« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月25日 (土)

人物評の名手、鳥谷部春汀 (陸奥国三戸郡・青森県)

  日本の本島を縦に両分する山脈あり。その頭は、陸奧にありて陸奧を東西にわかち、やや下りて羽前羽後(山形・秋田県)と陸中陸前(岩手・宮城県)とをわかち、その腹にいたりて、北陸道と東海道とをわかち、その尾は、山陰道と山陽道とをわかつ。この長き山脈の頭部に、一大山湖あり。十和田湖と称す。凡そ三里四方、我が国の山湖にては、最も偉大なるもの也。この偉大なる山湖を夾んで、二文豪生まれたり。東なるを鳥谷部春汀(とやべしゅんてい)となし、西なるを内藤湖南(ないとうこなん)となす。
 春汀は五戸(ごのへ)の産にして湖南は毛馬内(けまない)の産也。五戸は、国は陸奧に属し、県は青森に属す。毛馬内は、国は陸中に属し、県は秋田に属す。されど、いづれも、もとの南部藩のうち也。南部氏は、甲斐源氏の一族なるが、甲斐の南部郷を領せしより、南部を氏とせり。源頼朝、奥羽を平定するに及び、南部氏は、封ぜられて、陸奧全体と陸中の一半とを領せり。
 奥羽は、古来、敗北の歴史のみを有する地也。古くは日本武尊に征服せられ、終に源頼朝にいたりて、全く制服しつくされたり。爾来、戦国の際にも伸ぶる能わず。下りて、維新の際にも、敗北の歴史をとどめたり。然るに、近年にいたりては、政治方面には、原(敬)、後藤(新平)、斉藤(実)、平田(東助)の四大臣を出せり。文学の方面には、陸羯南、国分青崖、落合直文、内藤湖南、小杉天外、後藤宙外、土井晩翠を出せり。春汀も其一人也 (『行雲流水』〔鳥谷部春汀を弔ふ〕 大町桂月)。

        ○ ( )は筆者、四大臣が姓だけなのは当時の常識だからなのか。

 長い引用、大町桂月は、けれんみのない文章でしかも短いのに「陸奧の歴史から位置まで表現しててすごい」と思って。ちなみに、内藤湖南は、明治~昭和期の東洋学者。
 ところで筆者は、大町桂月にはあまりいい印象をもっていない。「君死にたもう事なかれ」と詠った与謝野晶子を非国民と非難したから。もっとも、桂月は東洋的男性的で、おばさんが何を言おうと眼中にないだろう。
 その大町桂月が、その死を惜しみ弔った鳥谷部春汀(とやべしゅんてい)は明治時代のジャーナリストである。
 写真は『春汀全集:明治人物月旦-政治家』(1909博文館)目次の一部。クリックすると文字が読める。
Photo

        鳥谷部春汀   

 1865慶応元年3月3日、 陸奥国三戸郡五戸村(青森県)で生まれる。名は銑太郎。代々の南部藩士・木村忠治の家に生まれ、鳥谷部家に入る。
 1876明治9年、明治天皇奥羽巡幸のさい有栖川宮が五戸小学校に臨席、優等生の銑太郎は歴史の一節を講じた。12歳で卒業し小学校助教となり、15歳で選抜され青森県専門学校農芸科に入る。18歳の時、上京して同藩の先輩、東太郎を頼るも東は清国にいって留守、自分も清国行きを望むが叶わなかった。そのまま東京で慶應義塾生の野田正太郎らと同宿、辛酸をなめ苦学力行していたが脚気になってしまった。泣く泣く帰郷して療養し、脚気が癒えると、五戸小学校で3年間教鞭をとった。

 1889明治22年、24歳で再び上京、早稲田専門学校(早稲田大学)に入る。
 1891明治24年卒業。帰郷し、時々地方の政治運動に加わる。夏、*島田三郎が東北遊説で隣県の岩手県に来、島田に春汀を推薦する者があったが、その時は会いに行けなかった。

   *島田三郎: 江戸生まれ、ジャーナリスト・政治家。昌平黌で漢学を修め沼津兵学校大学南校、英語学校卒業後、『横浜毎日新聞』創刊。主筆として民権論を鼓吹し官界に転じるも、1881明治14年の政変大隈重信らと下野、立憲改進党の結成に参画し、自由民権運動を指導。

 1892明治25年、上京した春汀は、島田を訪ね毎日新聞入社、編集に従事する。当時、島田は選挙大干渉事件など政界騒然の折から東奔西走、社説を書く暇がなくて、春汀にその意、思うところを告げて筆をとらせた。
 1893明治26年、旧南部藩藩医・松尾玄晁の娘、こと子と結婚。 
 1894明治27年夏、毎日新聞退社。
 1895明治28年、*近衛篤麿の機関雑誌『精神』を任され、誌上初めて人物月旦(人物評)を試みた。「精神」はのち『明治評論』と改題される。

   *近衛篤麿: 明治時代の政治家、公爵、貴族院議員。オーストリア・ドイツに留学。藩閥勢力に批判的で、大津事件や選挙大干渉事件では第一次松方内閣を批判した。

 1897明治30年、博文館に招かれて雑誌『太陽』に人物評を執筆。調査の行き届いた材料を基本に、情理を兼ね備えた論法を平易に著した人物評は好評を博した。

 ――― 春汀の人物月旦は、必ずしも人物を主とせず、人物を捉えて、時勢を論ずる也。愛憎の念なく、観察周到にして、判断公平なり・・・・・・その胸中、ただ治国平天下の念あるのみ也。しかも権勢の上に超脱し、毫も私情を加えず(桂月)。

 1899明治32年11月、招かれて、報知新聞主筆。
 1902明治35年8月、再び博文館に入り、以来『太陽』を主宰する。この間、青森県在京学生の寄宿寮・修養社を起こすにあたり力を尽くした。
 1908明治41年夏、大町桂月らと十和田湖を訪れる。桂月の紀行文「十和田湖」あり。
 同年11月、悪性の赤痢にかかる。12月22日死去。墓は東京本郷駒込の吉祥寺。
   著書: 『通俗政治汎論』 『明治人物評論』 『春汀文集』など多数。

 ―――十和田湖に同行して半年たたぬうちに、春汀早く世を去らむとは。思へば、春汀の尺八を聴きたるは、聴き納めにして、春汀の帰省したるは、故郷の見納めなりき。齢わずかに四十四、言論、政治界に重きを為し、前途有望なる身を以て、忽然として白玉楼中の人となれり。惜しいかな(桂月)。

  参考: 『東奥人名録・改元記念』安西銍次郎・成田彦一編1913青森交詢社/ 『コンサイス日本人名辞典』三省堂 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月18日 (土)

陸奧のいろいろ、大名・藩校・御用商人・産物

 記事を書くのに、すぐ思いつくこともあれば辞典などで探すこともある。明治大正期の人名事典は人物の宝庫、東北・陸奧とかに限ってあれば選び放題、誰にしようか迷うのも楽しい。今回、『東奥人名録:改元記念』から福島・宮城・岩手三県の人物をと思ったのに、青森交詢社発行の青森人名録だった。
   東奥=青森とわからなかった。陸奥の東、ということは青森県から福島県まで全部陸奧!広い。歴史地図をみながら、なぜか「白河以北一山百文」という言葉が思い出された。
 図も表も、角川・第二版『日本辞典』(高柳光寿・竹内理三編1981)の付録を参考にした。

PhotoPhoto_4











 

 左図は室町末期の応仁の乱1467のころで、右図は明治元年、陸奧を磐城・岩代・陸前・陸中・陸奧に分けたもの。

       <陸奧の近世大名

    藩名(郡名)石高はその初めでのち変遷あり。

 七戸藩(北郡)―― 盛岡藩支封、南部英信6千石
 斗南(北) ―― 明治元年、松平容大会津より入封3万石
 八戸(三戸)―― 盛岡藩支封、南部直房2万石
 黒石(津軽) ―― 弘前藩支封、津軽信英5千石
 弘前(津軽) ―― 別称・津軽藩、津軽為信4万5千石
 一関(磐井) ―― 仙台藩支封、伊達宗勝3万石
 盛岡(岩手) ―― 別称・南部藩、南部利直10万石のち20万石
 岩沼(名取) ―― 仙台藩支封、田村宗良3万石
 仙台(宮城)―― 伊達政宗玉造郡岩出山に居城 58万5千石のち62万5千石
 白河(白河) ―― 丹羽長重 棚倉より入封10万石
 棚倉(白川) ―― 立花宗重 筑後柳河より入封1万石
 浅川(石川) ―― 白川藩支封、本多忠似1万石
 泉 (菊多)―― 内藤忠興 上総佐貫より入封2万石
 菊多(菊多) ―― 土方雄重 加賀野々市より入封2万石
 湯長谷(磐前) ―― 磐城平藩内藤家支封、磐城平藩内藤頼長より分封1万石
 磐城平(磐城) ―― 岩城貞隆12万石
 中村(宇多) ―― 別称・相馬藩、相馬義胤6万石
 三春(田村) ―― 加藤明利2万石
 守山(田村) ―― 水戸藩支封、松平頼貞 常陸額田より入封2万石
 会津(会津) ―― 上杉景勝120万石、明治元年斗南3万石に移封
 岩瀬(岩瀬) ―― 本多正利 明石より入封1万石
 二本松(安達)―― 松下重剛 下野烏山より入封5万石
 下村(信夫) ―― 田沼意明 遠江国内より入封1万石
 福島(信夫) ―― 本多忠国大和郡山より入封15万石
 桑折(伊達) ―― 松平忠尚 白河郡内より入封2万石
 下手渡(しもてど、伊達)―― 筑後梁川藩支封、立花種善 筑後三池より入封1万石
 梁川(伊達) ―― 名古屋藩支封、松平義昌3万石

 一覧をざっと見ただけでも藩の大小、成り立ちなど様々である。本藩から遠い支藩もあれば関西・九州などからの藩主も少なくない。奥羽越列藩同盟がなし崩しになった遠因かも知れないと思う。次は、陸奧の御用達商人一覧、「掛屋」は諸藩の公金出納を担当した商人。

     <諸藩蔵屋敷出入りの御用商人>  延享年間1744~1748年

  藩(領主)     蔵元       掛屋       蔵屋敷御用達

 弘前(津軽)   山崎屋新四郎  山崎屋      山崎屋
 盛岡(南部)   近江屋久兵衛 
                  鴻池屋伊助                         鴻池八右衛門
 磐城平(安藤)                                     升屋吉右衛門
 棚倉(松平)   海辺屋甚左衛門   天王寺屋喜右衛門 河内吉右衛門
 仙台(伊達)  升屋吉右衛門

      <藩営専売業
             その時々で中止されたものもある

 弘前: 漆・米   
 八戸: 鉄・漆・塩   
 盛岡: 柴根(紫草の根を干したもの染料薬用)・塩・三陸沿岸海産物・領内全産物・鉄
 仙台: 塩・米・漆・鉄・水産物・煙草・紅花・海産物など
 中村: 塩
 会津: 漆・米・塩・人参・藍

      <藩 校

作人館(明義堂): 盛岡藩
日新館 :会津藩 
敬学館: 二本松藩、 文武学校:二本松藩江戸邸
養賢堂: 仙台藩、  順道館:仙台藩江戸邸
養老館: 守山藩
講堂(明徳堂): 三春藩
稽古館: 弘前藩
学校:八戸藩
講学所: 福島藩
致道館: 湯長谷藩
敬学教授所: 黒石藩
汲深館: 泉藩
修道館: 下手渡藩

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月11日 (土)

札幌遠友夜学校 (新渡戸稲造) と 有島武郎 (北海道)

 春四月は入学式の季節だけど、中学校の卒業生を心配する先生がいる。高校全入の時代というが経済的に入学が困難な生徒がいるのだ。十代後半の一番良い時に高校へ通えないなんて辛すぎる。公立高校が無理で私立に入学したくても授業料が高くて行けない。優等生でないと奨学金は得られないのだろうか。
 今、貧富の格差が拡大していると言われるが、こういう話を聞くと本当のようで考えさせられる。そんな折しも、<“札幌遠友夜学校のビラ”(2015.4.6毎日新聞夕刊、牧太郎のコラム・大きな声では言えないが・・・)>を読み、今もあるといいのにと思った。

 授業料無料、明治期に男女共学、昭和の戦時中に閉校するまで約5000人も学んだ夜学校があったという。生徒募集のビラに書かれた言葉がすばらしい。
  ――― 世界で一つの学校。これ程どんな人でも、入れる学校はありません。働きながら勉強できます。幾ら年をとっていても差支へありません。男でも女でも構いません。いつでも入れます。月謝は要りません。学用品はあげます。先生は、諸君の友達です。

 貧しさから教育を受けられない若者たちのために新渡戸稲造は、札幌市豊平橋付近に札幌遠友夜学校を開設した。
 新渡戸稲造は、1862文久2年盛岡藩(岩手県)勘定奉行の家に生まれた。札幌農学校(現北海道大学農学部)に入学し、在学中キリスト教に入信。卒業後、アメリカ・ドイツに留学。農業、経済を学んで帰国、1891明治24年教授として母校に戻った。そのとき、「友あり遠方より来たる、また楽しからずや」から名付けた札幌遠友夜学校を開設。
 その後、台湾総督府技師・京大教授・一高校長・東大教授・東京女子大初代学長。国際連盟事務局次長・太平洋調査会問題調査会理事長などを歴任。日本文化の伝統と世界的視野をあわせた明治自由人であり、国際人であった。

 『有島武郎全集』第1巻のはじめは♪遠友夜学校校歌。有島武郎は札幌農学校に進学、はじめ新渡戸稲造の家に寄寓した。在学中、遠友夜学校で貧しい子女の教育に携わり、遠友夜学校の代表者としても活動、学内外に清新の気を吹き入れた。略伝後述。

     札幌遠友夜学校校歌
     一
澤なすこの世の楽しみの 楽しき極みは何なるぞ
北斗を支ふる富を得て 黄金を数えん其時か
オー 否 否 否  楽しき極みはなほあらん。
     二
剣はきためき弾はとび かばねは山なし血は流る
戦のちまたのいさほしを 我身にあつめし其時か
オー 否 否 否  楽しき極みはなほあらん。
     三
黄金をちりばめ玉をしく 高どのうてなまばゆきに
のぼりて貴き位やま 世にうらやまれん其時か
オー 否 否 否  楽しき極みはなほあらん。
                     (4.5.6.7略)
     八    
そしらばそしれつづれせし 衣をきるともゆがみせし
家にすむとも心根の 天にも地にも恥ぢざれば
ア- 是れ 是れ 是れ 是れこそ楽しき極みなれ。
     九
衣もやがて破るべし ゑひぬる程もつかの間よ
朽ちせでやまじ家倉も 唯我心かはらめや
ア- 是れ 是れ 是れ 是れこそ楽しき極みなれ。

        遠友夜学校のあゆみ
              (参照 http://www.city.sapporo.jp/kyoiku/youth/enyuyagakko/ )

 新渡戸稲造(岩手県)夫人、萬里子(メリー・P・エルキントン)のアメリカの実家から届いた1000ドルの遺産を用いて稲造の夢である夜間学校を開設。
 1894明治27年、札幌遠友夜学校を開設、北大生が先生となって教える
 1904明治37年、(写真:遠友夜学校第6回卒業記念、教師と生徒たち)

Photo_2
 1909明治42年、 有島武郎代表就任~1914大正3年まで
 1916大正5年、 北海道庁より私立学校認可
 1929昭和4年、 新校舎完成
 1933昭和8年、 新渡戸稲造校長、カナダで開かれた太平洋会議に出席の帰途病没。
 1934昭和9年、 新渡戸萬里子(メリー)校長就任~1938昭和13年まで
 1943昭和18年6月、 創立50周年記念式典挙行
 1944昭和19年3月 閉校。「軍事教練をしない学校は必要ない」という時の政府の「教育の統一的推進」政策が、この学校を閉校に追い詰めたとの話もある。

       有島武郎

 1878明治11年3月、東京小石川水道町で生れる。学習院を経て1901明治34年札幌農学校卒業後、渡米してハーバード、フォード両大学に留学3年、ヨーロッパを回って帰国。
 1908明治41年から1914大正3年まで札幌農科大学予科教授、その後、京都同志社大学講師を担任。作家として文壇に名を博したのは37、8歳頃からで早くない。純情の紳士で、思想家としても非常に先覚的なところがあったが、夫人と死別後、婦人公論記者・波多野夫人あき子と恋におち、1923大正12年軽井沢の別荘で情死を遂げた(『近世自殺者列伝』1931宮武外骨)。

 母校の教職にある間、ホイットマン、ツルゲーネフ、トルストイなどに傾倒、社会主義に関心を持つ。 「白樺」創刊に加わり、リアリズムの作風により文壇的地位を確立した。
 社会主義者たちと交流、労働者階級の発展にブルジョア出身の知識人は寄与しえないとし、父の創設した北海道狩太の有島農場を小作人に開放した。しかし、こうした真摯な努力にもかかわらず、自らの思想を積極的なものに転化できず、最後は情死する。代表作は『カインの末裔』『或る女』ほか『有島武郎全集』14巻(『現代日本文学大事典』1966明治書院)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 4日 (土)

渦中に飛びこむ明治の壮士 氏家直国 (宮城県)

 アメリカ東インド艦隊司令長官ペリーが軍艦4隻を率いて浦賀に来航した翌、1854安政元年3月、日米和親条約が締結され下田・箱館2港が開港、これより次々と欧米各国と条約が結ばれる。長く続いた鎖国日本がこじ開けられた年、奥州仙台藩大番士・氏家直幸家に三男、直国が生まれた。
Photo
 氏家直国は三兄弟の末弟ながら胆力があり腕力も強かった。9歳で早くも剣客・桜田敬介の門に入り、撃剣を学びなかなかの腕前に成長した。

 当時の仙台藩のできごとをみると、藩校・養賢堂で洋式大砲鋳造、幕府より蝦夷地警備を命ぜられる、アメリカ船が石巻に入港、寒風沢造船所(塩釜市)で洋式軍艦・開成丸進水、幕府が東蝦夷地の一部とクナシリ・エトロフを仙台藩の領地とするなどがあげられる。こうした波乱の時代に生まれた男子の行く末、面白そう。ちょっと見てみよう。

 1854安政元年9月、生れる。母は小野氏。
 1868明治元年、仙台藩を盟主とする奥羽越列藩同盟を結成し、新政府軍と戦うも降伏。62万石の仙台藩は28万石に減封された。
 1869明治2年、15歳。藩兵が編成され直国は砲術を修業。
 1871明治4年、廃藩置県により仙台県設置(翌5年、宮城県と改称される)。また、仙台に東北鎮台が設置された(軍団、軍政機関、東京ほか6鎮台を設置)。
 1874明治7年、父の直幸が死去。直国は文武ともに大切と考え藩校に入って学ぶ。これより以前から住居を志田郡古川の寒村に移し耕作していたが、交友すくなくやるかたない思いで過ごしていた。そこで、近隣の農夫を集めて古今東西の歴史、政治の得失、人物の忠奸など語り気を紛らわせた。

 1876明治9年、22歳。陸軍 *教導団生徒募集に応じ、上京。
   *教導団: 明治初期の陸軍の下士官養成機関。

 1877明治10年、大阪に差遣される。ときに西南戦争が起こり九州に赴くも、旅団に属してなく戦地で戦うことができなかった。当時、熊本城は西郷軍に取り囲まれ、両軍相対して砲丸轟き、剣閃くの情況だった。
 前線で戦いに加わりたい直国は、軍を脱走して山坂30里余りを一昼夜走りとおした。ところが、激戦地・人吉に到着したところで捕縛された。たまたま薩摩人の名を記したものを持っていたので、薩摩に通じているとの嫌疑で熊本の臨時裁判所で糾問されたのである。しかし、疑いは晴れ、直に放免された。
 西南戦争には会津人など戊辰戦争で敗れた側が政府軍に入り戦った者が多く、戊辰の仇とばかりに攻め強かった。
 1883明治16年、任期満ちて軍を出るまでの間、近衛伍長・軍曹に任ぜられた。
 軍をやめた後、自由党急進派の指導者大井憲太郎と交わり自由民権論を唱えた。

 1884明治17年10月、大井憲太郎の使いで *秩父困民党の蜂起鎮撫を試みるが失敗。かえって蜂起の人々を激励したとも伝えられる。
   *秩父困民党: 秩父事件。埼玉県秩父地方の養蚕・製糸農民らが自由党員らと借金党・困民党を結成。借金の年賦返済、地方税の減免を要求、約1万人が蜂起。軍隊に鎮圧、処断された秩父騒動。

 同年12月、朝鮮で *甲申事変が起きると郷里に帰り義勇軍を組織、1500人を集めたが、事がおさまり出番がなかった。
   *甲申事変: 朝鮮ソウルで金玉均・朴永孝らが起こしたクーデター事件。
 この事変後、大井憲太郎らが朝鮮での親日政権の樹立と日本国内の改革を企図したが、朝鮮渡航直前、大阪で逮捕された。国事犯大井・影山(福田英子)らは外患罪などで下獄、大阪事件である。

 1885明治18年10月、直国は、大阪事件の資金調達のため落合寅市らと奈良県信貴山の千手院を襲うも果たさず、重禁錮2年罰金30円の判決を受けたが、明治憲法発布のさい、大赦で放免された。裁判の法廷では、有司専制批判・責任内閣論や清国侵略論を展開した。

 徳島監獄出獄後は一時、力士・新世界泰平となるが、1890明治23年11月国会開設後は日本正義会を結成するなど壮士として活動した。
 1891明治24年、保安条例を適用される。反政府運動の取締りを目的として制定、皇居外3里の地に追放された。
 1900明治33年、*北清事変に際し中国に渡る。
   *北清事変: 中国義和団の反乱事件に対し、8カ国連合軍よる鎮圧戦争。日本公使館書記生が殺害される。北京包囲戦に日本は連合軍最大の軍隊を派遣。この時の会津人・柴五郎の活躍が知られる。
 1902明治35年7月7日、天津にて腸チフスで死去。49歳。

  氏家直国没後の刊行『断食絶食実権譚』河村北溟1902大学館/[氏家直国(新世界泰平)絶食にて東京仙台間を三昼夜にて往復]よると、
 直国は、食い溜めして昼夜兼行で休まず、間断なく歩き続けたという。更に、
 ―――直国は六尺豊かな大男で、新世界泰平と称したが、中途にして止してしまった。早くから相撲界に入っていたら、当時の常陸山のように成功したであろうに、惜しいかな政治界に未練を残して、ツマラヌ死にようをしてしまった。さもなければ死んでも社会にヤンヤといわれたろうに、実に惜しきことをしてしまった。

   参考: 『大阪事件志士列伝』宮崎夢柳1887小塚義太郎 / 『明治時代史大辞典』2012吉川弘文館 / 『コンサイス日本人名辞典』1993三省堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »