら労働作家に発表の場を与えた。
 このころから鉄拳禅の名で人物評論を発表、この方面で一家をなした。政界にも知り合いができ「大隈侯の秘書にならないかという話もあったようだ(吉野4男・裕)」。

 1915大正4年『時勢と人物』『党人と官僚』『日本富豪の解剖』『現代女の解剖』と『元老と新人』(1917)、明治大正時代人物史5部作刊行。彼の社会批判の精神が示され、自由人としての反骨の確かさを示した。次はそれら著作のごく一部、

―――(白頭総裁原敬)後藤と原、二人は共に岩手県の産なるも、後藤新平は仙台領にして、原敬は南部領也。旧習慣の彼等の頭脳を支配し・・・・・・二人の間柄とかく面白からず。・・・・・・立身の系統を以て論ずれば、後藤は純官僚にして、原は準官僚也。官僚に攀縁(ひっぱりあげる)なくして立身すること能わざる当時の状勢よりすれば、才人等のここに至れるは無理もなき次第・・・・・・原は転んでも、唯は起きざるの人物也。後藤は他を押倒しても、己れの倒れざらん事を欲する男なり(『党人と官僚』)。 

―――(財閥の擁護者)現下巨富を擁して実業界に雄飛するは、明治維新当時の御用商人の成上り也。・・・・・・藩閥の二大勢力圏は、長閥及び薩閥也。肥土の如きは、新政府の曙に於てこそ光を放ちたれ・・・・・・薩長両閥の二大分野は独り陸海軍のみに止まらず、官界より延いて実業界にまで及べり(『日本富豪の解剖』)。

―――(恋の一葉女史)女史は勝気で、頑固な処はあつたが、温かな、優しい女性であつたのである。ちょつと見は病身で弱々しそうであつたが、内実は降り積る雪に撓んでも折れないやうな勁さがあつた。心には自由を思うてゐても、行には放縦を許さなかつた。下町風な優しい女! 優しい内面には任侠(おきゃん)な処もあり、きさくな処もあつた・・・・・・も少し早く生まれたならば、自由民権時代の女傑となつたかもしれぬ(『現代女の解剖』)。
               
 1922大正11年、長崎村地蔵堂1049(現豊島区)に一軒家を借り、妻花子と末子の裕を郷里から呼び寄せた。花子に会った岩野泡鳴は吉野に言った「こんないい奥さんを田舎にほったらかしておくなんて吉野君はじつにヒドイ人間だ」。
 1925大正14年、雑誌『宮城県人』創刊。

―――晩年は不遇で、郷里の宮城県人会の機関誌を編集してかつがつの生計をたてていたらしい。池袋の奥の長崎に住んでいた・・・・・・臥城はとても皮肉屋で諧謔がうまく、明星の詩歌人たちの噂などして私を笑わせた(『宮城県人』印刷者・渡辺順三)。
 1926大正15年2月、前年夏に煩った脳溢血が再発、4月24日没51歳。未だ若い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »