« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月28日 (土)

大熊町の幕末明治、中村藩領大野村・熊町村 (福島県)

 時々いただくコメントは励みになる。まして採りあげた人物の子孫から「先祖のことが分かった」は嬉しい。そのコメントに興味をひかれた人のコメントもまた嬉しい。
 それにしても故郷を遠く離れても先祖を偲べるけど、突然の災難で故郷を去ったら、先祖どころではないかも知れない。それとも心の支えになっているだろうか。
Photo_3


 東日本大震災に加えて原発事故で学校ごと会津若松に避難した大熊町の皆さん、どんな思いで故郷を想っているだろう。大人は先祖伝来のことを子どもたちに、どう伝えていくのだろう。三月は震災関連ニュースが多く新聞やテレビで、大熊の子どもたちの健気な笑顔を見かける。ほっとしたり、胸がいっぱいになったり。そこで今日は大熊町の近い昔、幕末明治をみてみる。


  写真は大熊町マスコットキャラクター
 “ おおちゃん興き上がり小法師 ”
 
 
大熊町は、震災当初の混乱期に多くの町民を受け入れてくれた会津地方や、これまで町を支援してくれた方々への感謝と共に、町の復興に向けた思いを伝えるため、「震災から必ず立ち上がる」という気持ちを込めて、「おおちゃん興()き上がり小法師」を作成。
笑顔の「おおちゃん小法師」が持っているのは、特産品の梨と熊川に遡上する鮭。

 会津若松に移転した学校、大野小学校・熊町小学校・大熊中学校。大野村と熊町村とが合併して大熊町になった。
     『福島県町村沿革便覧』(1894遊佐勝司編)
  大熊町:明治維新前は中村藩領
    1880明治13年  熊村・狭山村 → 熊村  ―――→ 熊町村(明治22年)
                熊川村・夫澤村・小良浜村・小入野村  →  熊町村(同22)

           ***  ***

     『磐城七郡名家揃』(1895 広木孝三)

  <熊町村> 標葉(しねは)郡、1893明治26年度

 現在戸数386戸、人口2620人(男1335 女1285)、村会議員12人、県会議員選挙資格者176人、衆議院議員選挙資格者18人、村内地租金高2500円余、役場位置・大字、巡査駐在所・大字熊、尋常小学校二カ所・大字/大字夫澤、生徒人員216人(男179 女37) 
  阿部英信: 1844弘化元年正月生れ、旧中村藩士。維新後、村吏となり大字夫澤に勤務中、田地に水害ある事を憂い堤防築いてその害を除き、能く人を憐れむ。人民その徳を称え石田長太郎氏を発起として夫澤の路傍に報徳碑を建設。

  <大野村> 標葉郡、1893明治26年度

 現在戸数259戸、人口1412人(男727 女685)、村会議員8人、県会議員選挙資格者113人、衆議院議員選挙資格者14人、村役場位置・大字野上、尋常小学校位置・野上、生徒人員145人(男108 女37)、巡査駐在所・大字野上字山神
  大野村は蚕糸農業に熱心勉励地にて盛大の状なり。
  石田茂宗: 1833天保4年4月生れ。士族農・村長。
  石田彦太郎: 1847弘化4年2月生れ。蚕業。大日本赤十字正社員。

          ***  ***

      『三百藩戊辰戦争事典』(2000新人物往来社)上巻より

     <中村藩

 外様・関ヶ原の戦後、徳川氏に服属した大名
 居城・福島県相馬市
 領地・陸奥国宇多郡中村
 石高・6万石
 席次・帝鑑間詰(江戸城中における大名の詰所)
 戊辰開戦時の藩主・相馬誠胤(ともたね)

 中村藩は鳥羽伏見戦争の後、家老を上洛させて恭順の志を伝え、仙台藩へも使者を遣わし朝廷への周旋のことを願い出ていた。しかし、1868慶応4年、奥羽列藩同盟が結ばれ西軍(新政府軍)が目の前に攻めてきたら、同盟軍とともに防衛しなければならない。
 西軍の参謀・板垣退助は棚倉を落として平潟口の友軍と合流する作戦をたて、合戸村で同盟軍の会津・仙台・棚倉そして中村兵と激突した。同盟軍は多くの死傷者を出して敗退、中村藩兵は笹川(郡山市)へ敗走した。
 同盟軍の戦況はますます悪化、三春藩が同盟から離脱し、続いて二本松も落城、平潟西軍は中村に攻めてきた。浪江(中村藩領地)の前線にとどまるのは中村藩兵だけになった。西軍はじわりじわりと北上して、中村藩砲台が狙われ、不意打ちを食らって中村藩兵はさんざんな敗北で死者12名をだした。仙台兵も米沢兵も帰途についていて、中村藩兵だけが置き去りにされてしまった。
 中村藩は城を枕に討死するか、降伏するか、二者択一を迫られ、情勢を分析し降伏に踏み切った。
 西軍総督は相馬中村へ入城し、藩主父子は菩提寺の長松寺で謹慎を命ぜられ、中村藩兵は西軍の先導をつとめて仙台藩境へ出撃した。
 中村藩兵は奥羽同盟軍として88名もの戦死者をだしたが、そればかりでなく降伏した後、西軍側についた中村藩は8月に入ってから59名の戦死者を出している。
 自藩の犠牲を少なくするための降伏だったにもかかわらず、59名の戦死者は多すぎる。また、戦死者が給人、用人、農兵、郷士が圧倒的に多かったことも悲劇である(青木更吉)。
   参考 
  給人(きゅうにん):知行地を与えられた家臣。
  郷士:城下町に住む家中武士に対し、郷村在住武士の総称。土佐藩の一両具足などは有名。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月21日 (土)

花巻出身の明治女学生、佐藤輔子と山室機恵子 (岩手県)

 春三月は卒業シーズン、遠い昔に私も女子高を卒業した。女子高を選んだのは中学校が荒れていて男子が居ない方がいいと思ったから。高校では試験の一夜漬けは得意、あとは楽しく読書三昧。徹夜読書で授業中つい居眠り、コラコラと起こされた。担任は叱りながらも「赤毛のアン」シリーズが刊行されるたび下さった。
 それにしても今どき女子高校生の制服、どれも可愛いいし十代は何を着ても似合う。花の命は短い、楽しんでと思う。ところで、明治の昔は制服どころか女子の進学は容易ではなかった。
 資産があっても女に学問は要らない、妻が本を読むのを嫌がる、そんな風潮だった。その時代に東北から上京、女学校を卒業した佐藤輔子山室機恵子の二女性。二人とも宮沢賢治と同じ花巻地方出身で賢治が生まれる前、明治女学校を卒業したが、二人の在学中とその後の人生はかなり対照的。
 
 明治女学校は、キリスト教主義だがミッション経営でなく日本人の手になる女学校。
 1885明治18年、木村熊二鐙子夫妻巌本善治らが創立。創始者木村熊二は戊辰戦争時、彰義隊に加わり上野の山に立て籠もった。明治維新後、官軍の詮議が厳しく変装して徳川慶喜が移住した静岡に身をひそめた。のち、薩摩出身の森有礼に従ってアメリカに渡り医学や神学を学び1882明治15年帰国。
 東京下谷の借家に住み、下谷教会婦人部の学校を始めた。これが明治女学校の前身、下谷教会には牧師・植村正久がいた。
 明治女学校の教師に北村透谷島崎藤村らがいて、一時期、津田梅子も教えていた。生徒は山室機恵子羽仁もと子相馬黒光野上弥生子らがよく知られる。ほかに『お百度詣』の作者・大塚奈緖子もお抱え車で聴講に通っていた。

            佐藤輔子さとうすけこ)と島崎藤村

Photo
――― お輔さんは花巻の生まれで、雪国の人らしくほんとうに色が白く、頬がさくら色して、ぱっちりとしたうるおいのある眼が当時の世間の好みとしてはやや大きすぎるくらい、その眼がひとしお印象を深くしました。背もすらりとして、心だてもその通り、富も理解もある家庭にのびのびとして育った人の素直なやさしい性格
            (相馬黒光『黙移』)

 その輔子に教師の島崎藤村が恋をし、生まれたのが小説『春』。朝日新聞に1908明治41年春から連載された。物語は藤村22歳の夏から25歳の夏まで文学界同人らの青春群像を、同じ教師の北村透谷と藤村自身に焦点を当て日清戦争を間にした転換期に、自我に目覚めた青年たちが古い道徳に苦しみながらも、それぞれの欲求に生きようとする姿を、挫折を含めてあるがままにたどっている。
                     (『現代日本文学大事典』猪野謙二)   

 佐藤輔子には故郷に許婚があり藤村の恋は実らず、輔子は卒業後結婚してまもなく悪阻で死んでしまう。二人のプラトニック・ラブの挫折は校内で知らぬものなく、熱の入らぬ藤村の授業に 「ああもう先生は燃え殻なのだもの、仕方がない」と思ったという。 
             (『東京人』明治の女学校伝説・森まゆみ)
 若い教師と生徒、北村透谷と教え子の斉藤冬子との悲劇のロマンスも伝わる。

 

         山室機恵子やまむろきえこ社会事業家

 Photo_3
 1874明治7年12月5日、岩手県花巻川口町の佐藤庄五郎・安子の長女として生まれる。開放的な素封家の佐藤家は、花巻地方で女子が高等小学校にはいるのは絶無であったが、親は機恵子の勉強好きにまかせ学校へ通わせたばかりか、漢学を須川他仙に学ばせた。
 機恵子の父庄五郎は、養蚕製糸業のかたわら日曜日には漢学の先生を自宅に招いて、小学校の先生たちに講義を聞かせたり、夜学を開いて村の若者を教育するなどした。
 1881明治14年、明治天皇の東北巡幸の折、庄五郎は蚕業奨励を以て若干金を下賜された。
 1891明治24年、機恵子は上京して、同じ川口町出身の国会議員(旧盛岡藩士)佐藤昌蔵の娘が在学していた明治女学校に入学。
 在校中、一番町(富士見町)教会に出席、聖書の講義や説教を聞き、明治・大正期のキリスト教の代表的指導者・植村正久から受洗する。
 1893明治26年、明治女学校普通科を卒業、次いで高等文科に進む。

 1895明治28年4月、卒業。その後、下田歌子らの大日本婦人教育会が設立した*女紅場で教壇に立つかたわら『女学雑誌』の事務、日本基督教婦人矯風会書記をつとめた。
   *女紅場: にょこうば。裁縫、機織、手芸、染色のほか、英語も教えた。細民対象の初等教育機関として機能した。

 1899明治32年6月、救世軍初の日本人士官・山室軍平と結婚。軍司令官の夫に賛同して、*救世軍に入隊する。
   *救世軍: イギリスのウィリアム・ブース夫妻の貧民地区伝道に始まり、1878明治11年創設されたプロテスタントの一派。軍隊組織による庶民伝道と社会事業を目的とし欧米で発展。
  救世軍が起こした廃娼運動で、機恵子は娼妓解放のための更生施設・東京婦人ホームを開設、その責任者となった。

 1905明治38年、東北地方大飢饉による人買いの手から女子を守るため、救世軍が東北凶作地女子救護運動を起こし、機恵子は保護された女子のための責任者として就職を世話した。
 1916大正5年7月12日、救世軍人としての激務の中で、結核療養所設立を企図したが、その募金中に倒れた。山室民子ら6人の子をもうけた。
 夫の山室軍平は妻機恵子をたたえ愛おしみ、小伝『山室機恵子』を著した。
         (『日本キリスト教歴史大事典』1988教文館/ 『山室機恵子』1916山室軍平)   

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月14日 (土)

学費は台湾で、学資は無尽で、弁護士二人(宮城県)

 深川の仙台堀、仙台藩蔵屋敷を知り、その水運を活用した実業家がいたかもしれないと探してみた。『中央之旧仙台藩人譚』(古山省吾編1917宮城県県揚会)に深川に「成沢倉庫」創設の成沢武之という実業家がでていた。
 成沢武之は仙台藩士の次男、1864元治元年宮城県登米郡生まれ。国立七十七銀行に入ると、寝食を忘れて働き東京支店長に栄転。日露戦争が終わった翌年退職、実業界に入り地の利を得た深川に倉庫を創り、また成沢酒造場を起こすなど成功した。これだけだと「良かった」で終わりそう、他の人物を探してみた。

 同『中央之旧仙台藩人譚』は実業家が多いが、軍人も目立つ。医師や弁護士はとくに苦学力行の人が多そう。仙台藩士の家も明治と世が変わると貧しかった。それを自らの努力で乗りこえた弁護士二人、平堀健助尾崎利中を抜き出してみた。
 ちなみに『中央之旧仙台藩人譚』のページを繰ると編集者の序文が胸に迫る。今から約50年も前だけど、昔事よそ事とは思えない。東日本大震災の被災地が緑の田園を見渡せるのはいつの日、被害地域の苦節が思い遣られる。

 ――― 白河以北一山百文の皮肉な嘲罵は素より今日のわれわれに加うる侮辱の語としては当たらない・・・・・・東北の振興、郷土の開発は勿論われわれ東北人の使命である
 ――― 東北開発や郷土振興や、それ等は土地の善悪ではない、物資の有無でない、金力でない、唯人である。人を中心とした努力に外ならない。
 ――― 都会は成功の地でない、田舎こそ猛志勇闘の青年に執っての活舞台である。栄達は人爵ばかりではない、鍬と鋤との先によって人として立派に衣食される自然に近い生活でなければならぬ。勝利の生活は・・・・・・豊熟せる田園を見渡した時ではないか

 
           平堀健助 

Photo
 1876明治9年、宮城県登米郡上沼村で生まれる。
 郷里の学校で学び、卒業後は家事を手伝うかたわら村に勤めた。ある時、村の故老が、平堀を“微賤なる一小吏”とさげすんで無礼な陵辱を加えた。平堀は腹がたったが、

 ――― 蒼龍といえども井底にあればこそ魚族来たって其の前に戯れるのである。あに振るわざるべけんや。他日必ず驕奴に報ゆる所がなければならぬ」とわが身を叱咤し職を辞し徒手空拳、東京に出た。

 1899明治32年、知人の推薦で台湾総督府に勤め、蕃地台湾に4年いた。その間、暮らしを切り詰めて学資を貯めつつ、日本大学の*校外生となって勉強した。
    *校外生: 大学通信教育。明治10年代後半、法律を中心とする私立専門学校がはじめた。講義録を発行し主に法律に関する専門教育の機会を提供した。

 1903明治36年10月、帰国して東京の明治大学に入学した。ところが、貴重な学資を養父に消費され、一時休学するはめになった。それでも何とか復学し「菜根を噛みつつ」困難に耐え、1906明治39年7月、明治大学を優等で卒業した。

 卒業後、衆議院に就職、かたわら法学を研究し研鑽につとめた。戸水博士の手伝いをしたとあるが、戸水寛人ならば日露戦争の開戦を迫った七博士の一人である。
 1912大正元年、晴れて弁護士試験に及第、弁護士事務所を開設。奮闘努力の甲斐あって、自分を侮辱した驕者を見返したのである。
 1913大正2年5月、東京弁護士会常議員及び同会弁護士法改正法律案取調委員となる。

          尾崎利中

 1869明治2年、仙台市米ヶ袋の旧仙台藩大番頭・尾崎興利ときみ子の間に生まれる。
 子どもの頃、片平町小学校に通うかたわら、漢学を岡濯について学ぶ。
 のち、宮城中学校に入るも中退し宮城師範学校に入る。が、またも中退、再び宮城中学校に入学して卒業。
 この小・中学時代の尾崎少年は、暇さえあれば庭や畑の草むしり、屋根の修繕までして家事を手伝った。東京に出て学問をしたかったが学費がなく上京できなかったのだ。そんなある日、母親が掛けていた*無尽の抽選があり尾崎が行った。すると百円という大金が入札できた。
   *無尽: 室町時代にはじまり江戸期はもっとも盛んで明治期以降も庶民金融として行われていた。数人から数十人の仲間を募集して講をつくり、一定額を出し合い入札し、講中全員が落札すれば解散する。

 母が無尽で得た百円を尾崎に遊学費として与えてくれたので、東京に出て*成立学舎で学ぶことができた。
   *成立学舎: 神田駿河台鈴木町にあり大学予備門受験科・英語変則を修るを目的とす。

 成立学舎の次ぎに中央大学に入学、1891明治24年卒業。次いで留学を望んだが病を得てやむなく帰郷、数年の間、療養につとめた。生活が苦しいなか尾崎の母は、息子のために精一杯の看病をした。後年、尾崎はに生活の余裕ができるとすぐ母を東京に呼びよせ晩年を安楽に送らせ孝行した。
 1897明治30年、28歳で弁護士試験に合格。*高木益太郎の法律事務所に入り実地に研鑽を積んだ。
      *高木益太郎: 衆議院議員弁護士・法律新聞社社長・尾西鉄道社長。歳費を公共と慈善に。浅草の貧民施薬に千円寄付するなどしている。

 1899明治32年5月、独立して弁護士事務所を日本橋区鉄砲町に開設。尾崎は克己の模範となるべき人と称され、弁護士としては殆ど民事の専門であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月 7日 (土)

霞と山桜、白河の関と勿来の関 (福島県)

 
 先日の「隅田川沿岸の産業史」がおもしろかったので、同じ龍澤潤先生の深川東京モダン館(東京江東区)「海辺橋の見た歴史」を聴きに門前仲町に行ってみた。地下鉄・門前仲町駅で降りたのは初めて、下町の深川が都心すぐそばを実感した。講義は仙台藩蔵屋敷のあった仙台堀川にかかる「海辺橋」を軸に、町の移り変わりについてだった。
 深川といえば木場としか浮かばなかったが、深川三十三間堂などがあった寺町で、狩野派の絵師がいたり、滝沢馬琴誕生の地、芭蕉庵清澄庭園など江戸の歴史が豊富だと知った。

 芭蕉庵は松尾芭蕉の弟子、海辺橋付近に別荘も持っていた魚問屋・杉山杉風が、生簀(いけす)番小屋を手直しして提供したものという。ところが江戸は火事が多く芭蕉も大火に遭い同じ深川で三度も住居が変わった。ところで、芭蕉と言えば俳諧紀行文「奥の細道」が思いおこされる。

 ―――心もとなき日かず重なるままに、白川の関にかかりて、旅心定まりぬ

 芭蕉と門人曽良が、古い歴史の名残をとどめる関跡にさしかかり、いよいよ東北だという気になった白河の関は奥羽三関の一つ。
 奈良時代、蝦夷対策のため勿来(なこそ)・念珠(ねず)関ととも奥羽の三代関門として設置されたが、平安後期以降は有名無実となり歌枕として知られる。能因法師の関歌は有名。

            都をば霞とともに立ちしかど 秋風ぞ吹く白河の関 

 白河関: 下野国と陸奥国の境、東山道口にある。
 勿来関:(菊多関) 太平洋側。常陸国・陸奧国の境、東海道口にある。
 念珠関:(鼠ヶ関) 日本海側。北陸道口、越後国と出羽国の境。
 このうち福島県の白河の関と勿来の関について、『東北歴史紀行』(高橋富雄1990岩波ジュニア新書)他を参考にみてみる。

        白河の関

 白河関跡は1500年の名残をとどめ、市街地より南方10km、白河神社関の森、福島県白河市旗宿(はたじゅく)にある。

 ―――白河藩主・松平定信が関跡を推定し「古跡蹟」の碑をたてた。土塁・空壕(からほり)跡が残っており、発掘によって、柵列跡・住居跡も知られ、出土土器は、平安時代にさかのぼる国史跡。

 白河楽翁・松平定信の白河藩は十万石、奥州南の関門として重きをなしていた。その後、1823文政6年阿部正権が入封したが棚倉に左遷転封となり城をでた。それから間もなく戊辰戦争がはじまる。

            勿来の関

 山道の白河の関と成立が同じ5世紀前半ごろできたのが、海道の勿来の関(菊多の関)で関守はどちらも30人くらいいたらしい。こちらは源義家の歌と故事が有名。

    吹く風を勿来の関とおもへども 道もせに散る山桜かな

 ほかに琵琶歌に採り入れられたり、田山花袋の紀行文など文学的な作品は多い。しかし、この関は閉鎖され通行できなくる。常陸国と陸奥国の間の非常連絡が久慈川をさかのぼる白河経由の規程に改まったからである。福島県いわき市勿来町、浜通り最南端の九面丘陵にあったという勿来の関跡、今はいかめしい関の面影は見られないという。 

        戊辰戦争激戦の地、白河口 

戊辰戦争当時、城主阿部家が転封となった白河城は留守城で城主がいなかった。白河城は奥羽同盟の一拠点となり、もっとも激戦の地となったの地となったのである。

 1868慶応4年4月江戸開城となったが奥羽では、西軍参謀・世良修蔵が白河城に留まっていた。これを仙台三春泉の兵が守っていたが、会津兵並びに仁義隊・藤代飛騨、渡邊綱之助以下130人が城を襲い、火を士民の家屋に放火した。これに、薩摩・長州・大垣兵が対戦し多くの死傷者がでた。戊辰戦争は先ず白河ではじまった。

 ――― 白河は西は勢至堂の険を経て若松に通じ、東は棚倉を過ぎて平に達し、北は須賀川、郡山、二本松、福島を経て仙台、米沢に通じ、南は宇都宮方面より進入する主要なる道路にして、奥羽南面の咽喉を扼する形勢を占め会津第一の関門なり
 であったから、白河は東軍にとっても西軍にとっても要衝の地であった。
 そのうち東軍は白河城を失い、これを取りもどすため繰り返し各方面から襲撃するも、各隊との連絡が不十分で撃破され、目的を果たせなかった。
 この白河口の戦いは、攻撃も防御も非常に激しく、4月から7月まで二本松落城の日まで3ヶ月にわたり戦い続けられた。この戦で戦死した人々の碑が近傍の市町村に建てられている。

 「仙台藩戦死碑」「福島藩戦死碑」「会津戊辰戦死十二士之墓」、西軍115名の墓には大碑「捐躬報国」 がある(『明治戊辰七十年を記念して』1938福島県女子師範学校)

 余談:
   西軍参謀・世良修蔵は長州藩士。幼児より学問を好み安井息軒について学んだ。長州奇兵隊の書記から、高杉晋作らの挙兵にあたり同志とともに第二奇兵隊をつくりその軍監となった。西軍参謀として、会津藩赦免の嘆願をはねつける強硬な態度をとったため、仙台藩士によって暗殺された。明治に従四位を贈られる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »